フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年 五黄土星の運勢 | メイン | 2010年 七赤金星の運勢 »

2009年9月23日 (水)

2010年 六白金星の運勢

 本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 2010年は一体、どんな運勢が待っているのか。音譜

 休日は自宅で充電するのも良いですが、吉方位に旅に出て、温泉に入ったり、美味しいものを食べたり、神社仏閣に詣でたりして、その場所の良い気を取り込む祐気(ゆうき)取りをする旅行がお薦めです。

 九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。クラッカー

6roppakukinsei  第6回目は六白金星の人の2010年の運勢です。!!

 正確には2010年の運勢とは、2010年2月4日から2011年2月3日までの運勢となります。グッド!

 六白金星の人は大正2年生まれ、大正11年生まれ、昭和6年生まれ、昭和15年生まれ、昭和24年生まれ、昭和33年生まれ、昭和42年生まれ、昭和51年生まれ、昭和60年生まれ、平成6年生まれ、平成15年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。

2010年 六白金星の運勢

【総合運】

Roppakukinsei2010nen ●これまで長かったツキのない4年間を終え、運気は上り坂に入りました。今年は良い年です。これから5年間、ツキが出てきますので、十分な準備をしてきた人ならば、信頼第一で着実に行動して実りが出てくる時です。良いアイデア、企画、計画がどんどん浮かび上がり、意欲的になります。今まで努力して積み上げ、準備した人にとってはチャンス到来です。

●しっかりと土台を築いてきた人にとっては行動して評価が高まる時です。隠し事をしたり、不正をしていた人にとっては過去の悪事がスキャンダルのように露見し、本人の社会的評価が地に落ちることもありますので、行動には十分に注意が必要です。良くも悪くも世間に実力が知れ渡る時です。

●うるさく騒ぎ回るばかりで、内容がなくて評価されない場合があります。何よりも中身を重視し、表面的な体裁や目立ちたがるような体質を改め、誠実さと重厚な行動力を優先すべき時です。

【仕事運】

●運勢レベルに恵まれるので、新規事業を計画したり、実行に移すには好機です。新規の事柄に興味を示すことが多いでしょう。本業以外の分野にもひかれるはずです。善し悪しは別にして、これまで分からなかったものがRoppakukinseiunseibaio 見えてきます。周囲から研究成果や行動が 認められる運勢です。このように物事が具体的に表面化してくる周期です。税務署の調査が入ったり、公的機関の検査が抜き打ちで行われる年回りなので、日頃の努力で評価が別れます。

●何事もプラス方向に考え、一途に努力する姿勢を重視しましょう。ベテラン社員ならば、新入社員のようなフレッシュな気持ちを抱いて朝の出社も一番乗りし、デスクの掃除や整理をしてみるのも良いでしょう。独善性に偏ったり夢想的にならない気構えがポイントです。継続している事柄に未来への見通しがつく年回りです。

【金銭運】

 これまで大なり小なり金銭的な損失がありましたが、これからは徐々に上昇する運気に乗れるでしょう。十分に準備、計画したことであれば、投資しても良いでしょう。大きな買い物も下準備がしっかりしていれば良い時期です。そのためには、今までしっかりとした資金があるかどうかが一番大切です。

【恋愛・結婚・異性運】

 順調に動き始める時です。これまで良縁になかなか恵まれなかった人にとっては、出会いの場に積極的に出て行ったり、合コン、お見合いなど婚活を積極的に行って着実に新たな縁に恵まれやすい時期です。ヘアスタイルやファッションを変えてイメチェンすることで異性運を呼び込めます。心機一転、これまでにフラれてしまった異性にもう一度アタックしてみるのも良いでしょう。今までになく、恋愛やお見合いを通した良縁のチャンスが得られます。本命以外の異性に手を出したり、二股をかけたりしていると、ふとした事でバレてしまって信用失墜しますので、ご用心。

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。あくまで一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相撲の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像神社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大


九星気学によるお水取り、祐気取りを通して英気を養いたい場合は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」の九星気学風水の欄をお読み下さい。

ここでは、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

 さらに、九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で追加して本ブログで紹介しています!!ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

Carender2010_4 ●今回、ご依頼日から1年間の「オリジナル開運カレンダー」をお一人様1500円で私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」上からご提供することになりました。ご依頼人の生年月日時を通じ、日々、気をつけるべきポイントを示して着実に開運に導く四柱推命による毎月毎日の開運カレンダーです。

 しかも、弘法大師空海が中国から持ち帰った27宿曜占星術を通じた開運カレンダーも加えられた本格的なものです。ページ数はA4版で150枚。年間の感情バイオリズムなども付いています。

Carender1_3  見本はトップページの右側「ご依頼日から1年間のオリジナル開運カレンダー」の部分で見本(プロゴルファー・石川遼選手)がPDF版で閲覧できます。これは書店で出回る開運暦ではなく、ご本人の生年月日時から見た四柱推命と宿曜占術によるオンリーワンのオリジナルの本格的な開運カレンダーです。ご興味ご関心のある方は「鑑定申し込み」欄からお申し込み下さい。

※恋愛結婚運や仕事運、家庭運、進学就職運、健康運など、ご本人の2010年の運勢をさらに詳細に知りたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。四柱推命西洋占星術九星気学27宿曜占術易占いなど 多角的な観点から詳細に占うことができます。アップ吉方位や引っ越し、旅行でのお水取り、祐気取りなど、方位に関することも詳細に鑑定アドバイスいたします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/21612589

2010年 六白金星の運勢を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。