フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 東洋医学の神髄、黄帝内経 | メイン | そごう広島店での新春開運鑑定会スタート »

2010年1月 6日 (水)

中国女性が望む価値観「十得」はムーラン

 本ブログの閲覧ありがとうございます。音譜

 いつも、占いに関する堅い話ばかりが多いので、今回はちょっと閑話休題。

 中国や香港、台湾を随分長いこと放浪していた者にとって、最近の中国女性のたくましさはさらにパワフルになりました。共産主義国家、中国が産み出した家庭事情として、一人っ子があり、とくに1980年代生まれ(中国語で「八十代後」)、1990年代生まれ(「九十代後」)と世代間の価値観が変わり、独自の個人主義が広がるようになりました。グッド!

Xidenuren  とくに家庭の中での夫の地位というものは、惨憺(さんたん)たるもの。

 たしか、上海あたりの大きな彫刻に夫が一生懸命下支えし、その上の妻が乗り、その上に子供が乗っているものがありました。

 まさに、夫というものは、賢明に家のために馬車馬のように働き、稼いで家族のために養うお金を注ぎ込む存在です。そして、共働きが当たり前。ケースによっては、夫よりも妻の方が収入が多い場合も多いし、財布は夫婦別々だったりします。

 ある意味で日本よりも女性がかなり強いといえるでしょう。

 中国では古来、女性の美徳として宋や明の時代以降、「三従四徳」というものがありました。ニコニコ

 四徳といえば、男性が嫁を選ぶ基準となったものです。三従とは、未婚女性は父親に従い、嫁に出れば夫に従い、夫が死ねば子に従うことを言います。四徳とは、婦人の高貴なモラル(徳)、婦人の気品ある発言(言辞)、婦人の容姿端麗さ(容貌)、婦人の家事技能技術(功)の四つです。

 しかし、最近のキャリアウーマンばりばりの中国女性は旧来の美徳などなんのその。目

 中国国内のネット掲示板やブログを見てみると、最近は「三従四徳」に代わって「十得」なるものが登場。その内容を見ると、現代中国家庭事情がよく分かり、笑っちゃいます。

 「十得」とは、次のようになります。

リビングにのけぞる(化粧したり容貌を整えるのに便利)

厨房から出る(夫と妻はそれぞれ対等に料理する)

代表番号を書き記す(パソコンの知識を得て使いこなす)

異常を探し出す(パソコン使用に熟達してトラブルをすぐに発見して治す)

トロイの木馬を抹殺(ネット上のウイルスを常に駆除)

囲いの壁をぶちこわす(中国当局のネット封鎖を勇敢に突破する)

高級車を乗りこなす(セレブになって高級車を購入して豪華な生活をする)

新しい不動産物件を購入する(古い住宅生活に埋もれるな)

妾とのバトル厭わず(夫が金持ちになると、必ず浮気して妾を作るので、妾から夫を奪い返す)

流浪民をたたき出せ(街で歩いている時にチンピラに絡まれたらカンフーを使って自衛で撃退)

Muranposter  いかがですか。

 これがたくましい中国の現代女性の姿です。最近は映画の影響もあり、中国人気女優の趙薇(ヴィッキー・チャオ)が演じる「花木蘭(ムーラン)」が女性の理想像になってしまいました。年老いた父の代わりに女性でありながら戦争に出兵する女性像です。

 ちなみに香港人の女性もかなり、たくましい。旧英国領だったこともあり、男女の雇用機会均等は随分前からありましたし、高級公務員で女性の進出率はアジアナンバー1でしょう。

 マンションのエレベーターで一緒になった初対面の香港人女性でも、私に対して「月給はいくら」があいさつです。生活観というものが、非常にはっきりしていて、香港人の男性は香港女性の強さに癖壁して中国本土の女性と結婚したり、妾をつくったりが日常茶飯です。叫び

 それほど、社会が激変し、不景気になれば、女性の方がたくましい時代です。中国で「占いの帝王」と呼ばれる四柱推命ですが、南宋の時代に確立されただけあって、徹底した男尊女卑の考え方で貫かれています。夫にとって妻は財であり、尊い家財。夫は妻を剋し、子供は夫を剋します。欧米の女性ならば、絶対に受け入れられない理論です。だから、欧米では絶対に四柱推命は流行することはありません。

 そして、現代中国も、1949年の新中国建国以降、とくに1979年に改革開放路線が始まって以来、欧米とかなり似たような状況に激変しました。現代中国では、旧来の伝統的な四柱推命理論が本当に合うのかどうか。

いや、決して合うような時代ではありません。さらに進化した四柱推命理論が必要な時代になってきました。今後も、女性がさらにパワーアップし、「女性の時代」が当分続くように思えてなりませんし、それに見合った中国の占術が必要な時代になりました。合格

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/22833459

中国女性が望む価値観「十得」はムーランを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。