フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

重慶の風水師との豊かな交流

Juukeifuukei 一昨日から重慶に来ています。 重慶は湿度が比較的高く、「霧の重慶」という別名があるほど、霞んで見える日が多い。昨日、古鎮「磁器口(じきこう)」を訪れました。重慶市の中心から西へ約14キロ、嘉陵江のほとりにあります。

地名は、昔、茶碗などをこの土地で盛んに作っていたことに由来します。清の時代にはその積み出し港として船乗りや商人たちが集まってきました。

今や、横浜中華街と同規模ぐらいの人の出入りで活気があります。

Sanmeisi その磁器口に入る橋の前に占いの館を見つけました。鑑定士は鑑定暦18年のベテラン。風水が本来、専門でいわゆる風水師です。もちろん八字(四柱推命)、手相、顔相、姓名学なども鑑定できる人で、自分も算命師(占い師)であることを伝えると、いろいろと親しく話してきました。

Jikikou この鑑定士の方の師匠は中国でも有名な風水師でした。いわゆる仏教系の風水師です。

「日本では四柱推命はいくらぐらいで鑑定するのか」という質問から入り、それに答えると、八字の命式の出し方、五行学についての話題から風水の鑑定法に至るまで中国式の鑑定法を教えてくれた上、日本の鑑定法との違いなど幅広く話し合ってしまいました。

風水に関しては香港や台湾で広まっている風水の二流派とは違う見方をしており、非常に興味深い内容でした。八字の本や資料、鑑定書などについても詳しく見せていただきました。日本の占い師のような疑い深さはなく、非常におおらかに誠実にいろいろと話してくれて非常に参考になりました。

手相に関する流年法の考え方、右手と左手の見方についても非常に興味深い内容があります。

詳細は後ほど、ブログで紹介したいと思います。

2010年5月28日 (金)

道教と仏教の聖地、四川省を行く

 現在、久しぶりに中国四川省の成都に来ています。きょうは快晴。世界遺産である楽山と峨眉山を訪れます。天気も良く、非常にラッキーです。

Tokouen  昨日は四川省都江堰(とこうえん)と道教の聖地・青城山に行きました。いずれも素晴らしい場所。2500年以上前に作られた水利施設をそのまま見ることができたのは大きな価値あり。青城山は道教の核心的な場所で、日本の奈良の古い寺院を思わせる場所。日本の神道の原点のようなものを感じました。

 日本でご存じの方は少ないと思いますが、中国内ではツイッターは使えません。国家規制です。中国語でツイッターが使えているところを見ると、それは台湾や香港、マカオ、海外華僑などが使っているということです。実際は中国内からアップできる方法はあるのですが、技術は極秘扱いらしいです。

Shukushoup1000805  成都はどんよりした空気感が漂います。どんよりという表現はどうやら本当に正しいようです。大気汚染が中国内でもかなり深刻な大都市だからです。成都市政府が大気汚染の深刻さを発表。でも、青羊宮や諸葛孔明を祀る武侯祠、杜甫草堂に訪れると、緑が多い。道教の風格、無為自然を直観できます。

 四川大地震から1年以上を過ぎましたが、地震は続いています。5月26日14時ごろ、都江堰で震度5の地震。その都江堰に一人で訪れましたが、被災地が復興し、素晴らしい自然を満喫できました。

 成都で王婆蕎麺という地元民がよく行く四川麺の店に入った。予想を上回る激辛。くちびるすら火が噴いた。でも、段々、その味に慣れて美味しく感じるようになるから不思議です。

Taikyoku 印象に残ったのは成都の青羊宮。易の八卦をかたどった古い建物があり、中国運命学の核心を思わせる内容がありました。青羊宮は予想以上に感動する易の内容がありました。日本だけで中国運命学をやっている人には到底分からない深いタオの世界.があります。易学、中国運命学を学ぶ人は行ったら必ず感動するでしょう。

 それから、昨日、西安で三代続けて医者をしている王さんと知り合いました。56歳で4歳の孫もいる謙虚で聡明な人。彼と対聯という遊びをしました。「月落和尚黒山去」に対して対照的な句を漢詩で作れ、といってきました。こちらが考えた末、正しい答えを出しました。

 正解は「日出●(女ヘンに尼)姑白水来」。

 周りの中国人が「中日友好」と話していました。とても面白い知的な交流の遊びでした。

2010年5月 2日 (日)

てのひらに太陽や月の光をかざす開運法

 明後日(5月4日)、鳩山首相が基地問題で初めて沖縄入りするということでメディアの関心は沖縄にありますが、観光客は沖縄らしさの中に安らぎや癒しを求めておられる方々が多いですね。ニコニコ

 沖縄は4月初めから海開きが次々となされ、海水浴ができる初夏です。

 もちろん、ゴールデンウィークが終了して数日すると、一足早い梅雨入りが到来します。

 梅雨入り前のGWの時期、沖縄の太陽はきらきら、ギラギラ輝いています。メラメラ

 そして、夜の月がとても綺麗です。海岸に行くと、星々がよく見えるし、天の川が鮮明に見えるので、ちゅら島の魅力倍増。

 石垣島や久米島、渡嘉敷など離島に行くと、夜は本当に星空が美しい。八重山(やえやま)地方には「むりかぶしゆんた」という古謡があり、天文学を取り入れた暦を通じ、農耕の時期を決めるようになり、島々が豊かになった伝説があります。「むりかぶし」とは昴(すばる)。「ゆんた」とは労働歌の意味です。

 八重山地方では、昴の位置を見て、種まきや収穫の時期を決めるようになりました。

Img_0471_2  日本では古来、プレアデス星団を昴と呼び、 地方によって、「六連星(むつらぼし)」や「羽子板星」などと呼ばれています。

 太陽や月、星と人との関係は古く、占星術と天文学が表裏一体で発展してきた歴史があります。沖縄・八重山地方では、88星座のうち、84の星座を見ることができます。島の人々の生活の知恵は星の移ろいを学び、暮らしを豊かにしてきた歴史そのものです。

 そして、「ていだ」=太陽の動きで時刻を判断してきました。日時計の跡もたくさんあり、「ていだ」の動きは天地自然、生命のリズムそのものと深く直結しているわけです。

 沖縄三越で開運鑑定を行っていると、多くのお客様は手相の鑑定を申し込まれます。とても手相が好きな方が多い。「掌(てのひら)を使った開運法は何かないですか」と尋ねられる方もおられます。

 掌を太陽にかざす、あるいは、月の光に掌をかざすと太陽のエネルギー、月のエネルギーを掌から体内に入れて、目的達成のエネルギーになることが古来から伝えられています。

 手の指は各惑星のエネルギーをキャッチするアンテナの役割を果たし、とくに人間が対社会的に活動する能力を発揮するのに大きな影響を与えるのが太陽の動き。そして、人間の心理面、深層心理にある思いや創造力、アイデア、イマジネーションなどの能力を発揮するのに影響を与えているのが月。ですから、対社会的な目標、目的を達成したいならば、太陽に右手と左手をあて、そのエネルギーを吸収しながら自分の目標、目的を念ずる。

 そして、心理面、心の内面の世界での目標、目的を達成したいならば月の光に両手をかざす。そして、願いや想いを念じて月の波動と合致させていく。

 人間はネガティブな想いになると、すべてを後ろ向きに考えますが、ポジティブな動機を得ていくと前向きに考えます。

 たとえば、有名な石川啄木の俳句。

はたらけど はたらけど 猶わが生活楽にならざり ぢつと手を見る 石川啄木

 これほど、苦労が報われないことへの無念の思いから掌を見る姿を表した歌はないでしょう。

 でも、私は、あえて、以下の山口誓子の歌こそ、太陽や月のエネルギーを自分に吸収冴えていく開運のコツとして紹介したい内容です。

掌に枯野の低き日を愛づる 山口 誓子

 山口誓子は東大俳句会から高浜虚子の門下になり、92年の長寿を全うした俳人。彼が中国・満州に行った時、列車から見えた大地に沈む太陽を見て詠んだ歌です。

 まさに太陽の光を掌にあてながら沈む夕日を見ている姿が目に浮かびます。

 手相は日々、変化しますが、その人の心がけ、目標をしっかり立ててそれに向かって前向きに行動していく決意をした時、手相も吉祥線が徐々に成長していき、その線を発見した時、さらに前向きに目標に向かって進むやる気がでてきます。

 皆様もぜひ、手相の鑑定を受け、やる気、勇気、元気を得るようにして下さい。

 以下、沖縄三越6階で深川宝琉による開運鑑定会を5月5日まで行っています。那覇にお越しの方々は気が向いたら、お寄り下さい。

2010年4月27日(火)~5月5日(水) 沖縄三越6階イベントプラザ「横浜中華街展」で深川宝琉による運勢鑑定会
※最終日(5月5日)は午後5時閉場

沖縄三越
営業時間 全館 午前10時30分~午後7時30分:
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-2-30
TEL 098(862)5111

777  深川宝琉による運勢鑑定会は「横浜中華街展」での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術、風水家相などで総合的に鑑定していきます。メインは四柱推命と手相が中心となります。

 私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。

 地方ではその地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。沖縄内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

 鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から予約申し込み内容を書き込んでご連絡下さい。ひらめき電球

2010年5月 1日 (土)

沖縄三越「横浜中華街展」開運鑑定会が大盛況

 ゴールデンウィーク本番になり、沖縄・那覇の国際通りは例年通り、全国区の賑わいです。

Img_0456_5  ここ10年以上、GWは那覇に滞在するのが恒例化しているので、慣れてはいますが、新鮮な発見が毎回あります。今年は例年より朝晩が涼しく、半袖では少々肌寒く感じるほどです。

 沖縄三越での開運鑑定会はお陰様で多くのお客様がご来店され、盛況です。いつも沖縄で鑑定して思うのは、心根の素直さがある人が多いこと。

 とくに米国人と沖縄の人のハーフの場合、日本人にないユニークな明るさがあり、話すだけで文化の違いで生きてきた本人の生き様に飛び抜けた明るさがあり、人生を楽しんでいる豊かさを感じます。もちろん、大変な苦労もしている人が多いのですが、前向きな姿は私の心を大きく揺らす感動すらあります。

 期間中、福建省福州出身の中国人の方がお見えになりました。

Img_0471  中国式の姓名判断で子供の名前の姓名判断をしてほしいとのことでした。福州出身ということで、私は懐かしさを感じました。10年前と3年前、福建省福州やアモイを訪れ、街中や名所旧跡を巡ったからです。福州には沖縄県事務所があり、福建省と沖縄の交流の深さを現地で肌身で感じました。

 福建省福州のタクシーに乗車した時、ラジオで喜納昌吉の「花」の中国語バージョンが流れていましたので、「これは沖縄のミュージシャンが作った日本の有名な曲ですよ」と話すと、「何言っているんだ。これは中国の歌。だれもが知っているからね」とまったく取り合わない。それほど、「花」が一般中国人に知られ、しかも、自国の歌と信じ込んでしまうほどであることに驚きました。

 歌は国境を超えるとは、まさに、このことだと感心したものです。

 5月1日から上海万博が開幕し、その開幕式で谷村新司が「昴」を熱唱しましたが、この曲も中国語バージョンで中国ではよく知られた曲ですし、日本の曲、メロディーは知らず知らずのうちに中国でいろんな形で浸透しているものです。

 福州出身の中国人の方と、鑑定とは別に、そのような内容に花が咲きました。

Okinawamitukosi2009  私の鑑定会の場合、たまに中国人の方々が見えられます。共通するのは、算命師(占い師)をとても尊敬する態度で接して下さることです。近年、沖縄に来て感じるのは、観光客に台湾人や中国人、香港人が増えてきている点。私が宿泊しているホテルも香港人の宿泊がかなり増えてきています。

 沖縄はアジアのチャンプルー文化が花開き、中華街展も沖縄の人々に広く知られるようになって定着してきています。私の場合も、毎年来られるお客様が多く、沖縄の人々の温かい情の世界に心洗われる気持ちです。

Okinawamitukosi0032010年4月27日(火)~5月5日(水) 沖縄三越6階イベントプラザ「横浜中華街展」で深川宝琉による運勢鑑定会
※最終日(5月5日)は午後5時閉場

080010沖縄三越
営業時間 全館 午前10時30分~午後7時30分:
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-2-30
TEL 098(862)5111

 深川宝琉による運勢鑑定会は「横浜中華街展」での鑑定です。四柱推命、九星気学、手相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術、風水家相などで総合的に鑑定していきます。メインは四柱推命と手相が中心となります。

 私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から入れていただくと、準備も鑑定もスムーズです。おおよそのご来店日時が分かりますと、準備がしっかりできます。

 地方ではその地元でしか分からない様々な悩みや問題があります。沖縄内外でご関心のおありの方々はお気軽にお越し下さい。占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。お気軽にご連絡ください。

Img_0459  鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(http://uranai.lar.jp/f_mail/f_mail.html )から予約申し込み内容を書き込んでご連絡下さい。ひらめき電球

 人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違います。沖縄の梅雨入り前、GWの素晴らしい気候の時期、心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい。アップ