フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月25日 (木)

宮崎日日新聞や岩手日報など1面に「易経の智恵」広告掲載

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。音譜

今月(2010年3月)、刊行された深川宝琉編集協力の「易経の智恵」(コスモトゥーワン刊) が全国各地の地方紙1面の書籍広告欄で続々と掲載されています。クラッカー

Ekikyounochie0001 「易経の智恵」は易経の内容をビジネスマンやOL向けに分かりやすく解説した易の実占書です。

日本各地の地方紙の読者の目にとまる広告が掲載されることは、徐々にですが、この本が認知され、易を深く学びたいという人が増える一助となれば幸いです。

昨日、長野日報(3月24日付)という長野県の地方紙の1面に広告掲載されたのに続き、きょう、岩手日報(3月25日付)陸奥新報(3月25日付)山陰中央新報(3月25日付)宮崎日日新聞(3月25日付)なの1面に田中恵祥著・深川宝琉編集協力の「易経の智恵」が広告掲載されました。

Kumanichikoukoku1 これらは私がきちんと確認した地方紙ですが、ほかにも数紙、掲載されているようです。

掲載された実物はのちほど、紹介したいと思います。ニコニコ

Ekikyounochiemokuji2 あす(3月26日付)の地方紙にも4紙に掲載される予定です。

私は現在、熊本鶴屋で鑑定を行っていますので、3月26日付熊本日日新聞1面に「易経の智恵」の広告が掲載される予定なので、実物を確認できるので、楽しみにしています。

「易経の知恵」アマゾン でも簡単に購入可能です。

地方の易経ファンの方々、乞うご期待。アップ

2010年3月24日 (水)

長野日報1面に深川宝琉編集協力の「易経の智恵」広告掲載

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。音譜

今月(2010年3月)、刊行された深川宝琉編集協力の「易経の智恵」(コスモトゥーワン刊) が全国各地の地方紙1面の書籍広告欄で続々と掲載される予定です。

グッド!

Ekikyounochie0001

「易経の智恵」は易経の内容をビジネスマンやOL向けに分かりやすく解説した易の実占書です。

日本各地の地方紙の読者の目にとまる広告が掲載されることは、徐々にですが、この本が認知され、易を深く学びたいという人が増える一助となれば幸いです。

Ekikyounochiemokuji きょう、まず最初の広告掲載として長野日報(3月24日付)という長野県の地方紙の1面に広告掲載されました。

Kumanichikoukoku

3月25日付の地方紙1面には7紙ほどに広告が掲載される予定です。

アマゾン でも簡単に購入可能です。

地方の易経ファンの方々、乞うご期待。アップ

2010年3月22日 (月)

春分に桜をめでる福岡城の休日 易の十二消長生卦法

 春爛漫。2010年3月21日は春分でした(正確には3月21日午前2時32分)。音譜

Jounainosakura9

  昼と夜が同じ長さになる日(実際は昼が長い)で、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として国民の祝日になりました。春の彼岸の中日で、明治時代には「春季皇霊祭」として宮中で祖先を祭る日に定められていました。

 春分の日と秋分の日は、国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、前年2月第1平日付の官報で発表されます。 ちなみに今年の秋分は9月23日です。

Shunbuntenkyuuzu  春分の日である3月21日、福岡では日の出が午前6時22分、 日南中時は12時26分、日の入りは18時30でした。確かに若干、昼が長いですね。

 ちょっと専門的になってしまいますが、江戸時代、易の中興の祖と言われる新井白蛾(あらいはくが)の弟子、真勢中州(ませちゅうしゅう)は陰陽消長変化と十二ヶ月を易の卦に対応させて「十二消長生卦法(じゅうにしょうちょうせいかほう)」を編み出しました。ドンッ

Swingjazz1  たとえば、正月(旧暦1月、新暦2月)は陰と陽が同じである地天泰(ちてんたい)。新暦3月は陽が一つ長じる雷天大壮(らいてんたいそう)、新暦4月は陽がもう一つ長じる沢天夬(たくてんかい)、新暦5月は陰が消えて陽が極まる乾為天(けんいてん)、6月は陰が一つ長じて陽が一つ消える(夏至)天風●(女ヘンに后)(てんぷうこう)と変化していくとする過去、現在、未来を占う占法です。

 地天泰(ちてんたい)は陽と陰が同じで安泰。正月を象徴して使っていますが、春分の意味を知れば、春分こそが地天泰のように思えますね。

Jounainosakura3  細かいことは国立天文台にお任せして、日本全国、このところ温かくなりました。九州・福岡も春の陽気です。

Kaikayosou  今年の桜の開花予想は例年よりも早く、3月下旬は、気温が平年並みか低い日が多くなりますが、2月下旬以降たびたびあった季節外れの高温が桜の花芽の生長を早めているとのことです。ビックリマーク

Jounainosakura7  福岡の桜開花日は3月14日。満開日の予想は3月22日。満開日の予想は3月22日。北部九州の中でも福岡が一番早い満開予想となっています。見頃は3月21~28日だそうです。

 その満開日となる春分の日の振替休日、久しぶりに福岡城を散策してきました。

 舞鶴公園は桜花爛漫合格

 待ちわびて 花のたよりを待つ人の こころにふれて 今咲かんとす

 福岡城では「さくらまつり」(3月18日~4月4日)が開催され、午後5時から午後10まではライトアップされています。ひらめき電球

Sakura4  福岡城跡のある舞鶴公園には、ソメイヨシノ(染井吉野)、ベニヤエシダレザクラ(紅八重しだれ桜)、マツマエザクラ(松前桜)など1000本の桜の木があります。

Swingjazz2  連日、ステージイベントがあり、きょうは伝統芸能黒田節ロボットによる黒田節の舞、スイング・アベニュー・オーケストラの演奏などがありました。弁当を広げながら、桜をめで、ジャズを聴く一時は、春の到来を身にしみて実感する瞬間です。

Fukuokamachimeguri  市民に歴史史跡をガイドして回る「博多まちめぐり」ガイドの人々が熱心に福岡城の史跡を巡りながら説明していました。これも毎年恒例のことになりそうです。

 明日は開運鑑定会の準備のために熊本へ。熊本城も桜の名所。3月24~29日までの熊本鶴屋での鑑定会を行う前に英気を養いたいところです。

 熊本城も桜の名所。

 3月24~29日までの熊本鶴屋での鑑定会を行う前に英気を養いたいところです。熊本県内外で鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム からご連絡ください。事前に連絡されていた方が、スムーズに鑑定ができるようになります。アップ

2010年3月20日 (土)

深川宝琉編集協力の「易経の智恵」(コスモトゥーワン刊)が発刊

 本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。音譜

 このたび、「易経の智恵」(コスモトゥーワン刊) を新刊として出されました。クラッカー

 すでに3月19日ぐらいから全国の書店に流通され始め、ネット上からの購読注文 も可能になっています。

Ekikyonochie  本の最後に中国最高指導者にとっての易経やアジアでの易の研究交流、現代中国での易経の活用法などを綴っています。

 この新刊本は、これから易を学ぼうと思っておられる一般の方々、会社での仕事で転機に直面しているビジネスマンやOL、中小企業の経営者、大企業の経営者や政治家、官僚にいたるまで、どのような立場の人でも分かりやすく易経を学ぶことができる易の実占書です。

 人間、ここぞと言う時には、右に行くべきか、左に行くべきか、はたまたじっと待つべきか、判断に迷うことがあるものです。そのようなぎりぎりの選択を決定する時、易経は自分の行くべき道をはっきりと照らしてくれます。!!

 易経は人生には大きく分けて64の局面(シチュエーション)があり、それぞれの局面には6段階のステージがある(細かく分けると64×6=384場面)と説いています。その局面に応じて、どうすれば良いか、示唆に富んだ明確なアドバイスが易経には書かれていますので、素人でも専門家でも万民に対して、その人のレベルに合わせて解答を示してくれるのです。ニコニコ

Mokuji_ekikyounochie  日本では江戸時代中期から独自の易の研究が始められ、新井白蛾(あらいはくが)、その弟子の真勢中州(ませちゅうしゅう)、江戸末期から明治にかけての高島呑象(たかしまどんしょう)、「昭和の易聖」と呼ばれる加藤大岳(かとうだいがく)などが輩出されました。易経の内容は千古不易(せんこふえき)で不変ですが、易経の卦辞(かじ)、爻辞(こうじ)に関する解釈や易占方法は無限の広がりがあります。グッド!

Ekikyonochie3_2  私自身、香港に長年滞在し、中国や台湾を巡り、北京大学哲学系での国学の講義などを体験してみて、本場中国の易学と違い、易占方法は独自の発展を遂げていることを実感しました。日本には日本の、中国には中国の、易占に対する違った深い味わいがあるのです。

日本の易の限界は、中国本場の易の流れを知らなさすぎるということ。中国大陸に行ったことすらない易者が堂々と易の本を書くという状況も危機的衰退に繋がっています。易の成り立ちを直接、中国の大地でしっかり感じ取ることは最低限必要なことです。

さらに中国語の原文の易経の内容を正確に読み下すどころか、旧仮名遣いが多間違っているまま表記されている恥ずかしい部分が多い著作も目に付きます。

新刊「易経の智恵」 は易経の成り立ちから易経本文の分かりやすい解説、だれにでもできる易の実占法などをビジネスマンやOL向けに平易に説明してあります。ご興味のある方は一読してみてください。アップ

2010年3月 5日 (金)

熊本鶴屋での「横浜中華街展」開運鑑定会のご案内

 2010年3月24日(水)~3月29日(月)の6日間、深川宝琉による運勢鑑定会が熊本鶴屋百貨店6階催し物会場(熊本市手取本町)で行われます。


Kumamototuruya  熊本周辺の方々で開運アドバイスに興味のおありの方はご来店ください。

 スケジュールは以下の通りになっています。予約を入れたい方は、タイムスケジュールの調整が必要な場合もあります。鑑定を受けたい方はお早めにご連絡をどうぞ。

2010年3月24日(水)~3月29日(月) 熊本鶴屋本館6階催事場「横浜中華街展」で深川宝琉による運勢鑑定会
※最終日(3月29日)は午後5時閉場

★熊本鶴屋百貨店本館
営業時間:午前10時~午後7時(※毎週金曜・土曜は午後7時30分まで営業)
〒860-8586
熊本市手取本町6番1号
096-356-2111(代表)


Yokohamachuukaagaituruya  深川宝琉による運勢鑑定会は「横浜中華街展」での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、家相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術などで総合的に鑑定していきます。メインは四柱推命と手相が中心となります。

 私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。

Accesmapturuya  熊本鶴屋での鑑定会は4回目です。懐かしい熊本のお客様方との再会が楽しみです。いつもは年末の慌ただしい時期に鑑定していましたが、今回は春爛漫の時期です。近くの熊本城は春の息吹に囲まれて風光明媚でしょう。

 地方では地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。熊本内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいた

い方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

6fmap  鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から予約申し込み内容を書き込んでご連絡下さい。

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違います。3月の春を迎え、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい。

2010年3月 4日 (木)

中華圏の風水師が2010年を予言 その2

香港で若手の人気風水師と言えば、李丞責氏(40)が断トツでしょう。クラッカー

Rijouseki001 しかも、2010年の大胆予測は、風水師の間でも衝撃的な内容です。叫び

「今年は北朝鮮で大爆発が起きて驚天動地の大事件が発生する。代表的人物(金正日総書記)やその家族が孤独に死地へ旅立つ」

「少数民族が中国から分離独立する動きが発生し、動乱が起こる」

「日本は2010年、鳩山内閣が倒れる恐れがあるが、景気は改善し、失業率悪化も峠を越える」

これらの大胆予測の中で、とくに北朝鮮に関する予測はかなり高確率で的中するような言い回しです。ビックリマーク

私が最初に李丞責(り・じょうせき)氏を知ったのは、香港に滞在していた2005年ごろです。

Rijouseki002 2004年に香港で新型肺炎(SARS)が大流行し、香港で不景気が直撃。香港人の不満は香港と隣接する中国広東省が感染源でありながらSARS対策を水際で防ぐことができなかった香港トップの董建華(とう・けんか)行政長官に集中していました。

2004年7月には香港で約53万人の反政府デモが展開され、私自身も現場にいましたが、「董建華 下台(辞任せよ)!」のプラカードも多かった記憶があります。当時、李丞責氏は雑誌で「董建華行政長官は近く辞任する」と断言。実際、2005年3月に董建華氏は辞任し、的中したことで李丞責氏は注目を集めるようになりました(香港をよく知る者としては、これほど香港最大規模のデモが展開されれば、辞任は当然の流れと思うのですが、辞任するタイミングはいつか、ということは非常に難しい状況だった記憶があります)。

Lee_sing_chak_2  李丞責氏はこれをきっかけにテレビや雑誌、新聞コラムでも引っ張りだこで、香港の人気風水師である盧恒立(レイモンド・ロー)氏などに次ぐ知名度になっています。若手風水師としては圧倒的人気です。音譜

李丞責氏は祖父、父と続く風水師の家の生まれ。しかし、小学校時代、キリスト教系の学校だったこともあり、担任教師から「予知は悪魔の仕業」と教え込まれ、風水に懐疑的な時期もあったそうです。

それでも、父親は幼少期から郊外の山に修行に連れて行って、一緒に遊びながら風水を分かりやすく教えてくれていました。当時、父親は父本人が何歳で亡くなるかや李丞責氏がクリスマスイブに泥棒に遭うことなどを予言。ピタリと当てました。李丞責氏が風水を信じ、真剣に学び始めるスタートとなったのです。

本人は19歳で開業。風水師として人気が出始めた35歳ぐらいからメディア露出が急に増え、2009年、北京の大学で天文学博士号を取得。香港映画スターを多く育て上げて中国に売り込んだ大物プロデューサーの黄栢高氏のアドバイスを受け、風水ビジネスでの中国進出を準備しています。

Rijouseki003 香港は人気風水師がたくさんいますが、北朝鮮指導者の死を予測するという大胆なものは初めて。金日成の死亡についても予測していた予言者は、たしか韓国でいたように思いますが、香港の風水師がこのような予測を堂々と発言するのは異例中の異例と言えます。

ただ、北朝鮮指導者の死期を李丞責氏が予言するには、それなりの理由があります。

李丞責氏は60年周期説を採ります。干支は60年で一循します。60年で歴史は循環し、スパイラルのように同時代性を持っており、アーノルド・トインビーの歴史論のように「歴史は繰り返す」との見方をしています。もちろん、時代によって、環境、背景は違ってきていますが、その国の置かれた状況、衰運か旺運か、などは酷似すると見ています。60年周期説は、李氏が独自で発案したものではなく、中国古来からの干支による周期説です。私も、この見方は国運を判断する上で非常に予測としては的中しやすいと思っています。

李丞責氏いわく、たとえば、1941年、日本が真珠湾を攻撃しましたが、60年後の2001年、米国で911テロが発生。1943年、香港が日本に支配された時期に疫病が流行し、2003年、新型肺炎(SARS)が香港で流行し始めました(李氏がかなり日本を意識していることがよく分かります)。

Leesingchek2 1945年、日本が敗戦となり、香港が日本から解放され、2005年には香港の経済が再興して急落した不動産価格も改善し始めました。1947年、国共内線が起こり、中国大陸の資金が香港に大量に流れましたが、60年後の2007年、香港経済が中国依存を強め、中国大陸の資金が香港に大量に流れるようになりました。1948年、蒋介石率いる国民党が台湾に入り、60年後の2008年には馬英九氏が台湾の総統となって国民党が政権を奪還。1949年には中華人民共和国が成立し、2009年には中国経済が強大になって経済復興が際だってきています。

そして、1950年。朝鮮動乱が起こり、中国共産党軍と結託した金日成率いる北朝鮮軍は韓国側に南進。ダグラス・マッカーサー率いる米軍が仁川上陸作戦を展開して巻き返し、現在の38度線で朝鮮半島は南北に分断されました。ガーン

それから60年後の2010年は必ず朝鮮半島情勢が大きく激変するというのが李丞責氏の予測です。今年は八白土星中宮の年。偶然の事柄が重なって発生しやすく、社会的には大きな団体が新たに出現し、重大な人事変更が行われ、国家指導者やそのブレーンに大きな変化が起こるとしています。北朝鮮情勢は大きく変化するという理由は干支や60年前の国際情勢から細かく見ていっての予測ということになります。!!

李丞責氏の予測は、突飛なものではなく、彼なりの歴史観、八字風水を通した予言として興味深い内容です。私自身は2010年、北朝鮮情勢は大きく変化し、北朝鮮指導者の交替を含め、南北関係が大きく変化すると見ています。

2010年3月 3日 (水)

中華圏の風水師が2010年を予言 その1

中華圏の風水師たちが2010年の動向をどのように占っているのか。!?

占いに関心のある方々ならば、関心があることではないかと思います。音譜

なかなか、日本では、中国系の風水師がどのような見方をしているか、伝わってこないですから、少し、紹介したいと思います。!!

シンガポールは、都市自体が風水によって作られていることで有名ですが、そのシンガポールで「0011風水命理」を創設し、風水の立場から毎年のシンガポールの政権動向、国運を占っている陸経●(火ヘンに共)氏がどのように見ているかを紹介してみます。陸氏の毎年の国運解釈はほぼ一貫していて今回も同様です。日本の政界予測と照らし合わせてみると興味深いところです。目

2010年は庚寅の金虎年。納音五形は松柏木(しょうはくぼく) となっています。松柏木とは、長命の常緑樹で松と柏の木を意味し、忍耐強くて節操が固く、自分の考えや信念を曲げない特性があります。そのため、周囲から浮いてしまうことがあるので注意が必要な年でもあります。

陰陽五行説で見ていくと、シンガポールは今年、総選挙が行われる確率がかなり高い。なぜならば、「木」が「金」に冲(ちゅう)されるからです。

「木」の代表的な事象は人事の変化が増えるということ。内閣改造や人事変更などが起こるでしょう。人事面では、女性政治家にとっては不利な状況となり、健康にも影響があるでしょう。

とくに西南方面の女性政治指導者がそうです。若手の男性政治家も健康面で問題が起こりやすく、西北方面の中年以上の男性政治家は女性支持者の熱烈な歓迎を受け、メディアでも注目を集めるようになるでしょう。旧暦11月と12月は政界で大きな事件が起こり、寅年生まれの政治家には不利に働きます。

金虎年は「水」と「火」に関する業種が勢いを強め、「土」に関する業種は衰退します。「木」の業種は衝撃を受けるでしょう。現在、繁栄している金融業と機械工業の好況で出版、印刷業が刺激され、下半期は勢いを増します。電子工業はさらに発展し、製造業、広告業は商工業と連携して新たな趨勢を生じ、「火」に関する商工業はさらに繁栄し、芸術・芸能界は異常に勃興するでしょう。

しかし、「土」に関する業種である不動産、土木、貸倉庫業などは非常に多大な衝撃を受けて低迷。金融業や銀行業、鉄工業などはスタート時は非常に強い勢いがあるのですが、後半は衰退。「木」と「金」の業種も起伏が激しいでしょう。

庚寅年は「金」が洩(も)れて「木」に克つ現象が起こります。「土」に関する自然災害が起こり、土砂崩れ、地質不穏な現象が発生。中部、東北、西南方面では環境破壊の動きが発生します。もし、この状況通りに進めば土砂災害などの「土」に関する問題が発生します。「木」に関する問題も起こり、インドネシアの森林焼から火災が発生する確率が下半期に高くなるでしょう。

陸経●氏のシンガポールに対する国運の見通しはこんな予想でした。ひらめき電球

これが中華圏の風水師の考え方の一つであり、五行を応用した解釈として興味深いところです。