フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年 九紫火星の運勢 | メイン | 夫婦別姓 どちらが吉名かで決める時代 »

2009年9月28日 (月)

還暦迎える中国 大転換期のチャイナパワーの命運と干支

 10月1日、中国は建国60周年を迎えます。クラッカー


 中国語で建国記念日を国慶節と呼び、人間と同じく60歳となったことは還暦であり、大きな祝いの日です。建国50年と60年では意味合いが違い、おそらく100周年が将来あるにしても、60周年の方が大切で重要。より盛大に祝うことになります。!!

200992812337536  日本では何気なく使っている干支(えと)、とくに十干(じっかん=甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)十二支(じゅうにし=子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)による60の干支(かんし)については、中国から伝来したものですが、占いの世界では暦を作ったり、使う上で必要不可欠。60年で人の運命が一回りするように国家も60年単位で大きく動くと考えられています。ですから、50年ではなく、60年という節目は非常に重要です。音譜

 四柱推命では年運(1年間の運勢)、大運(10年間の運勢、あるいは5年ごとに区切る流派もあります)、節木運(30年ごとの運勢)があり、やはり、60年というのは大変大きな節目であり、国家の命運や興亡盛衰を分けるターニングポイントです。ビックリマーク


 中国の建国記念日である1949年10月1日は己丑年甲戌月甲子日でした。毛沢東は1949年秋に中華人民共和国の建国をするよう準備していたわけですが、なぜ、10月1日を選んだのか。秋の中でも1日で甲子日は10月1日(この年の各月1日で甲子日は10月のみ)で、はやり、甲子は干支の最初。陰暦では8月10日。もちろん陽暦でも10月1日は覚えやすい記念日であり、建国記念の日としては陽暦で見ても、干支で見てもピッタリとした吉日だったからです。グッド!

 それほど、中国人は縁起を担ぎます。台湾でも中華民国の建国記念日である双十節(10月10日)を盛大に祝います。縁起の良い数字、干支というものをとても気にするのが中華民族といえるでしょう。!

200992812356399  日本では陽暦で生年月日を表記しますが、一昔前までは、中国では農暦(陰暦)でしか生年月日を知らない地方の農村の人々が圧倒的に多かったものです。韓国でも、陽暦と農歴の双方を知っている人が多くいました。私が15年前に百貨店で鑑定を始めた頃、いろんな韓国人や中国人の方々が鑑定に見えて生年月日を告げました。「農暦(陰暦)しかわからないが、大丈夫か」「農歴の生年月日を西暦に直すことはできるか」と最初に相談します。ニコニコ

 当然、万年暦を持っている私は農暦を陽暦に変えることはすぐにできることを告げ、相手は安心したものです。最近は、中国人も韓国人も生年月日は陽暦で伝えてきます。60歳以上になると、農暦と陽暦の両方をわざわざ教えてくれる人が多いですね。チョキ

 暦には十干と十二支を使った中国伝来の干支歴と西洋から伝わった天文歴(太陽・月・惑星・恒星などの位置のほか、日食・月食、日月の出没などの天文現象を記載した年間暦)の二つがあります。ひらめき電球

 この2つは、見た目こそ全く異なっていますが、暦の原理は共通です。この共通原理を習得することにより、一見すると、まったく異なる四柱推命の未来予知と占星学の未来予知の根底に隠れている共通部分が発見できます。アップ

※家庭運、恋愛結婚運、仕事運などについて本格的な占いの鑑定を受けたい方は、四柱推命、九星気学、紫微斗推命、手相、西洋占星術、姓名判断、27宿曜占星術など多角的に鑑定を受けられる私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。アップ

 それから、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/21773383

還暦迎える中国 大転換期のチャイナパワーの命運と干支を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。