フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

九星気学の各星の特性 「異性運」「恋愛・結婚運」編

 恋愛・結婚運異性運に関しては、若い未婚の男女、あるいは既婚していても夫婦関係で悩んでいる人たちが常に関心を持つテーマです。音譜

 実際の鑑定では、恋愛の傾向性、恋愛パターン、恋愛観、価値観、恋愛感情、愛情表現を中心に紹介します。恋愛成就のアドバイスも含まれています。!!

Fortunesutar1111 異性との出会いの特徴やパターンを事前に把握して、恋愛のチャンスに活かしましょう。

 周囲に流されず自分らしさを失わない恋愛を心がけたいものです。

 その人の本命星、月命星、傾斜の順で恋愛運、異性運の傾向や特性を見極めていきましょう。グッド!

【九星の各星の恋愛結婚運・異性運の傾向】

一白水星直情的・瞬発力タイプ
Lovefortune2_2  【一白水星の恋愛・結婚・異性運】
恋愛に関しては理性的に対応します。男女共に相手の生き方や影響を大きく受けるでしょう。特に情にもろいところが認められます。落ち着いた恋愛を好みますが、人により情熱的な雰囲気を好むこともあります。基本的に堅実な恋愛観をもっています。その根底には自己防衛が働いています。相手の人柄を見極めることが、安定した幸運につながります。精神的に焦らずに運命の人を見つけましょう。

二黒土星地味・堅実タイプ
Urlovefortune 【二黒土星の恋愛・結婚・異性運】
親切な性格は恋愛にも発揮されます。相手の本質を冷静にじっくり見極めることができるでしょう。それだけ現実的にとらえるわけです。人により意識しなくても打算性が働く場合があるようです。男女共に情にもろく、サービス精神が旺盛で尽くすタイプです。恋愛にもプラスに作用しますが、相手を束縛しすぎないように注意しましょう。周囲の影響を受けないように、自分を信じて行動しましょう。

三碧木星積極的・前向きタイプ
Lovefortune4 【三碧木星の恋愛・結婚・異性運】
男女共に自分の気持ちに正直に恋愛するタイプです。感受性が鋭いため気分的な影響が、マイナスの結果にならないように注意しましょう。何事も合理的に切り換えられる特徴があります。恋愛には相手の立場を理解する心の余裕を身につけましょう。ストレートな言葉で誤解されないように自覚しましょう。時間的に忙しい状況であっても、コミュニケーションだけは確保したいものです。

四緑木星謙虚・控え目タイプ
Lovefortune1 【四緑木星の恋愛・結婚・異性運】
恋愛には気迷いを生じるタイプです。それだけ誠実に慎重な恋愛をするわけです。自分から積極的に行動しなくても、周囲から好感を持たれ誘われたりします。本来、自然体の恋愛が理想でしょう。男女共に人を信じやすい傾向は否定できないでしょう。相手の本質を見極めることが素晴らしい恋愛の秘訣になります。自分にマイナスになる事柄には、ハッキリ決断をくだすことは必要です。情熱をプラス方向に向けましょう。

五黄土星独占的・執着タイプ
Lovefortune2_3 【五黄土星の恋愛・結婚・異性運】
男女共に面倒見のよい性格ですから、異性からは好感を持たれるでしょう。基本的に恋愛チャンスに恵まれる生まれです。相手の本質を見抜くことが安定した恋愛成就の秘訣になります。人によっては気質の強さが気になるケースもあります。自分の気持ちに正直であれは、恋愛でもお見合いでも問題ありません。ただし、プライドを傷つけられることは許せません。ロマンティストの部分をプラス方向に発揮しましょう。恋愛では誤解されないように注意しましょう。

六白金星誠実・常識優先タイプ
Urlovefortune_2 【六白金星の恋愛・結婚・異性運】
男女共に恋愛に関しては情熱的なところを秘めています。それだけ恋愛成就の可能性も高くなります。内面的にはプライトがあるので、自分の理想通りに運ばないと気力を失うこともあるでしょう。短慮に偏ることなく、誤解のないようにコミュニケーションに配慮しましょう。時間はかかっても説明すれば、理解してもらえるはずです。自分にふさわしい運命の人を見つける努力をしましょう。

七赤金星派手・華やかタイプ
Lovefortune4_2 【七赤金星の恋愛・結婚・異性運】基本的に平凡な恋愛より、ドラマティックな恋愛を好みます。要するに変化を好むわけです。男女共に異性から好かれることが多いでしょう。相手の外見にのみとらわれることなく、内面性を重視しましょう。運命の人を見つけるまでは、多少の紆余曲折があるでしょう。しかし、恋愛経験は未来に活かせるので、決して無駄ではありません。誰が自分を幸せにするのか、焦らずに相手の本質を見極めたいものです。

八白土星気分屋・フィーリングタイプ
Lovefortune1_2 【八白土星の恋愛・結婚・異性運】
恋愛に関しては異性に対する独占欲、執着心の強さが感じられます。男女共にいい加減な交際では妥協しないタイプです。その根底には直線的で純粋な恋愛観が大きく影響しています。内面的な優しさや楽天性は、恋愛にもプラスに作用しています。自分の気持ちに正直に生きるので、独善的にならないようにしましょう。人を理解する気持ちを身につけることが恋愛成就につながります。

九紫火星情熱的・ひたむきタイプ
Lovefortune3 【九紫火星の恋愛・結婚・異性運】
男女共、恋愛に関しては独占欲の強さを秘めています。一目惚れを経験する人も少なくありません。基本的に恋愛でもお見合いでも良いでしょう。運命の人を見つけるまでは焦らないことが大切です。明るくサッパリした性格と情熱的な部分は、恋愛にもプラスに作用しています。知的な雰囲気で周囲をひきつける魅力を秘めています。人により恋愛に紆余曲折を経験しますが、プラス思考で安定路線を歩みましょう。

※日頃、人気のある九星気学での鑑定依頼内容で、どのような観点から鑑定し、アドバイスしているかの一端を紹介ています。ニコニコ

Kigakuwakusei 以上の内容は最初のほんの一部です。音譜

 異性運、恋愛・結婚運、異性との良縁の時期、結婚の時期などについて、考えたり、準備していこうと思っておられる方は九星気学や四柱推命でご本人の適職、運勢をしっかり見ていくことをお薦めします。グッド!

 これから引っ越しを予定されている方、ご家族の共通の吉方、引っ越しの吉日祐気取り(お水取り)で開運したい方、様々な悩みや問題に九星気学でお答えします。!!

 鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナー をご覧下さい。

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

9seinohosibosi 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。 

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

2010年10月29日 (金)

易の八卦 森羅万象を表す8要素と九星気学

 中国の運命学の原点は陰陽五行、易の八卦(はっか)にあります。

 天地自然から人間社会のあらゆる状況まで森羅万象を八要素で表しました。

Ekinogokui  中国から受容された江戸時代以来の家相学、方位学、易学を大正期に独自統合した園田真二郎(荻野地角)氏の開発した九星気学では、九つの部屋の真ん中の部屋以外の周囲8つの部屋に当てはめました。中国では真ん中の部屋を玄宮(げんくう)と呼びますが、日本では、そのような表現はありません。

 日本の九星気学は中国の方位学の帝王、奇門遁甲(きもんとんこう)にある九星(九宮)だけを応用したものです。

 日本人には親しみやすく、園田真二郎の出身地である関東で広がり、全国に広がりました。

Ekinotaikyokuzu  中国の風水は九星気学のような日本的な風水と違い、鬼門(きもん=北東)裏鬼門(うらきもん=南西)の考え方がありません。もっと深く、本格的な方位学であり、環境整備学ですが、中国の風水はその良さがあり、日本の気学家相はそれなりの良さがあります。

 これが現代で幅広く利用されている九星気学です。家や旅館、料亭にある東西南北それぞれに位置する9つの各部屋の名前をイメージされるとわかりやすいでしょう。

 八つの要素とは「天(てん)」「沢(たく)」「火(か)」「雷(らい)」「風(ふう)」「水(すい)」「山(さん)」「地(ち)」です。あるいは「乾(けん)」「兌(だ)」「離(り)」「震(しん)」「巽(そん)」「坎(かん)」「艮(ごん)」「坤(こん)」とも言われます。この八要素は、それぞれ何がイメージされるか、連想されるかが重要です。

【天(乾)=六白金星=北西】
広く大きいもの。強いもの。丸い。覆うもの。高級な仕事や高尚なもの。スポーツ、先祖、信仰、栄転や昇進、「健全」の意味。援助者や円、貴金属、時計、カバン。人では父親、社長、皇帝、王、権威ある人、剛毅な人、神官、先生、軍人、首相、大統領など組織のトップ。場所では大都会、首都、宮殿、城、神社、海、公共施設、国の中枢。

【沢(兌)=七席金星=西】
池や小川。沼、池、プール。口や「喜び」を意味。池や小川のせせらぎの中、色とりどりの可憐な花々が咲き乱れ、小鳥がさえずっているイメージ。人では、おしゃべり好きな少女、歌手、アナウンサー、キャスター、騒がしい新入女性社員。場所では賑やかな娯楽場、噴水、喫茶店、茶の間、娯楽街、スナック、料理店、食堂、講習会場。

【火(離)=九紫火星=南】
明るく美しいもの。着飾るもの、夏の太陽の輝きのようにはっきりしているものを意味。付着、暴露、中身のないものも意味。人では着飾った中年女性、プライドの高い美人秘書、芸能人、ファッションデザイナー、美容師、モデル、芸術家、文化人、教養人、消防士、裁判官。場所では美容院、エステ、劇場、図書館、博物館、競馬場、灯台。

【雷(震)=三碧木星=東】
騒々しいもの、雷のように光るもの、響き渡るもの、勢いよく動くもの。新芽、新生。人では長男、、皇太子、青年、発起人、希望に燃えた男子新入社員、人生の春を謳歌する若者、勇者。歌手、植木造園業、積極的な人、一本気な人、うるさい人。場所では音が響き渡る楽器店、電話局、放送局、パチンコ店、道路。雷や地震を意味するケースもある。

【風(巽)=四緑木星=南東】
風のように自由に出入りするもの、揺れ動くもの、柔軟で軽やかなもの、伏入(ふくにゅう=低姿勢でどこにも自由に入り込む)の意味。移ろい行くもの、長い、気迷い。人では長女、貿易商、幸運が舞い込む係長、交際上手な人、旅行ナビゲーター、腰の低い臨機応変な商売人。場所は人が多く出入りする商店、郵便物が行き交う郵便局、百貨店。

【水(坎)=一白水星=北】
冷たいもの、暗いもの、苦しみ、悩み。「落ち込み」「産みの苦しみ」を意味する。哲学・思想、秘密、色情、裏取引、発明、創造、妊娠、残忍。人では悩み多い中年男性、学者、水商売の人、公私共に悩める課長、哲学者、思想家。場所は裏通り、地下室、川、海、温泉、水族館、宴会場、バー、クラブ、不安が交錯する病院。

【山(艮)=八白土星=北東】
どっしり動かないもの、近寄りがたい高尚なもの。変わり目。山また山。固くて重いもの、蓄財、「停止」や「変化」、「相続」を意味。積み重ねたもの、担ぎ上げられること。人では少年、土地建物業、リストラを恐れる窓際社員、頑固者、親戚、家族、篤実な人、山のように高尚な人。場所では城、寺、墓、仏閣、倉庫、ホテル、門、旅館、デパート。

【地(坤)=二黒土星=南西】
大地のような広々とゆったりしたもの、すべてを包容する母性的なもの。「根気」「質素」「従順」を意味。古い習慣、気苦労、掃除、労働、まじめ、世話をする、継続、大衆的。平ら、安い。人では母親、黙々と働く平社員、従順でおとなしい人、従業員、妻、大衆、労働者、農夫。場所では農村、田舎、平地、牧草地、仕事場、物置、倉庫。

  以上の内容は八卦、気学の内容紹介のほんの一部です。

9seinohosibosi これから引っ越しを予定されている方、ご家族の共通の吉方、引っ越しの吉日祐気取り(お水取り)で開運したい方、仕事運、適職適性、転職、転職の時期などについて、考えたり、準備していこうと思っておられる方は様々な悩みや問題に九星気学でお答えします。!!

 鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナー をご覧下さい。ニコニコ

開運の道筋をしっかりアドバイスいたします。アップ

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

Kigakuwakusei1_2 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

2010年10月28日 (木)

九星気学の各星の特性 「仕事運・適職運」編

【九星各星の仕事運・適職運の見方】

Kigakuwakusei_2  九星気学での仕事運、適職運の見方を簡単にご紹介します。音譜

 実際の鑑定では、職業的適性、天職、仕事のやり方を中心に説明します。

 最近は就職難で就職、転職の悩みが多いですね。就職・適職・転職に関する鑑定依頼は圧倒的に多いです。!!

 その人の本命星(生まれ年の九星=その人の究極的な本質)、月命星(生まれ月の九星=その人の内面的特性)、傾斜(本命星と月命星から割り出される本質の九星)の順で適職を見極めていきましょう。グッド!

 自営、独立の経営者タイプか、官公庁や企業タイプに適性があるのかを見極めましょう。どんな職業でも努力によってある程度はカバーできるはずです。ニコニコ

  しかし、人それぞれ適性や好みがあるのでストレスもたまります。一時的であれば苦手な分野にも対応できますが、長期的な視点では難しいでしょう。自分の好きな分野で実力を発揮したいものです。合格

【九星の各星の職業適職と特質】

1pakusuisei 一白水星:水産業、商業、飲食業、船舶業、産婦人科医、耳鼻科医、外科医、弁護士
【一白水星の仕事運】常識を優先する冷静な判断力があります。時間をかけることで本来の能力を発揮できるでしょう。環境にも順応性が認められます。職業としては人に喜んでもらえるサービス業に適性があります。美的センスや趣味的な事柄が実益に結びつくこともあるはずです。目上からの引き立てを受ける生まれであり、器用なところがプラスに作用します。技術を身につけて活躍する人も少なくありません。洞察力を発揮してビジネスチャンスを掴みましょう。

2kokudosei 二黒土星:不動産業、土建業、農業、メモリアル関係、雑貨商、陶磁器業、内科医
【二黒土星の仕事運】努力と忍耐力は人一倍あるので、幅広い職業で活躍できます。対人関係では細やかな配慮と面倒見のよさで、事業的にもプラスに作用します。中心的な存在より補佐役の方が生き方に合っているようです。ただし、環境的な条件が整えば別です。全般的に辛抱強さがあるので、成功の可能性は高いでしょう。何事にも無理をしない生き方には安定感があります。損失防止にもつながっています。温厚な人柄は認められ評価されるでしょう。根は働き者のタイプなので、忙しいほど本領を発揮できるでしょう。

3pekimokusei 三碧木星:電気関係、放送・音楽関係、広告・宣伝、アナウンサー、楽器店、青果商
【三碧木星の仕事運】性格的に几帳面であり簡単には妥協できません。満足できる結果までは頑張るタイプです。人と協力するより単独行動で成功するでしょう。ただし、役割分担ができていれば、この限りではありません。直感力と行動力を発揮できる分野にも適性があります。技術を身につけて活躍する人も少なくありません。生来の気前のよさが業務上で、プラスにもマイナスにも作用するでしょう。対人関係では明るい雰囲気が認められるでしょう。豊かな発想力をビジネスチャンスに発揮しましょう。

4rokumokusei 四緑木星:建築関係、運輸関係、貿易、商社、旅行業、ガイド、仲介業、通販、呉服
【四緑木星の仕事運】円満な社交性を発揮することで、引き立てやビジネスチャンスに恵まれます。進むべき方向性を見極め、辛抱することが成功の秘訣です。短期間で成果や満足できる結果を期待することは無理が生じます。何事も長期的に考えることが基本です。職業的には組織に属すことも問題なく、独立しても発展できるでしょう。ただし、軌道に乗るまでは時間を要しますから、信念をもって取り組みたいものです。逆境の時には臨機応変に対応しましょう。信用と実績は必ず開花しますから、希望をもって努力しましょう。

5oudosei 五黄土星:農業、不動産関係、政治家、評論家、サラ金、相場師、古物商、清掃業
【五黄土星の仕事運】職業的な適応範囲は広く、一途に努力するタイプですから、成功の可能性は高いでしょう。あまり変化のある仕事は向かないようです。ただし、単調過ぎてもあきてしまいます。いずれにしてもリーダー的な存在になるでしょう。専門的な技術を身につけるのも良いでしょう。あまり派手な職業より地味で堅実的な方が、自分の生き方に合っているはずです。何事も強い信念で継続する姿勢が安定させるポイントです。幅広い環境に適応する能力を秘めています。対人関係を充実させることで、新しいビジネスチャンスが生まれます。

6pakukinsei 六白金星:貴金属関係、官庁関係、貴金属業、スポーツ関係、自動車・航空関係、大企業
【六白金星の仕事運】人を指導する役割や管理する職業に適性があります。プライドがあるので自分の好きな分野を見極めることが大切です。自由業で独立することも可能です。組織に属す場合はリーダーシップを発揮できることが条件です。合理的思考と先見性を身につけることで本領を発揮できます。特殊な技術にも適性があるので、前向きにチャレンジしましょう。やりがいのある重要なポストを任せられると全力で取り組みます。逆に持ち味が活かされないと気力が低下します。生得的な責任感の強さが事業にプラスに作用しています。

7sekikinsei 七赤金星:金融関係、食品関係、レジャー産業、芸能人、喫茶店、銀行員、歯科医、芸能
【七赤金星の仕事運】職業的には柔軟性があるので、適応範囲は比較的に広いでしょう。器用さと冷静さを発揮できる職業を見極めましょう。ただし、自分の好きな事柄でなければ、長続きは難しいでしょう。対人関係の引き立ては素直に受けましょう。サービス業や細やかな配慮が活かせる分野にも適性があります。進むべき方向性が決まれば、情熱的ですから成功の可能性も高くなります。平凡な繰り返しより変化のある職種がよいでしょう。事業面には先見性が要求されます。特殊な技術力を身につけ独立する人も少なくありません。

8hakudosei 八白土星:サービス業、不動産関係、ホテル業、僧侶、貸しビル業、建築業、鉄道
【八白土星の仕事運】基本的に組織に属しても独立しても問題ありません。生得的な信念の強さを発揮できれば、努力相応の成功も夢ではないでしょう。人により転職を何度か経験することもあるようです。過去の経験は決して無駄にはなりません。環境は変化しても情熱はもち続けたいものです。逆に変化の少ない単調な仕事は、性格的に向かないでしょう。特殊な技術を身につけ、幅広い分野で活躍する人も少なくありません。対人関係の充実がビジネスチャンスにつながります。信頼に厚い人柄は事業面にもプラスになっています。

9sikasei 九紫火星:出版関係、教育関係、ファッション業、化粧品、教育関係、裁判官、メディア
【九紫火星の仕事運】美的感覚、表現力、創作力の豊かな感性に恵まれています。性格的な楽天性を仕事面に活かしましょう。プライドが傷つかず変化のある職種に適性があります。たえず新しい事柄に心が動く部分を秘めています。行動パターンも広いので、チャンスにも縁があるでしょう。常に独善性を控え客観的に思考することで、引き立てを受けられます。能力的にも恵まれているので、徐々に基礎を固めましょう。頭の回転の早さと理解力をビジネスに発揮しましょう。

※日頃、人気のある九星気学での鑑定依頼内容で、どのような観点から鑑定し、アドバイスしているかの一端を紹介ています。音譜

以上の内容は最初のほんの一部です。

9seinohosibosi 仕事運、適職適性、転職、転職の時期などについて、考えたり、準備していこうと思っておられる方は九星気学や四柱推命でご本人の適職、運勢をしっかり見ていくことをお薦めします。グッド!

鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナー をご覧下さい。ニコニコ

開運の道筋をしっかりアドバイスいたします。アップ

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

Kigakuwakusei1_2 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

2010年10月27日 (水)

名古屋三越「横浜・中華街展」での開運鑑定会のご案内

 2010年11月3日(水)~11月8日(月)の6日間、深川宝琉による11月の運勢鑑定会が、名古屋三越栄店7階催物会場で行われます。音譜

 スケジュールは次の通りになっています。!!

2010年11月3日(水)~11月8日(月) 

名古屋三越栄店7階催物会場「横浜・中華街展」で鑑定会
「横浜・中華街展」の営業時間は午前10時~午後8時 

※最終日は午後6時閉場

Img_2461_4 名古屋三越栄店

住所:名古屋市中区栄3-5-1
代表TEL:052-252-1111

 愛知県内外の方々でご関心のおありの方はお気軽にご来店ください。

 場所や駐車場マップは名古屋栄三越のホームページマップ情報をご覧下さい。

 誠心誠意、鑑定してまいります。

 四柱推命、九星気学、手相、家相、紫微斗推命、天源占い、27宿曜占術などで総合的に鑑定していきます。

 占ってもらいたい方の名前、生年月日、どんなことを尋ねたいかを事前にご連絡していただけると鑑定がスムーズにできます。私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 トップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」から書き込んでご連絡下さい。アップ

2010年10月25日 (月)

九星気学の各星の特性 「金運」編

【九星気学の各星の金運】

Kigakuwakusei  実際の鑑定では、金銭感覚、財産の築き方を中心に説明します。豊かな人生を送るためには、金銭的な事柄は重要なポイントです。金銭運の傾向を事前に知り、効率よく金銭管理を心掛けましょう。音譜

  地道に築く金銭に縁のある人は、一攫千金を夢見ても実現は難しいでしょう。なぜならば自分本来の生き方に合っていないからです。要するに他力本願よりも自力で築く金銭運だからです。!!

  目先の利益で動くことなく、未来を見据えて行動したいものです。

 その人の本命星(生まれた年の九星)、月命星(生まれ月の九星)、傾斜(その人の究極的本質)の順で金運を見極めていきましょう。グッド!

【九星の金運の特質】
一白水星:流動的な星
二黒土星:従順的な星
三碧木星:合理的な星
四緑木星:信用重視の星
五黄土星:財産相続の星
六白金星:事業不動産の星
七赤金星:金融の星
八白土星:相続不動産の星
九紫火星:活動的な星

一白水星(金運→流動的な星):金運的には少し波があるようです。個人差はありますが時間の経過とともに、安定する方向性に進むでしょう。人から好感を持たれる特徴を活かすことで、金運のチャンスに恵まれます。堅実なので大きな損失には至りません。相続に関しては損失のないように対応しましょう。地道なお金に縁があるので、一攫千金は望めないようです。常に節約体制が基本になります。

二黒土星(金運→従順的な星):金運的には比較的に強い方に入ります。地道に堅実な方法で築く、お金に縁があります。逆に一攫千金の甘い夢は叶わないでしょう。忍耐力があるので環境に適応しながら、徐々に蓄財できるでしょう。安定した金銭感覚が人生にプラスに作用しています。対人関係では面倒見のよさや人徳で、困難にも救いがあるでしょう。

三碧木星:(金運→合理的な星):金銭運的には良好な方に入ります。先見性やアイディアが豊かなので、金運強化につながるでしょう。常に新鮮な事柄にひかれる特徴があります。趣味や好きな事柄にはお金をつぎ込む傾向があるようです。衝動買いや無駄使いに注意することで金運は安定します。一攫千金を求める気持ちが強いですが、バランスを心掛けましょう。

四緑木星(金運→信用重視の星):金運的には大体安定しています。争いを好まない円満な人柄が信用と信頼に結びつき金運アップにつながっています。気迷いが生じても慎重さの証拠ですから、気にする必要はありません。一攫千金的な事柄には縁がないようです。自分のペースが乱されると金銭的な損失が考えられます。意思決定はハッキリと誤解のないように注意しましょう。人により相続で恩恵が受けられます。

五黄土星(金運→財産相続の星):金運的には大体安定しています。争いを好まない円満な人柄が、信用と信頼に結びつき金運アップにつながっています。気迷いが生じても慎重さの証拠ですから、気にする必要はありません。一攫千金的な事柄には縁がないようです。自分のペースが乱されると金銭的な損失が考えられます。意思決定はハッキリと誤解のないように注意しましょう。人により相続で恩恵が受けられます。

六白金星(金運→事業不動産の星):金運的には良好であり金銭感覚的にも問題ありません。ただし、気力を失うと回復に時間がかかるようです。金銭運用の能力に優れているので、努力次第で金運のチャンスを掴むことができます。一攫千金的な事柄は望めないようです。先天的に物質運には恵まれているので、焦らずに行動したいものです。自分なりの方法で着実に金運を安定させる努力をしましょう。

七赤金星(金運→金融の星):金銭的には少し波がありますが、生涯を通じて金銭に縁のある生まれです。全般的には許容範囲といえるでしょう。行動力があるので出費しても、自然にお金が入ってきます。趣味が実益を兼ねることもあるでしょう。できれば気分に支配されず、一貫した金銭感覚が理想といえるでしょう。忍耐力が基本になりますが、心掛け次第で着実に財産を築けます。

八白土星(金運→相続不動産の星):金銭感覚的にはバランスがとれています。不動産や相続の暗示も含まれているので、努力次第で拡大させることは可能でしょう。個人差はありますが無駄な出費や損失を嫌う生まれであり、合理性を秘めています。生涯を通じて金運的に恵まれる人が少なくありません。ただし、独善性に偏ると金運は逃げてしまいます。人間的な信頼性を基盤に資産を築きたいものです。

九紫火星(金運→活動的な星):お金を運用する生得的才能を秘めています。性格的に楽天性があるので、衝動買いなどには注意したいものです。頭の回転の早さを駆使して、客観性と情報収集を心掛けましょう。研究心もプラスに作用しています。努力相応の金運には恵まれますが、虚飾的に偏ると本来の順調な金銭運を活かすことができません。決断を焦らずに蓄財に努力しましょう。

※日頃、人気のある九星気学での鑑定依頼内容で、どのような基礎的な観点から鑑定し、アドバイスしているか、の一端を紹介しています。音譜

 これから引っ越しを予定されている方、ご家族の共通の吉方、引っ越しの吉日祐気取り(お水取り)で開運したい方、様々な悩みや問題に九星気学でお答えします。!!

 鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」の「九星気学」コーナーをご覧下さい。

 開運の道筋をしっかりアドバイスいたします。

 鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナー をご覧下さい。

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

2010年10月24日 (日)

九星気学の各星の特性 「本質的性格」編

【九星気学での各星の本質的性格】

Kigakuwakusei   九星気学の各星から見た性格の中枢部分を中心に説明します。

 生まれ持った性格を根底にした生き方や人生観も含まれています。

 本質的性格は月命星で見ます。本命星が人生の最終目的を示唆するのに対し、月命星は初年期から中年期までの運勢を示すとされます。

Koutenjouiban  未来の運命に大きな影響を与えるのが、月命星による、この本質的性格になります。

  本質的性格は内面的、中心的な位置づけでとらえていますが、別の言い方をすれば潜在的性格といえるでしょう。

 自分の長所、短所を把握して行動することが、安定した生き方につながります。他人の性格を知ることも複雑な人間社会では必要なことです。

 月命星の出し方は法則性がありますが、ここでは説明が長くなりすぎますので、省略します。

【月命星の九星の特質】

一白水星:落ち着き、冷静、忍耐(自己主張タイプ)

二黒土星:手堅い、地道、辛抱(自我タイプ)

三碧木星:機敏、スピーディ-(繊細タイプ)

四緑木星:寛大、信用(気分屋タイプ)

五黄土星:強さ、自信(直情タイプ)

六白金星:プライド(心配症タイプ)

七赤金星:社交性、悦び、素直(頑なタイプ)

八白土星:誠実、努力(依頼心タイプ)

九紫火星:情熱的、信念、先見性(神経質タイプ)

9seinoimi ※日頃、人気のある九星気学での鑑定依頼内容で、どのような観点から鑑定し、アドバイスしているかの一端を紹介しています。

右の図表は深川宝琉がオリジナル作成した九星の意味を簡潔に示した内容です。

 これから引っ越しを予定されている方、ご家族の共通の吉方、引っ越しの吉日、祐気取り(お水取り)で開運したい方、様々な悩みや問題に九星気学でお答えします。

鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナーをご覧下さい。

開運の道筋をしっかりアドバイスいたします。アップ

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。アップ

九星気学の各星の特性 「基本的性格」編

 これから、私がネット上で行っている九星気学鑑定の基本部分を説明していきます。音譜

 人はそれぞれの悩みや課題があり、様々な困難にぶつかった時、どう対処すればよいかを考えあぐねるものです。

 九星気学は、そんな時に大局的に判断する上で役立つ占術の一つです。ビックリマーク

【各星の基本的性格の見方】

Honmeiseihayamihyou_4  実際の鑑定では、基本的性格はその人の本命星で見ます(本命星の早見表を右の通り、表示しておきました)。

 だれもが共通して持っている性格を中心に端的に説明します。

 日頃、人気のある九星気学での鑑定依頼内容で、どのような観点から鑑定し、アドバイスしているかの最初の一端を紹介します。グッド!

 個人特有の考え方の偏りや特徴も含まれています。自分が性格を自覚している、していないに関わらず、他人が客観的に感じている性格(人柄)も入っています。音譜

 基本的性格は外面的、表面的な位置づけでとらえていますが、別の言い方をすれば顕在的性格といえるでしょう。

【本命星の九星の特質】

一白水星:落ち着き、冷静、忍耐(自己主張タイプ)

二黒土星:手堅い、地道、辛抱(自我タイプ)

三碧木星:機敏、スピーディ-(繊細タイプ)

四緑木星:寛大、信用(気分屋タイプ)

五黄土星:強さ、自信(直情タイプ)

六白金星:プライド(心配症タイプ)

七赤金星:社交性、悦び、素直(頑なタイプ)

八白土星:誠実、努力(依頼心タイプ)

九紫火星:情熱的、信念、先見性(神経質タイプ)

 以上の内容は鑑定の基礎となる最初の触りの部分です。

 これから引っ越しを予定されている方、ご家族の共通の吉方、引っ越しの吉日祐気取り(お水取り)で開運したい方、様々な悩みや問題に九星気学でお答えします。!!

 鑑定を受けてみたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「九星気学風水」コーナー をご覧下さい。

 開運の道筋をしっかりアドバイスいたします。アップ

 また、本ブログでは、、九星気学で見る2010年(平成22年)の運勢一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で本ブログ で紹介しています。

 九星気学でみる2011年(平成23年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています!!

 さらに九星気学で見る2012年(平成24年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

 ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

2010年10月19日 (火)

月刊誌「MISTY(ミスティ)」最新号に「易経の智恵」書評掲載

Misty201011gatugou  実業之日本社が出版する月刊誌の自己啓発マガジン「MISTY(ミスティ)」最新号(2010年11月号)に深川宝琉が編集協力した「易経の智恵」(コスモトゥーワン)の書評が掲載されました。音譜

 「占いを勉強中の人に! 先生直伝 占い参考書ガイド」の特集欄で有名な占術家の先生たち7人が自分が推薦する占い参考書としてそれぞれ一冊ずつ紹介されています。!!


 「易経の智恵」を推薦して下さったのは、田宮規雄先生。「わかりやすいのに内容充実の名著」が推薦タイトルです。グッド!

Ekikyounochieshoukai  田宮先生の推薦文は一部ですが、紹介しておきます。ニコニコ

 「周易の本は数多く出ているが、一冊だけ推すとしたら、この本を挙げる。難解すぎたり、簡略化された本が多い中で、本書は平易でありながらも格調の高さを保っている。(中略)読者は易のシンクロニシティの高さに、驚かされるに違いない。」


Misty201011gatugouekikyounochie  田宮先生、最高の讃辞とご推薦、ありがとうございました。クラッカー

 「易経の智恵」はここ半年、全国紙(読売、毎日、産経など)で大きく広告掲載されたり、ブロック紙(西日本新聞など)や地方紙でも1面下や3面、読書面の下の広告が大きく掲載されています。目

 ご興味、ご関心がある方は全国の書店のほか、Amazonコスモトゥーワンでご購入ください。アップ

2010年10月17日 (日)

坂本龍馬の息づかいが聞こえる広島県福山・鞆の浦の「いろは丸展示館」

1p1010047 広島県福山市の鞆(とも)の浦にある「いろは丸展示館」。!!

そこには坂本龍馬が自分の乗ったいろは丸が紀州藩の船から衝突されて沈没後、どのように交渉し、苦労の末に紀州藩から賠償金を勝ち取ったかが紹介されています。音譜

ちょうど、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で10月17日放送の内容がこの部分でした。チョキ

Img_1864 今年7月、鞆の浦を訪れて、「いろは丸展示館」の内部や鞆の浦の風景を動画撮影しましたので、紹介してみました。ニコニコ

いろは丸展示館は、交渉のために隠れ住んだ廻船問屋の室内をよみがえらせ、沈没した時の状況などを克明に展示。龍馬の書いた手紙についての批評も面白いですね。

海援隊が、当時、欧米の事情に通じ、英語の啓蒙本やドラマに登場する万国広法などで隊員を教育していた姿も展示物からしっかり浮かび上がってきます。

1p1010069鞆の浦は瀬戸内きっての港町。

散策すると、由緒ある旧所名跡、昔ながらの町並みが数多く残っていて、タイムスリップしたような感覚になります。

潮待ち、風待ちの港として栄え、大伴旅人遣新羅使らが鞆の浦を詠んだ歌を万葉集に8首も残していて、いにしえから、往来の人々の心を惹きつけました。

P1010111 とにかく寺院も多いですね。

中世になると、文化交流の拠点になり、備後安国寺がここに定められたり、足利尊氏・義昭も訪れています。

近世になると、全国の廻船(商船)が港に出入りし、町には商家が軒を連ね、町人文化が花開きます。

そして、幕末、坂本龍馬や三条実美ら七卿が鞆の浦を訪れています。

P1010116 朝鮮通信使(11往復して寄港・宿泊)、頼山陽をはじめとする多くの文人墨客も訪れ、ここの風景を絶賛しています。

坂本龍馬の場合は、いろは丸沈没という深刻な事情を抱え、悠長にはしていられなかったはずです。龍馬暗殺の半年前に起きた事故ですから。

慶応3年(1867)4月、伊予大洲藩から借り受けた西洋式の蒸気船「いろは丸」に乗って長崎から大坂に物資を運ぶ途中、紀州藩の蒸気船「明光丸」に横から衝突されたのでした。

Img_1848 損害賠償の交渉を鞆の浦で行いましたが、交渉は決裂。舞台を長崎に移して再交渉を行い、龍馬側が賠償金を受け取ることでようやく決着しました。

鞆の浦で論戦が激しく展開されていたころ、龍馬は紀州藩による暗殺の危険から逃れるため、枡屋の隠し部屋に潜んでいました。

いまも、その隠し部屋は残されていますが、一般人は入れません。

P1010096 ですので、いろは丸展示館にその内部を再現しています。

鞆の浦には龍馬談判の町家である旧魚屋萬蔵宅いろは丸事件談判跡などが残っています。

ここは宮崎駿監督作「崖の上のポニョ」の舞台となった場所でもあります。

1p1010076 朝鮮通信使のための迎賓館の役割を果たしていた対潮楼(たいちょうろう)。ここからは瀬戸内海に浮かぶ弁天島仙酔島が見えて良い眺めです。

JR福山駅から南へ14キロ。興味がある方は日本で最初に国立公園の一つとして指定された瀬戸内海国立公園を代表する景勝地を訪れてみてはいかがでしょうか。ニコニコ

2010年10月16日 (土)

太陽星 紫微斗推命の14主星の一つ 中天星 比干(ひかん)

Hikan01  紫微斗推命(しびとすいめい)の基礎となる星の説明や中国での、その星のイメージなどについて徐々に紹介していきます。

今回は紫微斗推命で14主星となっている紫微星(しびせい)、天機星(てんきせい)に続き、太陽星(たいようせい)の紹介をしていきます。音譜

 紫微斗推命の14主星の一つである太陽星は、実在の人物・比干(ひかん)を表しています。殷(いん)の紂王(ちゅうおう)の父方の叔父。名は比で干の国に封じられたので比干(ひかん)と呼ばれています。

Hikan02 殷の国王である紂王(ちゅうおう)は、妾の妲己(だっき)によって精気を奪われ正気をなくしてました。妲己が現れる前は、紂王も良き王だったので、優れた重臣も数多くいました。

 父方の叔父である将軍・比干(ひかん)もその一人。堕落した紂王に心を痛めていました。紂王が暴政を行い、周の西伯昌(後の文王)の勢力が増大。周の文王が死去し、(後の武王)が立つと周の勢力は更に増大し、殷の他の臣下たちは逃げ出してしまいました。

 しかし、比干は「臣下たる者は命をかけて諫言しなければならない」と紂王に対して諫言。妲己にそそのかされて精気を失っている紂王は聞く耳を持ちません。

Hikan004 紂王は逆に激怒し、「古来、聖人の心臓には七竅(しちきょう=7つの穴)があるそうだな。叔父上(比干)、聖人ぶった事を言うあなたの心臓にも穴があいているのであろう。調べてやる」と言って、比干の胸を切り裂いて比干を殺害しました。

 封神演義では、この部分をデフォルメし、比干が自分の忠誠心を見せるため、自分の心臓を取り出して捧げた、と表現しています。たとえ悪王であっても自分の主君は絶対に裏切ることはできないという信念があったのです。この比干が天界にのぼって太陽星となりました。

Hikan08   その後、紂王は周の武王に討たれ、殷は滅亡。武王は比干の墓に厚く土盛をして比干に哀悼の念を捧げました。武王が比干の忠烈を称え、比干の子の堅(難を逃れた比干の妻が出産時、竹林の石室で長男を出産)に「林」という姓を与えたことで比干は林姓の始祖となりました。河南省衛輝市には比干廟(西暦494年建立)があり、比干の生誕日には盛大な祭祀が現在も行われています。

 比干が中国「林」家の先祖なのです。これは日本の林家とも多かれ少なかれ、何かとつながりがある部分と思われます。

 堕落した王に対しても命がけで臣下として諫言する比干(BC.1092~BC.1029)は箕子(きし)・微子とともに「殷の三仁」と呼ばれています。享年63歳。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

Fuusinengi  比干のことを紫微斗推命では太陽星と言います。

 まさに堂々と王に諫言する「太陽」のイメージであり、強い信念と確固たる正義感に燃えていますので、自分の上司、皇帝が道を外れる行為をすれば、遠慮容赦なく諫言します。皇太子のイメージのある紫微星に比べ、国政を担う宰相のような立場。父性のシンボルです。

Hikan03  義理人情に厚く、慈悲心があるので困った人がいると黙って見過ごせない性格。将軍でしたので、身体は屈強で武術にも優れていました。現代でいえば、決断力と忠誠心にあふれる武闘派のスポーツマンタイプということになります。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 紫微斗推命では太陽星の長所、短所をふまえながら、各宮に太陽星が入った時、どのような特性があるかを示しながら、その人の特性や心の内面を見ていきます。

 中国では「占いの帝王」と言われるのが四柱推命。「占いの女王」と評価されるのが紫微斗推命です。

64pic_shibi  四柱推命が太陽の動きで命式を精密に分析しながら、その人の対社会的な能力を見る上で優れた占術であるのに対し、紫微斗推命は月の動きで命盤を作成し、その人の深層心理から潜在的な能力や運勢を見ていく優れた占術です。

 紫微斗推命に関心がある方、紫微斗推命の鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 にある紫微斗推命のコーナー を見に来て下さい。開運のきっかけになると思います。アップ