フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 寒露と重陽の節句の季節到来 いまこそ開運へ改運の時 | メイン | 中国歴代相学「顔相」の名手たち その2 占いスクール「宝琉館」 »

2012年10月22日 (月)

中国歴代相学「顔相」の名手たち その1 占いスクール「宝琉館」

中国では古来、相学(日本では「顔相」)の名手たちがいる。

日本では、実は顔相は専門で見ることができる人は極めて少ない。

中国の顔相の真髄が日本に正確に伝播されていないことと、日本独自の見方が日本顔相の祖、江戸時代の水野南北によって確立されたことも大きい。

最近は美容整形によって、顔も整形できるが、生まれ持った顔が重要で、顔相はそこから見るべきです。

ここでは、運命学スクール「宝琉館」 で教えている顔相の基礎となる中国歴代の顔相の名手たちを紹介していきます。

【上古の時代】

Daiyizhenren1 太乙真人

「太乙真人伝」の著者。「人の表面的な形状からだけでは弱点・凶の部分は判断できない。子細を観察して見るべきである」と警鐘を鳴らす。

【春秋時代】

姑布子卿
孔子を相術で判断したことでも有名(当ブログでも紹介)。彼の相術は「姑布子卿術」とも言われる。

【戦国時代】

鬼谷子
「相術の根本は形ではない。形相を通して内面の本質を見ることである」と強調している。著書に「鬼谷子」「相弁微芒」など。

唐挙
「形体は気が滋養されて形作られる。気と体の関係は油と灯の関係である」と述べた。著書に「唐挙相神気」などがある。

鬼眼先生
「相学はその人の将来に起こる困苦福禄や過去に起こった災難も推測できる」と結論づける。著書に「鬼眼先生相法」など。

【西漢時代】

Kyofu 羅真人
「人の貴賤は前世によって定められたもの。今生での艱難辛苦については天を恨んだり、人をねたんだりする必要はない」と説く。著書に「羅真人相賦」。

胡僧
「人の形象は標準・基準というものは同じではない。形、凹凸、気色などを総合して見ていくべきである」と述べる。著書に「胡僧相訣」。

許負
中国古代で随一の女性相術家。相術から人の才気と陰徳を読み取り、長寿であるかどうかを予測した。著書「許負相法十六篇」など。

【東漢時代】

郭泰
相学に五行思想を駆使して鑑定した。五行のバランスで五徳や五臓六腑の状況を判断。相術から五行の相生を見出した。著書「林宗相五徳配五行」。

「その2」に続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/30097543

中国歴代相学「顔相」の名手たち その1 占いスクール「宝琉館」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。