フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 風水に彩られた平城京遷都1300年祭 | メイン | 東洋医学の神髄、黄帝内経 »

2010年1月 3日 (日)

生と死から2010年の日本の国運を展望する

 本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます音譜

 2010年に入り、一体、この日本という国は、どうなっていくのか、日本人ならば、だれもが知りたい内容です。そして、運命学を専門で扱う者にとって、常にこの点をよくよく理解しなければならないと自戒しています。

 国運を見る上で重要なことは、国自体が新しいものを産み出す人材と国力があるか、を見ることから始めていくのが良いでしょう。有史以来、いろんな国の興亡盛衰を見れば、国力があっても戦争で負けたり、国力が激しく衰退する問題が発生すると、大きく変化しますし、亡国になることもあります。いかに戦争のない平和な時代が続くかもポイントです。クラッカー

Jinkoudoutai  もちろん、国の指導者の運勢、状況は極めて重要です。現在ならば、政治上は、鳩山由紀夫首相の運勢が国運と直結するはずです。精神、文化の深い核心部分であれば、今上天皇と天皇家となります。

 鳩山首相の運勢や天皇家については別の機会でご説明する(すでに鳩山首相に関しては書いています)として、ここでは、まず、国のエネルギーの原動力である日本人の若さから見ていきたいと思います。!!

 国力を見る上での基礎データの一つは出生者数と死亡者数の推移。人口動態統計で見ます。

 2009年、日本国内で生まれた赤ちゃんは08年より2万2千人少ない106万9千人。戦後最低だった05年に次いで少ない水準です。面白いのは、戦後、第一次ベビーブーマー世代、第二次ベビーブーマー世代がいる中で、1966年(昭和41年)生まれの丙午(ひのえうま)年だけ、極端に出生率が低い(約130万人)こと。現在、その時期よりも出生率は下がり、「人は宝」「若者が国運を左右する」とするならば、明らかに日本の国運は「旺」から「衰」の方向に向かっています。

 一方、死亡者数は2千人増の114万4千人。戦後の調査開始(1947年)以来、最多です。

 戦後、日本は出生数が死亡数より圧倒的に多かった。

 人口動態統計が発表され始めた1947年当時、出生数は270万人、死亡者数は110万人ぐらい。1955年ぐらいまで出生率は160万人まで急下降しますが、その後、1972年ぐらいまで210万人まで上昇し、その後、下降線の一途です。

 逆に死者数は戦後、1960年ぐらいまで70万人ぐらいに下降しますが、その後、微増し、2000年前後に100万人を突破。

 そして、ついに2005年に出生数と死亡数が逆転しました。

Shanghaipark_2  ちなみに死因別では日本人の三大死因のトップである「がん」が前縁より約一千人増えて34万4千人(全体の3割)。次いで心筋梗塞など心疾患(約3千人減の17万9千人)、脳卒中など脳血管疾患(6千人減の12万1千人)。

 2009年は出生数から死亡数をひいた「自然増減数」はマイナス7万5千人でマイナス幅は前年の1.46倍にもなりました。合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する子供の推定数)は08年まで3年連続で微増していますが、厚生労働省によると、2009年は「1.37だった08年と同程度になるだろう」としています。

 出生率に直接影響する婚姻件数は2009年、前年より1万2千件減って71万4千組になる見通し。離婚件数は前年より2千件増えて25万3千組で7年ぶりに増加します。離婚は1990年を底に12年連続で増加。02年に戦後最多(28万9836組)を記録して、その後、6年連続で減少しましたが、2009年は微増の見通しです。離婚率(人口一千人当たり)は08年が1.99で10年ぶりに2.0を下回りましたが、09年は2.01になると予想されています。

 日本人の平均寿命は男79.29歳、女86.05歳。過去最高を更新し続けています。米国より5歳、中国より10歳、インドより20歳長いのです。10年後、65歳以上の人口は今の23%から29%に上がります。韓国やシンガポールも20%近くになり、今年5月に万博が開かれる中国・上海も3割が高齢者になります。

 つまり、日本に限らず、世界最大の経済圏に育ってきている東アジアは高齢社会圏になります。世界全体が国別で見ても、高齢化が進み、全体として衰運に入っていると言うことです。

 世界第二の経済大国だった日本は今年、中国に抜かれてGNP(国民総生産)では三位になると予想されています。ジャパン・アズ・ナンバー3。でも、長寿大国ニッポンは、小さいうちに治せるがんを探す検診技術は世界でも最先端です。これを生かしていけば、老いゆく日本に希望が見出せるのでしょうか。

 明治維新から120年となった1988年をピークに衰運期に入った日本。その起死回生策を政治、経済、文化のあらゆる観点から願うものです。

 そして、それぞれ、個人においても、2010年の運勢がどうなっていくか、知りたいものです。

 本ブログでは、大変好評になっております九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

Carender2010_9 ●今回、ご依頼日から1年間の「オリジナル開運カレンダー」をお一人様1500円で私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」上からご提供することになりました。ご依頼人の生年月日時を通じ、日々、気をつけるべきポイントを示して着実に開運に導く四柱推命による毎月毎日の開運カレンダーです。

 しかも、弘法大師空海が中国から持ち帰った27宿曜占星術を通じた開運カレンダーも加えられた本格的なものです。ページ数はA4版で150枚。年間の感情バイオリズムなども付いています。

 ※気学や家相、恋愛結婚運や仕事運、家庭運、進学就職運、健康運など、ご本人の2010年の運勢をさらに詳細に知りたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。四柱推命西洋占星術九星気学27宿曜占術易占いなど 多角的な観点から詳細に占うことができます。アップ吉方位や引っ越し、旅行でのお水取り、祐気取りなど、方位に関することも詳細に鑑定アドバイスいたします。アップ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/22808691

生と死から2010年の日本の国運を展望するを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。