フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年の元旦は満月 部分月食も見られた | メイン | 生と死から2010年の日本の国運を展望する »

2010年1月 2日 (土)

風水に彩られた平城京遷都1300年祭

 風水に少しでも関心のある人ならば、今年が平城京遷都1300年という節目の時を迎えたことに感慨を深めるでしょう音譜

Suzakumonheijoukyou  今から1300年前、和銅3年(710)に遷都された平城京は日本で初めての国際都市でした。平城京は、唐の都・長安(現在の西安)を手本にしました。長安という大都市自体、風水によって作られました。

 つまり、平城京は風水都市なのです!!

 当時の都市風水は「四神相応(しじんそうおう)」が基本です。今も、その考え方が息づいています。

 四神相応とは、背後に山、前方に海、湖沼、河川の水(すい)が配置されている背山臨水の地を左右から砂(さ)と呼ばれる丘陵や背後の山より低い山で囲むことで蔵風聚水(風を蓄え水を集める)の形態となっているものをいいます。

 この場合の四神は、背後の山が玄武(げんぶ)、前方の水が朱雀(すじゃく)、玄武を背にして左側の砂が青龍(せいりゅう)、右側が白虎(びゃっこ)と表現します。

Saigennzu  平城京はその建都にあたっての詔勅に「方今、平城之地、四禽叶図、三山作鎮、亀筮並従(方に今、平城の地、四禽図に叶ひ、三山鎮を作し、亀筮並に従ふ)」とあります。この「四禽図に叶ひ」とは四神相応のことで奈良時代には平城京が四神相応の地であることが確認できる内容です。

 平城京が遷都された当時、天皇をはじめ為政者たちは遣唐使を派遣して当時最先端の唐文化を積極的に輸入。長安は、当時の国際的な文化のセンターでもあり、シルクロードを通じて伝わった西域やペルシャの文明は、長安経由で日本にもたらされました。

Heijoukyouato  平城京はまさに、東回りの文明の終着点。数々の御物が、唐、新羅、さらに西域やペルシャ文化の息吹を今に伝える正倉院は、まさにその象徴。そして「仏教東漸」の終着地として、東大寺の大仏建立に象徴される仏教文化の花が咲きました。

 「はじまりの奈良、めぐる感動」をテーマに平城遷都1300年祭ではメーン会場となるかつて大極殿などがあった平城宮跡で朱雀門が復元され、今年4月には大極殿も復元完成します。

 太極殿は平城京の北の一画にあり、まさに平城京の中心。しかし、784年に都が長岡京に遷った後、平城宮は放置され、大部分が田畑となり、すっかり忘れられた存在になっていました。

Raitoappu  明治時代に入り、奈良県の技師として古社寺修理に携わっていた関野貞(1868~1935)が田んぼの中に大極殿の跡を発見。都跡村(現佐紀町)の住人が「大黒(タイコク)の芝」と呼んでいた場所でした。さすが、都市の北側にある玄武の場所を大黒と表現したものです。

 平城京の宮殿が保存されるまでには先覚者、地元有志の熱心で忍耐強い保存運動がありました。平城遷都1300年祭の総事業費は100億円。来場者は全体で年間1200万~1300万人。メーン会場の平城宮跡は200万~250万人を見込んでいます。

 あなたも、日本の「はじまり」に思いを馳せ、日本の風水都市を体感するために、今年は吉方取り(お水取り)に奈良を訪ねてみてはいかがでしょうかニコニコ

 本ブログでは、大変好評になっております九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

Carender2010_9 ●今回、ご依頼日から1年間の「オリジナル開運カレンダー」をお一人様1500円で私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」上からご提供することになりました。ご依頼人の生年月日時を通じ、日々、気をつけるべきポイントを示して着実に開運に導く四柱推命による毎月毎日の開運カレンダーです。

 しかも、弘法大師空海が中国から持ち帰った27宿曜占星術を通じた開運カレンダーも加えられた本格的なものです。ページ数はA4版で150枚。年間の感情バイオリズムなども付いています。

 ※気学や家相、恋愛結婚運や仕事運、家庭運、進学就職運、健康運など、ご本人の2010年の運勢をさらに詳細に知りたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。四柱推命西洋占星術九星気学27宿曜占術易占いなど 多角的な観点から詳細に占うことができます。アップ吉方位や引っ越し、旅行でのお水取り、祐気取りなど、方位に関することも詳細に鑑定アドバイスいたします。クラッカー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/22800097

風水に彩られた平城京遷都1300年祭を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。