フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 札幌雪祭りへ晴れ時々吹雪き | メイン | 高知大丸での開運鑑定会スタート »

2010年1月28日 (木)

札幌のカニ料理専門店は香港人ばかり

 占いのことばかり書いていることが多いので、今回も、ちょっとした札幌の観察日記を書きましょう。音譜

Kanisapporo   北海道の不景気も、かなり大変らしい。久しぶりに札幌を訪れて、すすきの近辺を回ってみると、できたばかりのテナントビルに入っている店はポツリポツリ。

 三井不動産が2012年にオープンを計画していた大型複合ビル「札幌三井ビル」の立て替え開業も不況でテナント需要が見込めず、1年以上ずれ込むそうです。叫び

 タクシーの運転手さんと話しても「北海道はどこも不景気だべ。去年春ぐらいからリーマンショックでお客さんが少ない」と元気がない。大卒予定者の就職率も7割を切って過去最低ラインらしい。ダウン

 そんな札幌でも、町を歩けば、中国人、香港人、台湾人の姿が多くて、改めて驚きました。来月開幕するバンクーバー五輪ですが、あのカナダのバンクーバーも香港人の移民が多く、「ホンクーバー」呼ばれるほど。東京都の半分ぐらいの面積に700万人が住む亜熱帯の香港とは違い、雪と大自然に囲まれた異質の生活が魅力なのでしょうか。北海道も香港人にとっては一番人気の観光ツアーです。合格

 町のあちこちの飲食店街を見て回ると、「銀聯VISAカード OK」という看板が目立っています。つまり、中国人が使う専用のカードが使えることをPRして、中国人でも気軽にカード払いできることを売り込む店が相当増えているということです。


Kanihokkaidouryouri_2  札幌すすきのの人気カニ料理専門店に行ってみましたが、禁煙席のスペースに通され、見回すと、周りはみんな香港人ツアー客。広東語ばかりで話していて、一瞬、香港の日本料理屋に来たような“懐かしい錯覚”に陥りました。グッド!

 彼らはツアーの一環で来ているのではなく、オプションのようです。とくに20代の若い香港人男女に人気。カニ鍋料理をつつきながら、「旭山動物園は良かった」「明日泊まる温泉も楽しみ」などと話しています。

111hokkairamen  配膳係の着物姿の若い女性を見ると、どう見ても台湾人。「台湾のどこから来たの?」と尋ねると「高雄です。留学生でアルバイトしています」とニッコリ。日本人のベテラン配膳係に聞くと、「過去7、8年、ここは8割ぐらいが香港人、中国人、台湾人のお客さん。中国人や台湾人のアルバイトは中国語でお客さんと問題なく話せるので、とても助かっていますよ」とのこと。ニコニコ


 とくに香港人は一番のお得意様。北海道ツアーは香港からでは最低8000香港ドル(1香港ドル=13円)以上はします。日頃はケチな香港人も、稼いだお金を海外旅行に気前よくつぎ込むことが多く、北海道の飲食には目がありません。おそらく1人あたり、北海道旅行に15~20万円ぐらいはつぎ込むのではないでしょうか。香港のテレビや新聞、雑誌には日本の旅行が毎回紹介されていて、雪のある温泉、美味しい日本食、雄大な自然を売り込む北海道は香港人にとって一番人気。日本に旅行に行く香港人は年間約60万人で、その中でトップです。目

Chitosekukou_2  香港に本社を置くキャセイパシフィック航空は、札幌雪祭りをターゲットにした冬季限定の香港~札幌便を増便したり、今年の7、8月の夏期休暇シーズンに毎日1便に増便するほどの人気です。

 香港には、札幌ラーメンの店が増えていますし、香港にいる日本人(約2万人住んでいると言われています)だけでなく、香港人にも人気。日本人がやっている回転寿司屋は行列が常にできています。ただ、香港人は味にはうるさいし、香港流の味付けを好みます。香港の日本食レストランの味付が日本の本場と違う違和感は、香港人の味覚に合わせる配慮からなのです。!!

Hongkongyan  北海道を訪れた香港人が北海道の旅館やレストランで食べた日本食についてアンケートでいろいろ書く。

 それを元に北海道から香港に進出した日本食レストランの経営者がアンケートを元に香港人用の味付けを一工夫して香港で評判の日本食レストランを展開する。これが、日本と香港の美食交流を通した経営手法なのです。

 不景気だからこそ、こういう試行錯誤から生まれた努力と工夫が光る時代になりました。クラッカー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/23110239

札幌のカニ料理専門店は香港人ばかりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。