フォトアルバム

« 梅雨のジメジメした時期こそ自らの運命を悟ろう 運命学スクール「宝琉館」 | メイン | 集中豪雨の後の星空 星光のパワーで再生しよう »

2012年7月10日 (火)

開運指導なら運命学スクール「宝琉館」で学ぼう

 本ブログをご閲覧いたさき、ありがとうございます。

Tenchijinunseikanteidezain  「天地人の運勢鑑定」 主宰の深川宝琉です。

 太陽の動きで見る四柱推命は社会的、対外的能力を見ていく上で大変参考になる占術です。月の動きで見る紫薇斗推命は人間の内面性、深層心理からその人の心の動きや内性、潜在的能力を掘り下げて見ていく上で非常に役立つ占術。その時、その時の状況変化から今後、どうなっていくかを見るならば易で見る。

 光陰矢の如しで、時が経つのはあっという間です。今年後半の運勢が気になる時期ですね。今年前半の自分の生き方を振り返り、反省すべきは反省し、今年後半に生かしましょう。天地人の運勢鑑定はその点でとても参考になります。重要ポイントをしっかり心に刻みましょう。

Houryuukanmap  人生の岐路に立つ時、だれもが悩むもの。自力か他力か。はたまた、その両方か。決断は最後は自分が行いますが、羅針盤になるものがほしいと思うのが万人の願い。それが運命学です。直感の冴え渡る運命学の使い手こそ、人生の荒波を乗り切る上で指針となります。だれもがそれを持つべきです。

 梅雨は夏に向かう過渡期。ジメジメしてうっとうしい時期です。運勢もそういう時期があります。しかし、それが過ぎると、カラッとした太陽ギラギラの夏がやってくるように、運勢的に興隆期になる人も多い。苦難の時期、どう過ごすか。これこそ、人にとって最も大切であり、その指針を運命学は教えます。

 運命学を学ぶと、自分の知らない潜在能力や長短所を悟ることができて、その新たな発見が楽しいものです。運命学スクール「宝琉館」 は自身を深く知ることで開運・立命する道を示します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/29351505

開運指導なら運命学スクール「宝琉館」で学ぼうを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。