フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月24日 (水)

井筒屋黒崎店の横浜中華街展で開運鑑定会スタート

きょうからいよいよ、北九州市八幡西区黒崎にある井筒屋黒崎店6階催し物会場で深川宝琉による横浜中華街展での開運鑑定会がスタートします。音譜

Kurosaki001 すでにデパートには「横浜中華街展」の大きな垂れ幕が張り出され、黒崎駅前では、中華街にある華やかな赤い提灯が井筒屋に向かってズラリと飾られてムードを高めています。中国では春節(旧正月=今年は2月14日)にこのような華やかな提灯が飾られ、日本の中華街でもランタンフェスティバルで祝っています。合格

久しぶりに黒崎のアーケードにある商店街を回ってみましたが、昔ながらの懐かしいものが多く、まるで30年前に時が止まっているかのような錯覚すら覚えるロケーションもありました。!!

201022302  明治30年に八幡製鉄所が創立され、黒崎は鉄鋼の街として急速に発展し、往時の面影を残しています。江戸時代には宿場町として栄え、古い街並みも残っていますね。それに北京料理の老舗もあったり、商店街の中に中国式の提灯が飾られていたり、中国文化の片鱗も見えます。

小倉で中学、高校時代を過ごした者にとって、黒崎は小倉に次ぐ都会のイメージがありました。しかし、小倉とは、また違った独自の文化圏を形成し、その庶民的な懐かしさは、小倉とひと味違った深みを感じます。

きょうから鑑定会で出会う地元の方々の生活ぶりに思いをはせ、全力で鑑定に邁進していきます。

 北九州市周辺の方々で開運アドバイスに興味のおありの方はご来店ください。

 スケジュールは以下の通りになっています。予約を入れたい方は、タイムスケジュールの調整が必要な場合もあります。鑑定を受けたい方はお早めにご連絡をどうぞ。

2010年2月24日(水)~3月1日(月) 井筒屋黒崎店6階催事場「横浜中華街展」深川宝琉による運勢鑑定会
※最終日(3月1日)は午後5時閉場

Kurosaki002 井筒屋黒崎店
営業時間:10:00 - 19:00
※1階食品フロアは19:30まで営業。

〒806-8511
北九州市八幡西区黒崎1-1-1
093-643-5111(代表)

 深川宝琉による運勢鑑定会は「横浜中華街展」での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、家相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術などで総合的に鑑定していきます。メインは四柱推命と手相が中心となります。

 鑑定を受けたい方は予約連絡を私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。グッド!

Kurosaki006  地元・小倉高校出身の自分にとって、黒崎は懐かしい場所。中学、高校時代はたまに遊びにプラリと来ていました。13年ほど前、黒崎で中国情勢についての講演会に講師として招かれて講演したこともあり、質疑応答の熱心さにとても感心した記憶があります。

 黒崎は世界的なロボット技術を誇る安川電機本店があり、ハイテクロボット技術の宝庫。中国の習近平国家副主席もわざわざ、昨年12月16日、安川電機へ直接視察に訪れています。安川電機の創業者である安川敬一郎氏は孫文の革命活動に出資し、1913年に孫文が訪日した時には「世界平和」と書いた書を贈った逸話があります。安川Kurosaki008 電機の経営陣は、視察した次期中国最高指導者最有力候補の習近平氏にも、その書を見せていました。黒崎はそれほど、中国との深い縁があるのです。

 それはそれとして、地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。学園都市となっている折尾、黒崎もその例外ではありません。北九州内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

  私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から書き込んでご連絡下さいアップ

2010年2月14日 (日)

春節迎えた中国・香港・台湾のバラの花束景気

 「送牛迎虎」。クラッカー

Toratora  春節(旧正月)前の大晦日にあたる2月13日、中国や香港、台湾では、こんな表現があちこちで見受けられます。太陰太陽暦での新年となる2010年2月14日、丑年が終わり、本格的な寅年を迎えることになりました。音譜

 中国や韓国、香港、台湾では、太陰太陽暦(農暦)の一月一日は今年は2月14日。バレンタインデー(中国語で「情人節」)とピッタリ重なりました。春節とバレンタインデーが重なるのは57年ぶりです。!!

 香港では大晦日にあたる2月13日、新年用の飾り付けなどを販売する香港島コーズウェイベイにあるビクトリア公園が夜遅くまでごった返しますが、今回は夕方から寒冷前線が直撃し、雨と冷たい空気の影響で人の足はかなり減りました。香港の各メディア報道によると、例年の3分の一程度だったようです。メラメラ

Donaldtsangfuufu   いつもこの時期になると、香港のトップである行政長官が夫婦で花市に訪れ、庶民に景気のことを聞きながら景気の動向を実感し、政府の景気対策にも生かそうとする時期。2月13日、香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官夫婦が香港の沙田(シャーティン)にある花市を訪れて、花を買い、バレンタインデー直前ということもあって、曽蔭権長官が夫人に公衆の面前でキスするシーンも見られました。これも香港ならではの、ご愛敬というところです。ラブラブ

 香港での初詣と言えば、黄大仙(ウォンタイシン)と幸運を呼ぶ風車寺・車公廟(ツェーコンミウ)の2カ所。道教寺院である黄大仙では、でっかいHongkongchunnjie2 線香に火をつけて煙が寺中に充満する中、何度もひざまずきながら礼をして今年の安寧を祈る人々の姿でごった返します。それと、車公廟で風車を買って回している人をよく見かけます。カラフルな風車は運を幸運に変えて呼び込むと考えられていて子どもたちが持っていることが多いですね。目

Feiwon   中国では、大晦日の夕方から恒例の「春晩(春節聯歓晩会=中国版の紅白歌合戦)」が中国中央テレビ(CCTV)で約5時間にわたって放送され、芸能活動を休止していた王菲(フェイウォン)が久しぶりに熱唱していました。王菲の独特の歌唱力、声音は、なかなかのものです。グッド!

 きょう(2月14日)は中国でもバレンタインデーということで、いろんな話題があります。日本では女性が男性にチョコレートをあげるのが習慣化されていますが、中国では男性が女性にバラの花を捧げるのが日常化しています。とくに熱烈なラブコールを表現するならば、髙価な青のバラ。!?

Bluerosebarentainday   四川省成都では、地元男性がキャビンアテンダント(スッチー)のガールフレンドに、なんと、29999元(1元=13円)を支払って999本の青のバラの花束を贈呈。花束の直径は1.5メートル。重さ10キロになったとか。中国大陸ではバレンタインデーに合わせ、バラの値段が上がっていますが、台湾の台北や高雄では逆に安値に。バラが一本平均64台湾ドル(約100円)で例年より20~30%安いとのこと。ラブラブ!

 それにしても57年ぶりに春節とバレンタインデーが重なった中国では、花の売り上げは急上昇。景気の底上げにもなる可能性があり、愛情と金運は相乗効果を発揮しているようです。アップ

2010年2月12日 (金)

井筒屋黒崎店「横浜中華街展」での深川宝琉・開運鑑定会のご案内

 2010年2月24日(水)~3月1日(月)の6日間、深川宝琉による運勢鑑定会が井筒屋黒崎店6階(北九州市八幡西区黒崎)で行われます。音譜

 北九州市周辺の方々で開運アドバイスに興味のおありの方はご来店ください。

 スケジュールは以下の通りになっています。予約を入れたい方は、タイムスケジュールの調整が必要な場合もあります。鑑定を受けたい方はお早めにご連絡をどうぞ。

Kurosakiizutuyaphoto0012010年2月24日(水)~3月1日(月) 井筒屋黒崎店6階催事場「横浜中華街展」深川宝琉による運勢鑑定会
※最終日(3月1日)は午後5時閉場


井筒屋黒崎店

営業時間:10:00 - 19:00
※1階食品フロアは19:30まで営業。

〒806-8511
北九州市八幡西区黒崎1-1-1
093-643-5111(代表)

Izutuyakurosakitenmap  深川宝琉による運勢鑑定会は「横浜中華街展」での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、家相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術などで総合的に鑑定していきます。メインは四柱推命と手相が中心となります。

 鑑定を受けたい方は予約連絡を私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。グッド!


Izutuyakursaki6ffroamap  地元・小倉高校出身の自分にとって、黒崎は懐かしい場所。中学、高校時代はたまに遊びにプラリと来ていました。13年ほど前、黒崎で中国情勢についての講演会に講師として招かれて講演したこともあり、質疑応答の熱心さにとても感心した記憶があります。

 黒崎は世界的なロボット技術を誇る安川電機本店があり、ハイテクロボット技術の宝庫。中国の習近平国家副主席もわざわざ、昨年12月16日、安川電機へ直接視察に訪れています。安川電機の創業者である安川敬一郎氏は孫文の革命活動に出資し、1913年に孫文が訪日した時には「世界平和」と書いた書を贈った逸話があります。安川電機の経営陣は、視察した次期中国最高指導者最有力候補の習近平氏にも、その書を見せていました。黒崎はそれほど、中国との深い縁があるのです。


 それはそれとして、地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。学園都市となっている折尾、黒崎もその例外ではありません。北九州内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

  私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から書き込んでご連絡下さいアップ

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違いますね。新たな年を迎え、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい音譜

2010年2月11日 (木)

坂本龍馬の運の強さと四柱推命による分析

 今回、高知大丸での開運鑑定会(2010年2月3~8日)を行った後、個人的に昔から大好きな坂本龍馬ゆかりの地を回ってきました。音譜

Sakamotoryouma  これまで高知は3回訪れ、今回が4回目になりますが、新たな発見も多くありました。

 坂本龍馬が、いかに情愛深く、まめに手紙を書いていた人物であったか、和歌にも精通していた家系で描いている図や筆遣いの中に本人の芸術性や感性がにじみ出ています。しかも、龍馬本人が自分の運について、どう思い、感じていたかは興味津々です。ビックリマーク

 坂本龍馬は最も親しかった姉・坂本乙女に送った脱藩後初めての手紙(文久3年=1863年=3月20日)の中で人間の「運」について書いています。運命学を志す者にとっては非常に興味深い内容です。ひらめき電球

 「さてもさても人間の一生など、分からないのは当然のことで、運の悪い人は風呂から出ようとしてきんたまを風呂桶の縁で詰め割って死ぬこともある。それと比べると私などは運が強く、いくら死ぬような場所へ行っても死なず、自分で死のうと思っても、また生きなければならなくなり、今では、日本第一の人物勝麟太郎殿という方の弟子になり、毎日毎日、前々から心に描いていたこと(海軍のこと)Sakamotoryoumanotegamiunn ができるようになり、精出して頑張っています。ですから、40歳になる頃までは、うちには帰らずに働こうと思っています。兄さんにも相談したところ、最近は大変ご機嫌が良くそのことにつきましてもお許しが出ました。国のため、天下のために力を尽くしています。どうぞお喜びください。さようなら」

 坂本龍馬にとって、この頃こそ、自分の運の良さを最も実感した時期だったに違いありません。

 高知県立坂本龍馬記念館には、坂本龍馬ブームの火付け役となった「龍馬が行く」の著者・司馬遼太郎の表した坂本龍馬の人物像が次のように表現されています。

Sakamotoryoumakinenkan  「天には意志がある。としか、この若者の場合、おもえない。天が、この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者を地上にくだし、その使命が終わったとき惜しげもなく天へ召し返した。」

 坂本龍馬は自分の誕生日に他界しています。偶然とは思えない深い事情を直観するのは私だけでしょうか。坂本龍馬は天保6年(1835年)11月15日に土佐で生まれ、慶応3年(1867年)11月15日、京都の近江屋で斬殺されました。坂本龍馬の先祖は、元々、京都の出身だったそうです。

 当時、旧暦で生年月日が表記されているとすれば、坂本龍馬の生年月日は西暦で見れば、1936年1月3日生まれ。四柱推命で見ると、傷官格で非常に勘の鋭い人物だったと思われます。年柱天干は正財、年柱蔵干は印綬、月柱天干は偏印、月支元命は傷官、日柱蔵干は傷官。運気の波に乗ると、それはもう、凄まじい勢いで天に達する運勢。しかし、剣難の相があり、身の危険に対しては用心に用心を重ねるべきでした。

Sakamotoryoumameisiki   本人は身旺(みおう=生まれた日のエネルギーが強く、打たれ強く独立独歩型)か身弱(みじゃく=生まれた日のエネルギーが弱くて補佐役に向く)かを見てみると、身弱で、決して気が強い方ではありません。運の強さは、生まれ育った家庭環境、本人の努力の賜物であることが、運命学を学ぶ者にとっては、大いなる魅力です。クラッカー

 龍馬の生き方を見てみると、まず、運が良かったのは、何よりも先に人生の師匠を模索したこと。土佐ではジョン万次郎から欧米事情を知り、江戸で勝海舟と出会ったことで大きく飛躍しました。当時、最高の人生の師匠に出会ったことが、本人の運気を飛躍的に高めたのです。グッド!

Sakamotoryoumanoyado   27宿曜占術で見ると、鬼宿。いつも誰かに救われる人で、束縛されることを嫌い空想好き。自由を求めるがゆえに誤解されてしまう事も多いが、持ち前の明るさと人情で乗り切れるタイプでした。しかも、自分の気にいらない事にはほとんど関心を示しません。興味をひく事に関しては、のめり込んでしまう集中力を示し、良い感性の持ち主ですからその感性を生かしていけば大人物。わがままで自由奔放ですが、もともとは正義の味方。困っている人をみると放ってはおけない…そんな優しさももっています。この優しさのため、危機的状況になるといつも誰かに助けられると言うラッキーな人でもありました。

Sakamotoryoumano  また、マリウス・B・ジャンセン元プリンストン大学教授は「かなり特異な人物だ。海援隊をまとめ、薩長を動かした龍馬には、『海援隊約規』に見られる強いリーダーとしての面と、人好きのする人徳を備えた面とがあった」と評しています。

 西郷隆盛の龍馬評は「天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども度量の大、龍馬に如くもの、未だ嘗(かつ)て之を見ず。龍馬の度量や到底測るべからず」。

Sakamotoryoumanojinmaku_2  坂本龍馬は、明治維新を見ることなく世を去りましたが、明治以降の日本の国の形と基盤をしっかり創ったといえるでしょう。とくに海軍の重要性や貿易に関し ての考え方は先見の明があります。日本は小さな島国であり、米国やロシア、中国のような大陸国家ではありません。島嶼(しょ)国家であり、海洋国家です。!!

 ですから、ドイツ型の陸軍を取り入れ、英国の海軍の手法を取り入れた明治時代、結局、ドイツ型陸軍優位の国家戦略から昭和の敗戦に至ります。龍馬の見据えた海軍中心、海洋国家としての国家戦略があれば、日本の命運は大きく変わっていたことでしょう。この小さな島国が世界有数の経済大国に成長する礎は、龍馬の船中八策(せんちゅうはっさく=坂本龍馬が起草した新国家体制の基本方針)から脈々と息づいています。合格

2010年2月 5日 (金)

高知の夜明けと土佐・龍馬出会い博で龍馬精神が復活

 高知大丸での開運鑑定会のために、土佐・高知に来て4日目になります。音譜


Tosanoyoake  高知に久しぶりに来て感じるのは、夜明けが素晴らしいということです。東の空が徐々に紫から赤くなり、太陽が上がってくる姿は、「日本の夜明けぜよ」と土佐弁で力強く言っているような凛々しさがあります。クラッカー

 夜は早い。アーケード街にあるレストランや食事どころは、だいたい、午後8時半か9時ぐらいで閉まります。叫び

 「観光客は夜遅く食事しようとしても空いているところがないのが悩みのタネ。ここにも、よく、空いている食事どころがないか、尋ねてくる観光客が多いよ」と関西出身のホットドッグを売っている店の店主。

 それでも、マックもモスも夜遅くまで開いているし、コンビニもあるし、地方都市としては言うことなしです。土佐料理は美味しいし、昨晩も、土佐山田の友人と久しぶりに車で食事に行きました。やはり、高知は車がないと、郊外の食事処には行けないですね。目

 それにしても、アーケード街の土佐龍馬であい博に対してのPRは熱心です。

 「ジョン・万次郎は、イケメンだったのね」と若い女性観光客たち。ドキドキ

Jonmanjirou001  たしかに、写真を大きく拡大してアーケード街に張り出しているジョン・万次郎の写真は米国帰りでかなり垢抜

けている感じ。当時の土佐の人々からすれば、米国の最新文化を知り抜いて帰国したジョン万次郎の語ることは、鎖国時代の幕末の人々にとっては、コペルニクス的転回だったろうし、あまりに大きなカルチャーショックに違いありません。!!


Deaihakupr001  その中の一人に坂本龍馬がいたわけで、開国、海援隊、海洋国家日本の行く道を見通すことができた坂本龍馬の情報、考え方、発想の原点のようなものがそこになったことでしょう。グッド!

 きょうも、高知大丸で良いお客様ひとり一人に対して、開運のための鑑定を行うことができるのはとても光栄です。坂本龍馬の生まれた土佐の人々と鑑定を通してふれあいながら、明治維新を切り開いていった幕末の志士たちに思いをはせながら、きょうも高知の素晴らしい夜明けを眺めながら開運のアドバイスをしていきたいと思います。合格

2010年2月3日(水)~2月8日(月) 高知大丸5階本館催事場「横浜中華街展」で鑑定会
※最終日は午後5時閉場

【高知大丸】
Kouchidaimaru111 高知県高知市帯屋町1丁目6番1号
代表電話:088-822-5111

【交通手段】

JR高知駅 → 土佐電気鉄道 高知駅前電停 → 蓮池町通電停(約 5分) → 徒歩(約 3分)
JR高知駅 → 徒歩(約 12分)
土佐電気鉄道 はりまや橋電停 → 徒歩 (約 2分)
土佐電気鉄道 堀詰電停 → 徒歩 (約 4分)

 地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。高知もその例外ではありません。高知県内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から書き込んでご連絡下さいアップ

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違いますね。新たな年を迎え、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい音譜


2010年2月 4日 (木)

高知大丸での深川宝琉による立春開運鑑定会 好調

 土佐・高知に来ています。音譜

Sakamotoryouma003   昨日(2月3日=節分)から高知大丸本館5階催事場で深川宝琉による新春鑑定会を行っています。きょう(2月4日)は立春。つまり、きょうから本格的な2010年が始まります。!!

 おかげさまで高知県内で横浜中華街展のテレビCM、チラシなどが広く宣伝されているおかげでお客様が途切れなく来ています。グッド!

 坂本龍馬が話した土佐弁。NHKの「龍馬伝」でおなじみですが、ネイティブの土佐弁を鑑定最初から聞いて、新たな新鮮さを感じています。それまでは、何か幕末の歴史幻想の中にいた自分自身が急に現実世界の高知に舞い戻り、しっかり、高知の地元の方々の思いを直接ひしひしと実感することに新鮮さというか、土佐のみずみずしさ、運勢に対する地元の人々のとらえ方にしみじみと感動すら覚えています。目

 鑑定を受けられたお客様方は「高知では本格的な四柱推命の鑑定、手相鑑定を受けるところがないんじゃ。占い大好き人間が、よーけい、おるけん、紹介しちゃるぜよ」と話しておられました。ありがたい限りです。ニコニコ

Kouchidaimaruyokohamachuugakai  福岡の相手と遠距離でつきあっている高知女性が来られ、福岡出身の自分としては、不思議な縁を感じました。高知から福岡までは西鉄バスで10時間かかります。飛行機ではわずか55分ですが、この長さが相手への愛情を深くはぐくんでいるのでしょう。心から幸せになってもらいたいと思いました。

  福岡と高知の距離感というものを改めて感じました。高知の人から見ると、福岡はとても住みやすいように見えるようです。たしかにおおらかな筑紫風土がありますし、福岡は便利で住みやすい。土佐・高知の良さ、福岡の良さが何なのか、それぞれの出身者でないと見えてこない部分がありそうです。合格

 きょうは立春。本格的な2010年の運勢スタートの時です。このような時に坂本龍馬の出身地で開運鑑定会を行うことができて、天の時、地の利、人の和に感謝です。2月8日(月)までの鑑定会。多くのお客様に開運のポイントを的確にお伝えしていきたいと思います。ビックリマーク
2010年2月3日(水)~2月8日(月) 高知大丸5階本館催事場「横浜中華街展」で鑑定会
※最終日は午後5時閉場


【高知大丸】

Kouchidaimaru111 高知県高知市帯屋町1丁目6番1号
代表電話:088-822-5111

【交通手段】

JR高知駅 → 土佐電気鉄道 高知駅前電停 → 蓮池町通電停(約 5分) → 徒歩(約 3分)
JR高知駅 → 徒歩(約 12分)
土佐電気鉄道 はりまや橋電停 → 徒歩 (約 2分)
土佐電気鉄道 堀詰電停 → 徒歩 (約 4分)

 地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。高知もその例外ではありません。高知県内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から書き込んでご連絡下さいアップ

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違いますね。新たな年を迎え、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい音譜

2010年2月 3日 (水)

高知大丸「横浜中華街展」周辺で盛り上がる坂本龍馬ゆかりの地

 久しぶりに土佐・高知に来ています。音譜

 高知大丸での開運鑑定会の開催のためです!!

Akedokouchi2   福岡空港から空路、高知龍馬空港に飛んだのですが、晴れて穏やかな午前、上空から福岡市内、大分市内、そして四国の姿を見ることができました。わずか55分で到着。

 高知龍馬空港から高知市内中心部へは、リムジンバスに乗車。バスの車内放送の最初は「こんにちは。武田鉄矢です。ぼくの大好きな高知の紹介をします。いま、土佐・龍馬であい博が開かれています」と武田鉄矢の声。叫び

 おいおい、ここは高知なのに、何で福岡出身の武田鉄矢なの?って不思議な感じがしました。もちろん、本人が熱狂的な坂本龍馬ファンであることはよく知られていることですが。


 高知出身の芸能人といえば、広末涼子、島崎和歌子、ソニン、岡本真夜、西川きよし、間寛平、円広志、島崎俊郎、北村聡一郎、高知東急、福留功男などがいます。高知東急の奥さんである高島礼子なんかは、よさこい祭りに参加することでも有名。もっと地元の芸能人が高知をPRすることが大切だと思うのですが、あまり、高知出身であることの印象が薄いのも事実ですね。ガーン

Akedoryouma3  高知に到着すると、高知大丸のあるアーケード街を歩き回りました。どこもかしこも、龍馬。龍馬。チョキ

 坂本龍馬のイラスト、写真が至るところにあります。そして、NHKの龍馬伝の主役、福山雅治の龍馬姿の写真がアーケード街の店の軒先に飾られています。


 「土佐・龍馬であい博」は2010年大河ドラマ「龍馬伝」の放送にあわせて開催される坂本龍馬のふるさと・高知をまるごと体感するイベント。まさに、街全体が龍馬一色です。観光客のために土佐・龍馬であい博号というガイド付き観光バスもあり、午前コース(2400円)、午後コース(1200円)、1日コース(4600円)というJTBのツアーまであります。

Rissishaato  龍馬ろまん社中(大河ドラマ「龍馬伝」の企画展示や幕末の土佐を再現したパビリオン)、坂本龍馬の生誕地、龍馬の生まれたまち記念館、高知城、ひろめ市場、牧野植物園、坂本龍馬記念館、桂浜の龍馬像などを巡っていけます。

 高知大丸のあるアーケード街周辺は、はりまや橋や板垣退助の

創設した立志社や生誕地、武市半平太邸、中江兆民誕生地、後藤象二郎誕生地などがあり、幕末から明治の勢いある息吹に満ちています。アーケードには、坂本龍馬や岩崎弥太郎、中岡慎太郎の大きな写真が飾られていて、凄味すら感じます。目


Hiromeichiba2  夕食は、安くて美味しい土佐料理がふんだんに味わえるひろめ市場へ。横浜中華街展の出展業者の方々がいつも行っている店で、カツオの刺身、たたき丼などを堪能しました。それにしても、新鮮なカツオの刺身は厚みがあって、臭みもなく、実に美味。それと、高知のトマトはおいしさが凝縮されていて、味が濃く、山の幸、海の幸の宝庫です。クラッカー

Hiromeichiba  明日からは高知大丸5階で横浜中華街展の開運鑑定会。土佐の海の幸、山の幸を味わったパワーで6日間の鑑定を楽しく充実したものにしていきたいところです。高知県の方々、ぜひ、ご来店ください。アップ

 スケジュールは以下の通りになっています。ダウンすでに予約が入り始め、タイムスケジュールの調整が必要な場合もあります。鑑定を受けたい方はお早めにどうぞ。!!

2010年2月3日(水)~2月8日(月) 高知大丸5階本館催事場「横浜中華街展」で鑑定会
※最終日は午後5時閉場


Kouchidaimaru111 【高知大丸】

高知県高知市帯屋町1丁目6番1号
代表電話:088-822-5111

【交通手段】

JR高知駅 → 土佐電気鉄道 高知駅前電停 → 蓮池町通電停(約 5分) → 徒歩(約 3分)
JR高知駅 → 徒歩(約 12分)
土佐電気鉄道 はりまや橋電停 → 徒歩 (約 2分)
土佐電気鉄道 堀詰電停 → 徒歩 (約 4分)


 高知大丸での鑑定会は3回目になります。横浜中華街展での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、家相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術などで総合的に鑑定していきます。以前に高知大丸で鑑定会をKouchidaimaruyokohamachuugakai 行ったのは11年ほど前でした。坂本龍馬の出身地であることに胸が高鳴り、鑑定会後、龍馬ゆかりの場所をじっくり見て歩いたことが懐かしく思い出されます。坂本龍馬の有名な写真を大きくしたポスターも買い、それ以来、ずっと自宅に貼っています。ニコニコ

 鑑定を受けたい方は予約連絡を私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。グッド!


Yokohamachuukakouchidaimaru  地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。高知もその例外ではありません。高知県内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から書き込んでご連絡下さいアップ

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違いますね。新たな年を迎え、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい音譜

2010年2月 1日 (月)

立春と旧正月へ開運新年の到来

 2月に入りました。音譜

 2月3日が節分。そして2010年は、2月4日午前7時48分が立春です。この日時から本格的な2010年が始まるわけです。!!

Jinrenjie2  立春は二十四節気の最初の節であり、冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日。厳しい寒さがようやく明けて春に入る日、いわば、春の初日です。 天文学的には、太陽が天球上の黄経315度の点を通過する瞬間です。

 このような新春の時期に高知大丸で開運鑑定会を開けることはとても幸運で、お客様方に今年の運勢を真剣にご説明できる機会を与えられ、厳粛な気持ちになります。

2010年2月3日(水)~2月8日(月) 高知大丸5階本館催事場「横浜中華街展」で深川宝琉による開運鑑定会
※最終日は午後5時閉場

 ところで、中国や韓国では正月は旧正月で祝います。中国では春節と呼び、農歴(旧暦=太陰太陽暦)の元旦は年によって変化しますが、2010年の旧正月は2月14日で、バレンタインデー(中国では「情人節」と呼びます)と重なります。

Qinrenjie5_2   日本ではバレンタインデーは女性が男性にチョコをあげるのが慣例になっていますが、中国では男性が女性にバラの花を捧げることが慣例です。この時期、中国の大都市に行くと、農村から出稼ぎに来た農民工と呼ばれる出稼ぎ農民の子どもたちがバレンタインデー用の花売りをしています。私も中国でよく見かけましたし、彼らと話を何度もしたことがありますが、生活が貧しく、花売りで何とか必死に生活費を稼いでいる姿が痛ましかったことを思い出します。

Qinrenjie4  中国社会も激変し、不景気になれば、女性の方がたくましい時代です。中国で「占いの帝王」と呼ばれる四柱推命ですが、南宋の時代に確立されただけあって、徹底した男尊女卑の考え方で貫かれています。夫にとって妻は財であり、尊い家財。夫は妻を剋し、子供は夫を剋します。欧米の女性ならば、絶対に受け入れられない理論です。だから、欧米では絶対に四柱推命は流行することはありません。

Jinrenjie1  そして、現代中国も、1949年の新中国建国以降、とくに1979年に改革開放路線が始まって以来、欧米とかなり似たような状況に激変しました。現代中国では、旧来の伝統的な四柱推命理論が本当に合うのかどうか。

 いや、決して合うような時代ではありません。さらに進化した四柱推命理論が必要な時代になってきました。今後も、女性がさらにパワーアップし、「女性の時代」が当分続くように思えてなりませんし、それに見合った中国の占術が必要な時代になりました。

 今年の春節は情人節と重なり、若いカップルは、果たして家族を優先するか、それとも、情人(恋人)を優先するか。中国人の男性は大変困る時代に遭遇しています(笑)。