フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2012年6月 | メイン | 2012年9月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

宝琉式電話占いはリアルタイムで課題整理、解決できる開運への道

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 主宰の深川宝琉です。

Tenchijinunseikanteidezain_2 おかげさまで、さまざまな方々のご紹介、ご縁がありまして、全国各地から鑑定
依頼があり、リピーターの方々もあって、感謝しています。

鑑定がその方の開運につながれば、何よりもうれしいかぎりです。

過去1年半の鑑定者数をカウントして見ましたが、直接鑑定、ネット鑑定、電話鑑定を含め、1万人を超えていました。もうすぐ、鑑定者数が9万人を超えていきます。

1日に一体、何人鑑定しているのか、と机上の計算までして疑う人もいるのですが、実に愚かです。

名前と生年月日を依頼者が書いた申し込み用紙がどっさり、残っているのですから疑う余地はないのですから。

横浜中華街展などで出展し、鑑定している弟子たちが言うには、「先生、鑑定会で鑑定すると、あっという間に1000人は超えますね。1000人単位でアップするごとに経験に磨きがかかるような実感が湧きます」と話していました。

私の経験では、全国各地の有名デパートで何百回も鑑定に出かけると、その地域柄によって事情や特徴が違っています。そしてリピーターの方々も特徴が違います。その時々の経験が、自分にとって本当に大切な宝となっていきます。北海道から沖縄まで様々なご縁を持てたことは、大変幸せだと思っています。

Houryuukanmap1 過去5年、デパートや自分の鑑定所での鑑定はコンスタントにありますが、ネット鑑定が増えてきました。

そして、ネットからの鑑定依頼は常時、多いのですが、最近は電話による鑑定依頼が増えています。

直接鑑定する内容に近い状況なのが魅力ですし、リアルタイムで自分の悩みや課題が整理され、開運のポイントも絞り込みやすいことが特徴です。

電話鑑定の場合、携帯か固定電話での鑑定となります。ネット(「天地人の運勢鑑定」 )から依頼可能です。

話題が変わりますが、長寿世界一はずっと日本、とくに沖縄だと思っていました。

しかし、実際は香港が男女とも世界一。

昨年から香港男性が世界一になり、今年になって香港女性も世界一に。

7月27日付の香港各紙によると、香港男性は平均寿命80.5歳。香港女性は86.7歳。

日本を抜いて長寿世界一になった理由は広汎に行き届いた先進医療、栄養豊富な食環境。

震災や若年層の自殺率の上昇で日本女性の寿命が押し下げられたことも影響しているようです。

キラキラネームという奇怪な現象 国運下げる愚かな親たち

子供たちは国の宝。音譜

Tenchijinunseikanteidezain その子供達を育てるはずの親、とくに母親は子どもと接する時間が圧倒的に多い。

その父親、母親たちの価値観、道徳観、生き方が歪み、大変深刻な事態に陥っています。

日本では、いじめ問題はその氷山の一角。

わがままで自己中心の極みは個人や家庭、国家まで崩壊させていきます。

ここ数年、日本人の子どもたちの名前、大変なことになっています。叫び

親の期待、希望を名前に入れることは昔からあったわけですが、最近は度を過ぎている。

姓名学の立場から見ても、いや、国や地方自治体の常識的な見識から見ても、到底、認められないような名前が続出しているのです。

でも、法律的には、その隙間を塗って、問題がないというので、愚かな親たちは、子どもの名前をどんどん、エスカレートさせて過激化していく。

到底、看過できない状況です。

O0180024910576713349 それを煽っているのが、大手メディア。そして幼児用の雑誌類です。

具体的な事例を挙げてみます。

最悪の状況が、「キラキラネーム」。「珍名」とほぼ同義、ネット上では「DQNネーム」と呼ばれている一般常識からかけはなれた陳腐で極めて読みにくい名前群です。

本当に実在する名前(法律的に受理された名前)ですので、今後の日本の行く末に暗雲が漂います。

名前は個性があればよい、印象に残る名前が良いというのは、一般常識の範囲内なら許容できると思います。ですが、これは、いくらなんでも行き過ぎで、法律的に規制しないと、さらに奇っ怪な名前が続出し、歯止めが効かなくなるでしょう。

メディアでは名前の「漢字」は「感字」だといって、このブームを煽る者まで出てきていて、いまだに規制の動きがありません。

泡姫(ありえる)
出(で)
美俺(びおれ)
黄熊(ぷう)
金星(まぁず)
捲理(まくり)

波波波(さんば)

沖九風(おるざ)

緑輝(さふぁいあ)

△□一(みよいち)

月夢杏(るのあ)

男(あだむ)

恋恋愛(れんれこ)

火星(まあず)

姫凜(ぷりん)

皇帝(しいざあ)

愛々(なでぃあ)

礼(ぺこ)

総和(しぐま)

爆走蛇亜 (ばくそうじゃあ・男)
幻の銀侍 (まぼろしのぎんじ・男)
心中 (ここな・女)
美空 (びゅあっぷる・女)
星 (あっぷる・女)
土人 (つちひと・男)
愛と夢 (あとむ・男)
今鹿 (なうしか・女)
桃っ子 (ももっこ・女)
神 (かみ・男)
神王 (ぜうす)
飛哉亜李 (ひゃあい)
光宙 (ぴかちゅう・男)
一愛和 (ちわわ・女)
苺苺苺 (まりなる・女)
奈々安寿絵里 (ななあんじゅえり・女)
カス美 (かすみ・女)
美姫ルジル (みきるじる・女)
百歩 (ももっぽ・女)
ハム太郎 (はむたろう・男)

神(かみ)、僕(しもべ)、爆走蛇亜 (ばくそうじゃあ・男) 、土人(「どじん」と読める・つちひと)、幻の銀侍 (まぼろしのぎんじ・男) 、ハム太郎(はむたろう)は、いくらなんでも、というところでしょうか。

では、なぜ、こんな名前が続出するのか。

O0538017811670794400 現在の日本の法律(戸籍法)では、人名に使用できる漢字については、常用漢字と人名用漢字に限定(戸籍法施行規則第60条)されていますが、その「読み」については戸籍に記載されないため、全く規制がないのです。

住民登録においては便宜的に読みも登録しますが、漢字よりも読みの方が重要視されているため、突拍子もない読みで住民登録することも可能で、そこを徹底的に利用、悪用しているとしか思えません。

まず、これらの名前を「キラキラネーム」と賞賛し、まるで良いことのように紹介してきたメディア(とくに幼児向け名前特集を組んだメディア類)に責任の一端があるはずですが、良識ある政治家たちは、この動きにもっと問題提起すべきではないでしょうか。

運命学を志す者たちにとって、また、姓名学を本気で学んでいる者にとって、「キラキラネーム」という愚かなブームは国を滅ぼす、と警鐘を鳴らしたいところです。

2012年7月18日 (水)

日常生活の中の「異変」→「感動」から喜びを見出す運命学の啓示

本ブログをご閲覧いただき、ありがとうございます。

天地人の運勢鑑定 」主宰の深川宝琉です。


Hk101_2 生きていく上で大切なことは、日常生活の中のちょっとした「異変」に感動を覚えることです。

何気ない日常の中に、面白いことがあります。

苦しいこと、悲しいこと、様々ありますが、それをはるかに上回る喜びが生まれてくることがある。その予兆を知ることは感動につながります。

だから、人生は楽しいのです。

その喜びの到来を運命学は教えます。


人生の岐路は人によって、さまざま。突然訪れる場合が多い。

Suzusiihk なぜ、私が今、そうなのか、と考え、悩むことがある。

でも、「自力」ではどうすることもできない、悩みの渦(スパイラル)に入るケースは後を絶たないのです。

占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」と期待半分、どんびき半分の気持ちを持って見る人もいますが、私は「占い」という言葉の真の意味を知らないからだと思っています。


Img130「占い」とは、上部の「卜」と下部の「口」から成っている。

「卜(ぼく)」は何か。

自分が一体何者か、絶対的な縦糸と相対的な横糸で見出すことを言うのです。

絶対的縦糸とは、自分が父方、母方の双方からどのようにして生まれてきたか、タテの歴史から考えて行くこと。つまり、遺伝的な血統、運勢を見ていく。先天的な運命、運勢を知り、悟ることです。

相対的な横糸とは、自分が生まれた家庭環境、後天的な状況を知り、悪い部分は努力によって克服していく智恵を持つことです。

Tenchijinunseikanteidezain絶対的な縦糸はなかなか変えがたい。しかし、それを知り、自分の天命を知ることは大切です。

いわば、この世で何をすべきか、立命する意味を悟る早道だからです。

しかし、相対的横糸は、環境条件ですから、努力によって変えられる。自力開運の道が見出せるのです。

「占い=運命学」は、絶対的縦糸と相対的横糸の両方から立命する道を啓示する学問です。

Houryuukanmap 東洋と西洋でそのアプローチが違う部分が大きいですが、結論が似たり、一致するのは偶然ではありません。

絶対的な縦糸、相対的な横糸という部分は変わらないからです。

ぜひ、この機会に運命学を学ぶきっかけとしてください。

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

2012年7月13日 (金)

集中豪雨の後の星空 星光のパワーで再生しよう

きょうの福岡県北部は雷雨で豪雨でした。

熊本県や大分県では避難勧告が続出しています。

O0213026111970380730 九州がこれだけ洪水被害を受けるのは久しぶりで厳重な警戒が必要です

易で言えば、水雷屯。

大きな変化が起こる前触れということでしょうか。

じっと辛抱し、次のチャンスを待つ。忍耐に価値があるということです。

あれだけ凄まじい豪雨だった福岡も、夜になると空は雲の切れ間から星が見える不思議な光景。

明日も荒れ模様だとの気象予想でも、やはり、星空が見えると、心が安らぐもの。

パワーストーンは月の光で浄化すると言われるが、星の光は人の心をさらに浄化する。

O0800060012036026332 とくに荒れ模様の天候の時はひときわ際立つ。

乱時こそ、静。平時こそ動。

政界も大きく変わる前の動きが加速している中、今の天候と似ているように思える。

二大既成政党はすでに求心力を失いつつある。

夜空に散らばる星たちが光を集め、新たな勢力となる時、この大和の地も、新たな地平を切り開くことができると期待してやまない。

新たな国創りは動乱から始まる。

2012年7月10日 (火)

開運指導なら運命学スクール「宝琉館」で学ぼう

 本ブログをご閲覧いたさき、ありがとうございます。

Tenchijinunseikanteidezain  「天地人の運勢鑑定」 主宰の深川宝琉です。

 太陽の動きで見る四柱推命は社会的、対外的能力を見ていく上で大変参考になる占術です。月の動きで見る紫薇斗推命は人間の内面性、深層心理からその人の心の動きや内性、潜在的能力を掘り下げて見ていく上で非常に役立つ占術。その時、その時の状況変化から今後、どうなっていくかを見るならば易で見る。

 光陰矢の如しで、時が経つのはあっという間です。今年後半の運勢が気になる時期ですね。今年前半の自分の生き方を振り返り、反省すべきは反省し、今年後半に生かしましょう。天地人の運勢鑑定はその点でとても参考になります。重要ポイントをしっかり心に刻みましょう。

Houryuukanmap  人生の岐路に立つ時、だれもが悩むもの。自力か他力か。はたまた、その両方か。決断は最後は自分が行いますが、羅針盤になるものがほしいと思うのが万人の願い。それが運命学です。直感の冴え渡る運命学の使い手こそ、人生の荒波を乗り切る上で指針となります。だれもがそれを持つべきです。

 梅雨は夏に向かう過渡期。ジメジメしてうっとうしい時期です。運勢もそういう時期があります。しかし、それが過ぎると、カラッとした太陽ギラギラの夏がやってくるように、運勢的に興隆期になる人も多い。苦難の時期、どう過ごすか。これこそ、人にとって最も大切であり、その指針を運命学は教えます。

 運命学を学ぶと、自分の知らない潜在能力や長短所を悟ることができて、その新たな発見が楽しいものです。運命学スクール「宝琉館」 は自身を深く知ることで開運・立命する道を示します。

2012年7月 5日 (木)

梅雨のジメジメした時期こそ自らの運命を悟ろう 運命学スクール「宝琉館」

いつも閲覧いただき、ありがとうございます。ニコニコ

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。音譜

Sky100001 梅雨は夏に向かう過渡期。

ジメジメしてうっとうしい時期です。

運勢もそういう時期があります。

しかし、それが過ぎると、カラッとした太陽ギラギラの夏がやってくるように、運勢的に興隆期になる人も多い。

苦難の時期、どう過ごすか。

これこそ、人にとって最も大切であり、その指針を運命学は教えます。

Unmeigakudezainhouryuukan 人生の岐路に立つ時、だれもが悩むもの。

自力か他力か。はたまた、その両方か。

決断は最後は自分が行いますが、羅針盤になるものがほしいと思うのが万人の願い。

それが運命学です。

直感の冴え渡る運命学の使い手こそ、人生の荒波を乗り切る上で指針となります。

だれもがそれを持つべきであり、自らそうなるのが一番良いのです。

日を新たに命を立つ」。

つまり、立命するとはそのような意味です。

運命学スクール「宝琉館」 では、そのような人材を養成しています。 ご関心のある方はお読み下さい。アップ

2012年7月 1日 (日)

中国返還15周年を迎えた香港 大規模な民主化デモとお祝いの花火

きょう(7月1日)は香港が中国に返還されて15周年の記念日。

20701heli いつも香港返還の記念日は湾仔(ワンチャイ)の香港コンベンションセンター近くにある金紫荊広場で午前8時、式典があります。今回も同じでした。

中国の五星紅旗と香港特別行政区旗の掲揚式が中国要人や香港政府幹部が出席して粛々と行われるのですが、今回は物々しい。そして、蒸し暑い。

掲揚式が終わると、空にはヘリコプターが飛び、中国の五星紅旗と香港特別行政区旗をつり下げて返還を祝い、色とりどりの祝砲や放水がビクトリア湾で展開されます。私はいつも見ていましたので、いつも通りのパフォーマンスに飽きてしまっています。

20630d4 ただ、今回は5周年ごとの区切りでは必ず中国最高指導者が香港入りして香港の発展を祝いますので、物々しいのです。

6月28日から香港入りしていた胡錦涛国家主席に対して、6月30日、香港の民主派が湖南省で変死した李旺陽氏の真相究明を要求するデモを行い、警官隊が催涙スプレーを使って大混乱。

7月1日午後には、民主派団体が李旺陽氏の死亡真相を求めたり、今回、香港トップの行政長官に就任した梁振英氏の住居違法増築問題の徹底究明を求めるデモを主催し、2003年以来の大規模な民主化デモが行われました。

20701fw2 香港市民40万人が参加し、いろんなパフォーマンスのデモが展開されています。香港はこの日、祝日。ですから2日は振替休日。

夜は返還15周年を祝う花火。カラフルです。

23分間に5万発の花火ですよ。ビクトリア湾に浮かぶ船から放たれる花火は5幕形式でストーリー仕立て。800万香港ドル(1香港ドル=11円)の費用を要していますので、この時ばかりは香港人も立ち見見物が出るお祭り騒ぎぶりです。

香港は国際観光都市ですが、とくに7月1日は、いつもと違う香港の顔を見ることができます。ただ、この時期は本当に蒸し暑い。香港の冷たいデザートを食べ、食通を唸らせる広東料理をたいらげて元気の源をしっかり取って楽しむことをお勧めします。

2012年後半の運勢、重要ポイントを占います

きょうから2012年の後半。

光陰矢の如しで、時が経つのはあっという間です。

今年後半の運勢が気になる時期ですね。

Tenchijinunseikanteidezain 今年前半の自分の生き方を振り返り、反省すべきは反省し、今年後半に生かしましょう。

天地人の運勢鑑定 はその点でとても参考になります。

重要ポイントをしっかり心に刻みましょう。

ポイントとなるのは次のような内容です。

どういう時が人生の転機か

大きく人生が変わるのはいつか

最近他人からどのように見られているか

あなたに秘められた性格と能力

あなたの不足部分を補うパートナー

あなたの金銭感覚

あなたにあったビジネススタイル

前世と現世の生きるテーマ(あなたの価値観と生きる課題)