フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

恭喜発財!春節(旧正月)明けましておめでとうございます!

Taiwanshunjie_3  今日(2012年1月23日)は春節。 

 旧正月の元旦です。

 恭喜発財(コンヘイファッチョイ=広東語の発音)!

 明けましておめでとうござます。

 中国や韓国では西暦1月1日ではなく、旧正月を盛大に祝います。

 太陰歴での1月1日。つまり、月の動きで見た正月です。

 中国では旧暦を農暦と表現し、まさに、農業を行う時、この暦を使って農作業を行うのです。

 天地万物の正確な動きは旧暦の方が参考になります。

Duannianfan002_2  大晦日から正月にかけて、中国では家族が食卓を囲んでおせち料理のような食べ物を食べる「団年飯」という習慣があります。

 最近は、ホテルのレストランで高級な団年飯を食べるのがブームになってきていて、世界第二の経済大国になった中国の富裕ぶりが目につくようになりました。

 一方で、この時期、中国では寒波が襲っていて、中国の東北地方は零下30度まで気温が下がる場所もあります。

Shunjieqiwen_2  南部の広東省広州や深セン(土ヘンに川)でも摂氏6度~7度。寒いですね。

 台湾では、台北市内の龍山寺で一年の平安を願う大きなランタンが飾られ、花火が上がりました。

 非常に美しく、春節らしい風景といえるでしょう。

 今年が平安で良い年であることを心から祈念いたします。

 一年の計は元旦にあり。!!

 これからが本当の今年(2012年)の運勢となっていきます。グッド!

 今年の運勢が、一体どうなっていくのか。目

Daikisshou  2012年(平成24年)の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ

 生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

 とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2012年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。

 「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ

Tenchijinlong2012

2012年1月20日 (金)

一年の計は元旦(旧正月)にあり 今年の春節は1月23日

 古来、中国では、旧正月(春節)を一年の最初の日(元旦)として祝いました。音譜

 戦後、中国が西洋化され、太陽暦を導入しても、この習慣だけは変わりません。

Shunun  今年の旧正月は1月23日!!

 この前後は中国人は自分の故郷に帰省するため、ゲルマン民族の大移動ではないですが、凄まじい移動を行い、これを「春運」と呼びます。鉄道はどこも満席。飛行機も。バスも船も。

 だから、移動は大変です。叫び

 そして、旧暦の大晦日、日本で恒例となっているNHK紅白歌合戦のようなイベントがテレビ局で行われ、すごい視聴率です。

Shunjie  私も中国に滞在していたころはよく見ていました。

 旧正月が過ぎても、長距離バスでは、この番組が流れ、みんな笑い転げながら見ています。

 これが中国の風景なのです。ニコニコ

 運命学の立場では2月4日の立春からが新しい年の運勢。

 

Tatudosi  中国や台湾、韓国では旧正月からが新たな一年のスタート。

 一年の計は元旦にあり。!!

 これからが本当の今年(2012年)の運勢となっていきます。グッド!

 今年の運勢が、一体どうなっていくのか。目

Daikisshou  2012年(平成24年)の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ

 生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

 とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2012年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。

 「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ


2012年1月19日 (木)

札幌三越「横浜・中華街展」での開運鑑定会のご案内

 1月17日から23日までの一週間、札幌三越「第12回横浜・中華街展」が開催されています。

Sapporomitukosi001  横浜・中華街展での開運鑑定会は、ここ18年間、続けていますが、今回の札幌三越では、私の弟子の一人、泉水悠歩(いずみゆうほ)さんが四柱推命や気学、姓名判断を中心に鑑定を行うブースを設けて出展しています。

 場所は札幌三越本館10階催事場です。紫薇斗推命を鑑定している鈴木玄海氏の隣で行っていますので、札幌周辺でご関心のある方々は、ぜひ、ご来店ください。

【札幌三越】
住所・電話番号札幌市中央区南1条西3丁目8
TEL. 011(271)3311

第12回横浜・中華街展
札幌三越本館10階催事場

■1月17日(火)~23日(月) 最終日1月23日(月)は午後6時にて閉場 
■本館10階催事場

※札幌三越での開運鑑定会で、鑑定を申し込みたい方は札幌三越本館10階催事場の鑑定ブースに行き、鑑定受付カウンターで「泉水悠歩(いずみゆうほ)」を指名してお申し込み下さい。大変混み合うことがありますが、泉水悠歩さんは、しっかりとそれぞれの課題や悩みに誠心誠意、アドバイスしてくれます。2011年の運勢をしっかり知ることができる絶好の機会。ぜひ、直接対面鑑定の喜びを実感して下さい。

2012年1月14日 (土)

台湾総統選挙で馬英九氏再選 私が的中させた根拠

Taiwanelection2012kekka  きょう、台湾の今後4年の命運を決める台湾総統選挙と立法委員選挙が投開票されています。
 私は昨日、馬英九氏が辛勝すると断言予想しました。

 このブログにその理由も書いてあります。
 開票の動きを見ると、予想通りに動いています。
  日本のメディアも、台湾のメディアも大接戦を祭りごとのように扱い、どちらが勝つか予想すらしない。
 できない。
 予想に責任が持てないから。
 これまで台湾の選挙は毎回、現場に訪れて間近で見てきました。
 現場で見れば見るほど、どちらが勝つか、分からなくなるものです。
Taiwanelection2012_3  でも、現場から離れて、過去の全ての動きを見ながら大局的見地に冷静に立ってみると、悟れるのです。
 馬英九氏が辛勝する理由は前回のブログで書きました。
 私自身は風水師であり、国運に関しては、その運勢を見ます。
 選挙予想を明確に断じるのは、非常に難しいことです。
 が、一般の占い師のように個人の運勢だけを見るのではなく、国運を見るには、それだけの経験と判断力が必要です。
 台湾については、私は心から台湾が好きであり、香港、中国の良さ悪さも身にしみて体験してきました。
 台湾の悪いところも、見てきました。
Lidengjicaiyingwen_2  負けた蔡英文氏は、初戦としてはよく健闘した方です。
 選挙前日、大腸ガンの術後経過間もない李登輝元総統が、蔡英文氏の応援のために壇上に上がって激励の辞を述べた時、どれほど、涙を誘ったか。
 天はそれを記憶するでしょう。
 私は国民党支持者でも、民進党支持者でも、親民党支持者でもありません。
 日本と命運が連結する台湾の将来を憂える日本人の一人に過ぎません。
 巨人・中国に小さな島国・台湾が呑み込まれるのか、どうか。
 今後の台湾指導者の動きは非常に気になります。

2012年1月13日 (金)

台湾総統選挙は馬英九氏が辛勝再選

 明日(1月14日)、台湾では、台湾総統選挙立法委員(国会議員)選挙のダブル選挙があります。音譜

Taiwanelection2012 私の予想では、馬英九総統が辛勝します。叫び

 立法委員選挙は与党・国民党が議席を大幅に減らしますが第一党を保持。目

 激戦の場合、台湾は与党が有利です。!!

 選挙情報も政府としての力を使って操作できるのが与党。

 2000年の総統選で同じ構図でしたが、二の足は踏みません。学習していますから。

 正確かつ広範な情報量で圧倒的に有利なのです。

 残念ながら野党の蔡英文候補は再挑戦。

Mayingju 台湾で女性総統の誕生には、なお時間がかかります。 パー

 私自身は与党・国民党支持者でも、野党・民進党支持者でも、親民党支持者でもありません。

 台湾の将来を憂いている日本人の一人です。

 与野党のそれぞれの良さ、悪さ、台湾に何百回も訪れて身にしみているところです。

 現在は、与党・国民党が、いろいろあっても、若干、有利ですが、驕ると、政権を再び失いかねません。

 不利な民進党は、李登輝元総統という精神的な強力バックアップがあります。

Lidengjicaiyingwen 手相がマスカケ線で、客家(はっか)の血が流れ、哲人政治家である李登輝元総統は個人的には非常に敬服しています。民進党の蔡英文党主席も東洋のユダヤ人と言われる客家人です。

 今回の選挙は、中国人も非常に高い関心を持って見ています。中国人観光客が2008年夏以来、台湾にどっと押し寄せ、お金をばらまいていますが、一党独裁の中国では考えられない民主的な選挙を現場で見て、新鮮な感動を覚えているようです。

 選挙の投票結果は明日(1月14日)日本時間の午後11時ぐらいには大半が判明するでしょう。総統選で勝利する方は700万票を取れないかも。

 まあ、政府の情報網をフルに使った与党・国民党の正確なリサーチならば、大方の予想は分かっていることでしょう。でも、決して、その情報は一般には流れません。!!

2012年1月 7日 (土)

深川宝琉による占いスクール「宝琉館」開校のお知らせ

 占いの基本は命(めい)、相(そう)、卜(ぼく)。運命学の根幹です。グッド!

Houryuudragon  長年にわたり、香港、中国、台湾を巡り、日本各地の有名デパートで8万人以上を鑑定した深川宝琉が、この度、福岡市内で中国の運命学の基礎である命、相、卜を教える占いスクール「宝琉館」を開校する運びとなりました。クラッカー

 初回講座は20名限定です。

Houryukanmap  福岡市内で通学可能な方のみの募集となります。

 定員が埋まり次第、締め切らせていただきます。

 宝琉館は平日の午前10時~午後3時開館。定期的に講座を開きます。

 詳細は随時紹介していきますが、中国本場の易学を学びたい志の高い方々は専用申し込みフォーム からお申し込み下さい。
※ご氏名、Eメールアドレス、メッセージは、ご記入必須項目です。
1回に選択、送信できる「占術コース」は3つまでです。
4つ以上の場合は、お手数ですが2回に分けてお願いします。

運命学スクール「宝琉館」 館長・深川宝琉
福岡市中央区笹丘1-11-13 笹丘平和ビル1階
電話092-720-7202 FAX092-406-4264

ホームページ「天地人の運勢鑑定」

※ビルにはコインパーキングが完備してあります。油山観光道路沿い、ダイエー笹丘店の近く。西鉄「笹丘1丁目」バス停徒歩1分。

2012年1月 1日 (日)

2012年(平成24年)は壬辰(みずのえ・たつ)年  干支と気学で読み解く今年の運勢

Newyear2012

 明けましておめでとうございます。

 2012年(平成24年)は壬辰(みずのえ・たつ)の年。九星気学で見ると六白金星中宮(六白金星が真ん中の部屋に来る)の年です。

Taiwanup2010 正確には2012年の立春である2月4日19時23分からが2012年の運勢となります。

 旧暦(太陰暦=月の動きで作られた暦、農暦とも言う)で見ると、2012年は1月23日が旧正月。中国や韓国は旧正月を新年として祝う習慣が続いています。

 この時期から壬辰の年回りが訪れます。

 干支(えと)から、今年の運勢がどうなっているかを見ていきましょう。

 まず、壬辰の「壬(みずのえ)」。

 壬(みずのえ)とは水(みず)の兄(え)という意味(五行の水でも陽水)です。

Taiwan2012 具体的なイメージとしては大河・海・湖・泥水を意味します。

 壬の意味は次の三つです。

①問題を孕む・引っ提げる(重い物を持つ、妊婦、妊娠)

②担う・事に当たる(壬人には任人と妊人がいる)上がいなくなると下からどんどん人が湧き出てくる状態

③へつらう

 『礼緯斗威儀』には「壬は任(はらむ)であり、陰気が、陽気を任(はら)んで、規則正しく、物を萌芽させることである」と説明されています。

 また、『鄭玄』には「ある時、万物を閉じ蔵(おさ)めて、下ではらみ、規則正しく芽ばえることである」と解説されています。

 「窮通宝鑑」には「水は方円の器に従い、水は上から下に流れる。水は常に動いてやまないものなので自然の流れを尊び、止水する土を嫌う。己は己土濁壬となり、水が濁る」との説明もあります。

 つまり、以下の意味があるのです。

◆優雅に流れる河の水

◆湾曲があれば蛇行し穴があれば潜る臨機応変な処理能力が豊か

◆求めるのは勝負の勝ち

◆自分の考えがしっかりしていながら環境に合わせて生き方を変化させるのが得意

 では次に辰の意味です。

 説文解字では「辰は震なり」と説明されています。

 具体的には次の2つの意味があるのです。

①振動・騒がしい(ただ騒がしくて中身なし)

②災難(まかり間違うと災難に陥る)

 辰の語源は奮(ふん)です。

China2012  力を込めて勇み立つ意味があり、気合いを込めて立ち上がるということ。鳥が飛び立とうとして力を込めて羽ばたくイメージです。

 ですから、壬辰の意味としては、問題を孕む時となり、騒ぎまくる割に内容がない時となります。そして、まかり間違えば、昨年同様の災難に陥るという意味です。

 今年は辰年ですが、ここまでの説明では本来、龍とは関わりのないものであることがお分かりでしょう。

 しかし、十二支の中で唯一、空想上の動物である龍を干支の一つにしているには、中国ならではの工夫が凝らされているとも言えます。

 中国では、龍は本来、皇帝、指導者の象徴です。

 龍も、最初から巨龍だったわけでなく、小さな龍が段々と訓練を受け、成長して巨龍になっていくのです。成長段階で足を踏み外せば、巨龍になるはずの小龍も途中で挫折し、巨龍になる前に消えて亡くなる。

Hongkong2012  龍が昇る「登龍」の場所は英雄が輩出する特定の場所「明堂」。鯉や蛇が暗陰な水の中で潜伏しながら時期を見て龍になって昇天する。

 では、どうすれば、小龍が昇龍となり、巨龍となって全宇宙を支配できるだけの指導者になれるか。

 そのすべての核心が易経に凝縮されています。

 易経64卦の最初の卦は乾為天(けんいてん)

 乾為天の内容はすべて龍の成長と挫折を表しているものです。

 これは帝王学の核心中の核心と言えるでしょう。

Dragon001  乾為天の卦象の解説をしてみると、万事に前向きに高い目標をもって人生を切り開いていく時ということになります。

 超多忙な時でやる気があっても傲慢になりすぎると、他人の心を傷つけ危機をもたらす。上りすぎた龍のようにおごらず、周囲の意見を聞く余裕を持ち、気を引き締めて進む時という意味です。

 しかも、乾為天は初爻(しょこう)から上爻(じょうこう)まで6段階あり、その段階ごとに龍が成長する中でなすべき戒め、注意点、重要ポイントがすべて紹介されています。以下は各爻での易経の簡単な解説です。

 【初爻(しょこう)】潜龍(田んぼに潜む龍)の時。自分の力をひけらかしてはいけない。会社なら新入社員。周囲も実力を認めない。じっと我慢。

 【ニ爻(にこう)】見龍(田んぼの上に昇ってきた龍)の時。会社でようやく認められ、主任で受付配属になったような時。まだ経験不足。

 【三爻(さんこう)】一日中、乾乾と仕事に励めば、危ういことは避けられる。会社では課長という難ポスト。本業に専念、粘りと気配りで頑張る時。

 【四爻(よんこう)】龍が池から飛び立つ時。地位と名誉を得る時期。社長の側近の部長の姿。焦らず、分限守り慎重に行動して最終ゴール目前。

 【五爻(ごこう)】龍が天高く上った時で大変良い時。堂々たる社長の姿。時と場所得て絶好調。部下、目上の意見を聞き進む度量必要。

 【上爻(じょうこう)】昇り過ぎた龍は、後悔することになる。進み過ぎて周囲から浮いて反発される。進むと昇天するか燃料切れで墜落。

Butankokuou  ブータンワンチュク国王が東日本大震災の被災地を励ますために昨年来日した際、福島の小学生に向けて以下のような龍の話をしました。

 龍は私たちみんなの心の中に居て、『経験』を食べて成長します。だから、私たちは日増しに強くなるのです。年を重ねれば強くなる。自分の龍を鍛錬して、大切なのは感情などをコントロールすることです。私はブータンの人々にいつも「心のなかにいる一人ひとりの龍を大切に育てて欲しい」と話しています。皆さんも、自分の心の中いる龍を大切に育てて下さい。

Dragon_2  ブータンの国旗は一匹の龍が描かれているもので、まさに、国の規範と象徴なのですね。

 漢字の「龍」の字は、天に登るミヅチ(虫へんに礼の右側)の象形から来ています。想像上の動物ですが、一般的には水神と考えられています。

 四川省に行くと、古代中国の洪水対策を見事にやってのけた皇帝は讃えられ、治水こそ、国を治める根幹だったことがわかります。

 古代中国では治水は政治の根幹であり、天から齎(もたら)される雨は龍神が司ることから、やがて龍は「竜顔」など天子に関する物事を示す語となったのです。

 長崎おくんち、横浜中華街の龍踊(じゃおど)りに登場する龍は、まさに水神としての龍の貌を持っています。龍踊りの時、龍が追いかける玉は太陽を意味し、龍のような雲が玉を呑み込むことによって慈雨を降らすとされています。

 南北に長く連なる日本列島の形状は、まさに龍体そのものの形。その中央部を走る山脈は霊龍(ミヅチ=水《ミ》つ霊《チ》)であり、日本列島は天予と一体となっている地形とも言えます。

 昨年の大震災では、東日本に多大な災難となり、国難ともいうべき試練を超えていった日本。その試練の中で誕生した野田政権という龍はどの爻の段階なのか。日本を守ることだできるだけの国運を得る器があるのか、しっかり見定めていく必要があります。

 一灯照隅 万灯照国(一人ひとりがささやかでも、自分の身近の一隅を照らすだけでは小さいあかりかもしれないが、その一隅を照らす人が増えていき万のあかりとなれば、国全体を照らすことになる)。

 国難を超えて開運の陽光を照らす一人一人になりましょう。

Daikisshou  2012年(平成24年)の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ

 生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

 とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2012年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。

 「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ