フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2013年(平成25年)は癸巳(みずのと・み=へび)年 今年の運勢を十干十二支で見る

 いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

 2013年(平成25年=紀元2673年)は癸巳(みずのと・み)の年。

Hk20131 巳年(みどし=へび年)ですね。グッド!

 新年を迎えるにあたり、干支(えと)の本来の意味について、一般向けにご説明したいと思います。

  2013年は干支で見ると、癸巳(みずのと・み )の年。

 「癸(みずのと=水の弟)」とは、十干の最後なので、最初の甲(きのえ)に戻る直前の大きな変化が到来することを意味します。癸の本来の意味は、3つあります。①計る・物事を計る・揆(はか)る(揆測、揆量)②筋道を立てる③一揆(が起こらないようにする)の3つ。

Hk20132_2  古代中国での宰相を揆職(きしょく)と言いました。一揆が起こらないように、筋道、原則、基準を立てなければならない年という意味です。『癸は揆(はかる・のり)。陰気が、陽気を任(はら)んで、規則正しく、物を萌芽させることである』(「礼緯斗威儀」)『ある時、万物を閉じ蔵(おさ)めて、下ではらみ、規則正しく芽ばえることである。』(「鄭玄」)とあるように、 古代中国で癸は回転させる意味を含み、十干が一巡して元に戻ろうとする最後の位置を示しているので保守的な面と革新的な面の両方が存在する分かりにくい変化の時です。

 次に「巳(み)」の意味。説文解字には巳について「巳は物必ず起こるなり」とあります。意味としては①表面に出る(冬眠していた動物たちが地上に出て活動を始める様子)②脱皮(昔からの因習的なごまかしの生活にけじめをつける・終わりを告げる)の二つがあるのです。巳年は、脱皮するために第二次世界大戦が起こったり、大政翼賛会が組織された年。1990年までの冷戦構造とは違う世界情勢が形作られていく新パラダイム構築の時となります。

 十二支はネズミ、ウシ、トラ、ウサギ、タツ(ドラゴン)、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシという12の動物(架空の動物も含める)で出来ています。

 人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

 ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に今年の運勢を見ることができます。

Seitoeto  中国各地の道教寺院に行くと、この十二支のマークが動物に例えて示されていて、訪れる一般人は興味深く、時には真剣に眺めています。一昨年5月、上海万博でトルコ館を訪れた時、同じような干支で示したデザインがあり、東洋と西洋をつなぐ文化国でも共通のものがあるのか、と感動した記憶があります。グッド!

 これは、古代中国で、その本質を一般大衆に知らせないために、あえて、分かりやすい動物に例えて示されたものです。字源から見ると、十二支は決して動物自体がその本来的な意味ではありません。目

Tuekishushanghaiexpo2010  ご存じの通り、干支(えと)は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)で成り立っています。

 十干が「心」とすれば、十二支は「体」。どちらも大切ですが、十干が内面的な本質を見るとすれば、十二支は、より外形的な、外面的な特性が分かります。グッド!

 一般的に知られているのは、十二支ですね。

 十二支には陰と陽があります。プラスとマイナスですね。陽は男性的、陰は女性的。

Seitoeto2  十二支は陽支(子=ネズミ、寅=トラ、辰=タツ、午=ウマ、申=サル、戌=イヌ)陰支(丑=ウシ、卯=ウサギ、巳=ヘビ、未=ヒツジ、酉=トリ、亥=イノシシ)があります。

 とくに自分の生まれた日の十二支を調べてみると、その人の特徴がよく分かります。生まれた年の干支(えと)ではなく、生まれた日に、その人の本質が現れるのです。メラメラ

 一般的には年男、年女と言って、生まれた年の干支で人の特性を見ようとする風潮がありますが、あまりにも大まかすぎます。しかし、その年の干支は、その年の流れを見る上で重要ですし、年男、年女の特性は大変大まかですが、干支による占いに興味を持つ人には「入り口」であり、身近な内容です。

 生まれた日、生まれた月、生まれた年が陽支(子=ネズミ、寅=トラ、辰=タツ、午=ウマ、申=サル、戌=イヌ)の場合、その特徴は、環境の変化に敏感で、思ったことや感じたことをストレートに発散します。!!

Seitodoukyou  生まれた日、生まれた月、生まれた年が陰支(丑=ウシ、卯=ウサギ、巳=ヘビ、未=ヒツジ、酉=トリ、亥=イノシシ)の人は、内向的で内面の動きに敏感。反省心が強く、必要なことを内に秘めながら表現する傾向があります。!!

 以下は十二支が表す特徴や意味の説明です。ここで出てくる天源占いとは、徳川家康の参謀だった天海大僧正が中国の干支占いを応用して作った占いで、十二支をそれぞれ一字で分かりやすく表しています。ひらめき電球

Ne 【子(ね・シ)】天源占いでは滋(ジ)。あっさりしていて流行に敏感だが、派手なことは嫌い。細かい。着実で倹約家。ケチ。時間やモノを大切にする。楽天的。創意工夫する。利害に敏感。粘り強く、しつこい。変化を好む。時で言えば、12月、23~1時、冬。方位は北。五行では水。正気蔵干は癸(みずのと=水の弟)。

Usi 【丑(うし・チュウ)】天源占いでは結(ケツ)。保守的で忍耐力がある。コツコツやる努力家。勤勉、正直で人間関係を大切にする。ルールを守り、方針を変えない信念がある。自縄自縛になりやすく、変化を嫌う。おとなしいがヒステリックな一面があり、陰気。時で言えば、1月、午前1~3時、冬(土用)。方位は北東。五行では土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

Tora 【寅(とら・イン)】天源占いでは演(エン)。立春から始まる木の力でぐんぐんと強くなる勢いがある。決断力、実行力があるが強引な面あり。竹を割ったようにさっぱりしている。統率力があり、義理堅い。前向きでこだわりが少ない。支配的で威張る。大胆だが短気で反抗的。明るい。頑固。時で言えば2月、午前3~5時、春。方位は東。五行では木。正気蔵干は甲(きのえ=木の兄)。

U_2 【卯(う・ボウ)】天源占いでは豊(ホウ)。穏やかで愛きょうがある。守りに強い。温和で協調性があり、人気者。好奇心旺盛。寛容で余裕がある。豊か。忍耐力に欠け、神経質な面あり。怠慢でやりっぱなし。根気強さがない。時で言えば3月、午前5~7時、春。方位は東。五行は木。正気蔵干は乙(きのと=木の弟)。

Tatu 【辰(たつ・シン)】天源占いでは奮(フン)。困難に立ち向かう勇気と正義感あり。大らかで活発。批判精神旺盛で議論好き。怠惰で非効率的。頭が堅く融通性がない。軽快さがなく、破壊的。自負心あり。時で言えば4月、午前7~9時、春(土用)。方位は東南。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

Mi 【巳(み・シ)】天源占いでは止(シ)。思考タイプでユニークな発想力がある。植物の成長が終わり、火の勢いが強くなる時期なのでおとなしいが情熱的。柔軟性があり、下品を嫌う。向上心あり。嫉妬心旺盛で執着心あり。時で言えば5月、午前9~11時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丙(ひのえ=火の兄)。

Uma 【午(うま・ゴ)】天源占いでは合(ゴウ)。どこまでも陽気で親しみやすい。遊び好きで楽しい人。陰気なことが苦手。競争を好み、張り合う。落ち着きがなく見栄っ張り。体裁屋。行動派で思いやりが少ない。浪費家。時で言えば6月、午前11時~午後1時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丁(ひのと=火の弟)。

Hituji 【未(ひつじ・ビ)】天源占いでは老(ロウ)。夏から秋へ移る時期なので、おとなしいが芯は強い。同情心が深く、思考が厳密かつ緻密。温和そうに見えても心は情熱家。熟練を好み、向学心旺盛。忍耐力あり。取り越し苦労が多く、すぐ気迷いに陥る。後悔ばかりで後ろ向きの思考。優柔不断で臆病。地味。時で言えば7月、午後1~3時、夏(土用)。方位は南西。五行は土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

Saru 【申(さる・シン)】天源占いでは緩(カン)。世話好きで親切。お節介。臨機応変で機転が利く。利発で才智あり。体が丈夫で女性はお茶目。あわてん坊で気が小さい。気が変わりやすい。口が悪く、一言多い。人を値踏みし、人を見下す。時で言えば8月、午後3~5時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は庚(かのえ=金の兄)。

Tori 【酉(とり・ユウ)】天源占いでは堕(ダ)。計画性があり、先見の明あり。創意工夫し、実利的な知恵がある。几帳面で理解力あり。世情に通じ、好き嫌いで判断。人の気持ちを気にする。余裕があり、大事を企てる。格好良さ、体面を重んじる。せっかちで短気。時で言えば9月、午後5~7時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は辛(かのと=金の弟)。

Inu 【戌(いぬ・ジュツ)】天源占いでは煉(レン)。公平で負けず嫌い。潔癖症で責任感あり。粘り強い。活発で努力の人。批判精神が旺盛。売られたケンカは買う、ケンカっ早さ。融通性がない。用心深く理屈っぽい。やせ我慢する。時で言えば10月、午後7~9時、秋(土用)。方位は北西。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

I 【亥(い・ガイ)】天源占いでは実(ジツ)。テキパキしている能率主義。合理的で徹頭徹尾やり抜く精神あり。理論家で率直、時に豪快。熱しやすく冷めやすい。衝動的で他人の意見を聞かない。独断行動。強引に押し切る頑固者。時でいえば11月、午後9~11時、冬。方位は北。五行は水。正気蔵干は壬(みずのえ=水の兄)。

 いかがでしたか。音譜

9seinohosibosi  中国の干支(えと)を通してだけで鑑定すると、見えない部分も出てきます。そこで非常に参考になるのが西洋占星術で見る星座や惑星の位置です。クラッカー

 生まれた年の木星の位置(どの星座に回座しているかを見る)は重要です。なぜなら、木星の公転周期は十二支(12年周期)に似ていて、約12年周期だからです。ただし、木星は逆行する性質があるので、生まれ年と木星の関係は年によって多少変化します。

【生まれ年と木星が回座する星座】
子年=木星は山羊座に回座
丑年=木星は水瓶座に回座
寅年=木星は魚座に回座
卯年=木星は山羊座に回座
辰年=木星は牡牛座に回座
巳年=木星は双子座に回座
午年=木星は蟹座(かにざ)に回座
未年=木星は獅子座に回座
申年=木星は乙女座に回座
酉年=木星は天秤座に回座
戌年=木星は蠍座(さそりざ)に回座
亥年=木星は射手座に回座

Nisshoku  さらに、四柱推命での月柱地支を見る場合、西洋占星術で示される太陽がどの星座に回座しているかという特性を加味して見ると、より深みが増します。太陽はほぼ定期的に運行するので、分かりやすいです。

【生まれ月と太陽が回座する星座から見た特性】

生まれ月が子月(12月)=前半は射手座、後半は山羊座。冬至から山羊座に入る。射手座(陽)は変化を好み、柔軟で火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が丑月(1月)=前半は山羊座、後半は水瓶座。大寒から水瓶座に入る。山羊座(陰)は落ち着きがあり、活動的で、地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が寅月(2月)=前半は水瓶座、後半は魚座。雨水から魚座に入る。水瓶座(陽)は変化を好み、固定し、風、知識、思想、情報を表します。

生まれ月が卯月(3月)=前半は魚座、後半は牡羊座。春分から牡羊座に入る。魚座(陰)は落ち着きがあり、柔軟で水、情感、和合、融合を表します。

生まれ月が辰月(4月)=前半は牡羊座、後半は牡牛座。穀雨から牡牛座に入る。牡羊座(陽)は変化を好み、活動的で、火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が巳月(5月)=前半は牡牛座、後半は双子座。小満から双子座に入る。牡牛座(陰)は落ち着きがあり、固定し、地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が午月(6月)=前半は双子座、後半は蟹座。夏至から蟹座に入る。双子座(陽)は変化を好み、柔軟で風、知識、思想、情を表します。

生まれ月が未月(7月)=前半は蟹座、後半は獅子座。大暑から獅子座に入る。蟹座(陰)は落ち着きがあり、活動的で、水、情感、和合、融合を表します。

生まれ月が申月(8月)=前半は獅子座、後半は乙女座。処暑から乙女座に入る。獅子座(陽)は変化を好み、固定し、火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が酉月(9月)=前半は乙女座、後半は天秤座。秋分から天秤座に入る。乙女座(陰)は落ち着きがあり、柔軟で地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が戌月(10月)=前半は天秤座、後半は蠍座。霜降から蠍座に入る。天秤座(陽)は変化を好み、活動的で、風、知識、思想、情を表します。

生まれ月が亥月(11月)=前半は蠍座、後半は射手座。小雪から射手座に入る。蠍座(陰)は落ち着きがあり、固定し、水、情感、和合、融合を表します。

Daikisshou  2013年(平成25年)の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ

 生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

 とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。

 「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ

2012年12月25日 (火)

2013年(平成25年)干支占い トラ年(寅年)生まれの今年の運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Toradosieto2013年(平成25年)は一体、どんな年になるのか。

人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はトラ年(寅年)生まれの平成25年(2013年)の運勢を見ていきます。

トラ年(寅年)生まれは、1938年(昭和13年=戊寅年)生まれ、1950年(昭和25年=庚寅年)生まれ、1962年(昭和37年=壬寅年)生まれ、1974年(昭和49年=甲寅年)生まれ、1986年(昭和61年=丙寅年)生まれ、1998年(平成10年=戊寅年)生まれ、2010年(平成22年=庚寅年)生まれです。

Tora 【寅(とら・イン)】天源占いでは演(エン)。立春から始まる木の力でぐんぐんと強くなる勢いがある。決断力、実行力があるが強引な面あり。竹を割ったようにさっぱりしている。統率力があり、義理堅い。前向きでこだわりが少ない。支配的で威張る。大胆だが短気で反抗的。明るい。頑固。時で言えば2月、午前3~5時、春。方位は東。五行では木。正気蔵干は甲(きのえ=木の兄)。

【2013年(平成25年)のトラ年(寅年)生まれの運勢】

Toraeto1 今年は太歳(木星を意味=その年の干支)のために寅が刑しているので、必然的に平常とは違う状態になることが多くなっていきます。運が良かったり悪かったり、刑によって煩わしいことが継続せず、急に解決したり、と不規則な変化があります。

旧暦4月と7月がツキがなく、健康上は皮膚や胃腸に関する病気に注意。飲食にはとくに注意が必要です。リラックスすることで精神的プレッシャーから解放され、病状悪化を避けることができます。権力地位がアップする時であり、サラリーマンの場合、昇進が期待できます。

Juunisi2 しかし、太歳で刑しているために目標を阻まれることがあり、スローダウンするが、自己努力次第で成果を得られます。最終的な成功失敗は、本人の踏ん張り次第です。吉星である「福徳」と「福星」が回ってきているので他人からの援助を得られる部分はありますが、二つの吉星とも、パワー不足なので、どうしても刑の災いへの備えが必要。

吉星の「天徳」があるので凶を吉に転じる部分があります。凶星として「巻舌」があるので、言葉の災いに注意。「天哭」があるので心情が不安定で、女性の場合、突然、大声で泣いたりして情緒不安定になりやすく、財の損失にも注意。

【金運】
地位昇進の年なので、それに伴って財運はアップしていきます。

Toradosipoint 【仕事運】
出世運があるが、刑の年回りなので、運が継続するわけではなく、突発的なトラブルに見舞われやすい。サラリーマンは出世が期待できる。妨害を受けず、昇進しやすいのは1974年生まれの人が最大。努力すべし。

【恋愛結婚運】
感情が不安定な時なので、言い争いで関係破綻することを気をつけるべき年。とくに旧暦4月、6月、7月の三ヶ月は最も注意すべき時。異性運を見ると、つき合っている者同士が二、三ヶ月間、冷却期間を置くと、破綻を免れるようになりやすい。

【健康運】
プレッシャーから身体の健康を害しやすく、とくに、皮膚、胃腸に影響を受けやすい。今年は学びの年。何かを学習することで情緒を管理し、健康維持へ向かう。ストレス軽減のために気分転換となる趣味やレジャー、旅行を行うことで病気になる圧力から免れやすい。暴飲暴食、不規則な食事、偏った食事を避けること。

【総合運】
言葉による災いに注意。対人関係が不和になりやすいので円満主義を心がけること。

【トラ年生まれ=1926年(大正15年=昭和元年=丙寅年)生まれの運勢】
財運が回ってくる年だが、後期高齢者なので仕事上での財の獲得チャンスは少ない。日常生活上のちょっとした収益はあり、株や証券、投資などでの収益が得られるチャンスはある。

【トラ年生まれ=1938年(昭和13年=戊寅年)生まれの運勢】
何かを学んだり、趣味を始めるには良い年。新たな投資での利益はあまり見込めません。定年退職していれば、知的活動での活躍が見込めますので、新たな知識を吸収するために外に出て旅行したりすると良いでしょう。

【トラ年生まれ=1950年(昭和25年=庚寅年)生まれの運勢】
苦労して財を獲得していく年。還暦を超え、実力はありますので、専門技術職の人は仕事量が増えることで収益も増加します。

【トラ年生まれ=1962年(昭和37年=壬寅年)生まれの運勢】
周囲の助けで財を得やすい年。多忙な年ですが、時にはじっくり自分を見つめ直し、人生設計をもう一度、再考すべき時。今までの職を辞め、新天新地を考えて行っても良い。

【トラ年生まれ=1974年(昭和49年=甲寅年)生まれの運勢】
仕事上は出世しやすい年。サラリーマンなら、努力次第で昇進しやすい。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は、しっかりとしたビジネス上の考え方を固めれば、地位向上が認められます。

【トラ年生まれ=1986年(昭和61年=丙寅年)生まれの運勢】
財運が巡ってくる年。不安定な収入を財運が助け、努力すれば好成績を獲得できる。

Fukagawahouryuu1webshou1【トラ年生まれ=1998年(平成年=戊寅年)生まれの運勢】
勉強、学問の年。学習運があります。とくに勉強していけば、成績が上がりやすい。

※トラ年(寅年)生まれの2013年(平成25年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2013年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」(有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、来年(平成25年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

2012年12月21日 (金)

冬至に来年の運勢を易で占う年筮 平成25年の運勢

 きょう、12月21日(金)は冬至です。音譜

Zeichiku  一年で昼が最も短く、夜が長い日。つまり、この日(正確には2012年12月21日午後8時12分)から太陽が地上を照らす時間が長くなっていく時となります。!!

 日本の易者は冬至に来年の運勢や出来事を占う年筮(ねんぜい)を一番重要な行事として行います。グッド!

陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する(陰陽転化)

陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる(陰陽可分=交錯律)

冬至は易にとっても1年を占う重要な日なのです。

マヤ歴がこの日に締めくくり、新たな歴に変わるターニングポイント。

日韓中の指導者が変わり、新時代を迎えますね。

12shousokuka2012年12月21日(冬至)期して5126年続いたこれまでの時代サイクルが終わり、新しい次元の世界に切り替わるという内容が「2012年問題」と言われます。

 易自体が日本で廃れる中、ささやかながら、年が明けて易者たちが集まり、それぞれ冬至で出た年筮を示しながら論じる年筮会も開かれていたり、「来年はこうなる」と易者本人だけでなく、日本や世界の全体的な運の流れも見通す時です。

 冬至に年筮を執り行う習慣は江戸時代に日本で始まり、今なお、続いています。クラッカー

 臨済宗の禅僧・龍派禅珠(寒松)は1602年、徳川家康の命で足利学校の校長となり、易学に精通していたことから、毎年、冬至に来年1年の展望や吉凶を占い、毎年1月15日、江戸城に年筮を献上して所領を賜っていました。この年筮から幕府の重要な政策を決める参考にしていたのです。

 年筮を始めた臨済僧・寒松の考え方は「陰が欠ければ陽が生じる」十二消息卦の原則に基づいて簡潔明解。グー

Asikagagakkou  冬至は、一年の気の流れの中では、陽の気が初めて生ずる「一陽来復」の時。陰陽の気の流れの中では一年の始めの時なので易の卦では「地雷復」。陽の気がはじめて生ずるという時にその後の一年間の自分の運気を占うという習慣が受け継がれてきたのです。

 つまり、江戸時代、足利学校で冬至に来年1年の展望や吉凶を占い、毎年1月15日に江戸城に年筮を献上していた日本の易の伝統が続いているのです。これは日本独自の素晴らしい易の年中行事と言えるでしょう。合格

Takasimaeki  中国各地の書店に行くと、易のコーナーがあります。日本の書店では、易のコーナーというもの自体がないぐらい少ないわけですが、中国では、哲学のコーナーとは別に易のコーナーが専門で設けられていてスペースも広い。新たに設けられた「国学」のコーナーの中にも易の本がそろえられています。

 膨大な易の本の中に「高島易断」という本が数冊あり、「これが日本流の易だ」と示されています。中国古来の膨大な易学の中で、日本の易は、流派にもならないほど、小さな存在(亜流)として扱われているのが実情です。中国では日本の易の良さをあまり理解していません。もっと、日本の易の良さを広める必要もありますし、中国の易学の良さを日本の易者も知るべきなのです。本格的な交流がないというのが大きな壁ですね。ビックリマーク

 中華圏では、たとえば、中国、台湾、香港、シンガポールなどが共同で易学のシンポジウムを行い、幅広く交流しています。実占の易者を自負する人はアカデミックすぎて実占に役立たないと批判する愚かな人(中国に直接行ったこともない日本人)もいますが、実際は易の八卦を元にした都市を造る計画も進んでいるほど、実際的です。

 日本の年筮の良さを中国の易者たちが知り、逆に日本の易者が中国の易学を実占するぐらい、日中の易学交流が進む日が到来することを望むのは期待薄でしょうが、交流は少しずつでもしていくべきですね。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか、そろそろ関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

2012年12月20日 (木)

冬至到来 マヤ暦の2012年問題 新パラダイム構築の時

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Yinyan2 あす(2012年12月21日)1年で昼の長さがもっとも短い冬至です。

昼が短いだけではなく、昼間の太陽の高さも1年で最も低く、日ざしが弱くなります。

日本の易者は来年の運勢を冬至に易で立てます。

陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する(陰陽転化)

陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる(陰陽可分=交錯律)

冬至は易にとっても1年を占う重要な日なのです。

マヤ歴がこの日に締めくくり、新たな歴に変わるターニングポイント。

日韓中の指導者が変わり、新時代を迎えますね。

2012年12月21日(冬至)期して5126年続いたこれまでの時代サイクルが終わり、新しい次元の世界に切り替わるという内容が「2012年問題」と言われます。

香港や中国内でも、かなりの興味を持っている人も多く、この問題動向は脚光を浴びています。

世界終末説は、この「マヤ暦は2012年12月21日で終わる」という話が発端。

Yinyan 日本でも2009年に公開された映画「2012」のヒットなどが拍車をかけ、欧米を中心に広がりました。フランスやトルコの「パワースポット」には「世界終末」から逃れようと多くの人が押し掛け、大騒ぎになったりしています。

諸外国は「2012年問題」として騒いでいますが、日本ではノストラダムスの予言などで1999年に注目されながら、予言そのものとされる内容は起こらなかったと判断する人が多く、もう懲りているようにも見えます。

メキシコにあるトルトゥゲーロ遺跡の石碑には、2012年に関するマヤ暦の記述はありますが、人によって解釈がまちまちです。

ただ、間違いなく言えることは、今までの旧態依然たるパラダイムでは、今後の世界は見通せない。

新しいパラダイムを構築し、近未来や遠い将来を見通せる眼力を持つべき時代が到来しているということです。

約400年を「バクトゥン」という単位とするマヤ暦は、西暦4472年の「第20バクトゥン」まで続き、その後も「ピクトゥン」という単位の暦のサイクルが始まるため、いつまでも終わりはありません。

Mayareli ただ、大きな節目として2012年12月21日があるということです。

マヤ暦には、循環歴と長期暦があります。循環歴はツォルキン歴と365日で構成されるハアブ歴の組み合わせです。周期は52年。干支のようなサイクルです。亥が終われば子にもどり、癸が終われば甲にもどるのと同じ。

「ただ戻るだけ」と機械的に解釈する人もいますが、ここを「大きな節目」ととらえることは重要なことです。大きな変化の始まりですから。

長期暦は約5125年で長期暦の出発点は紀元前3114年。そこから数えて2012年が最後の年で、再び最初にもどるというサイクルになっています。

マヤ文明では暦は循環すると考え、歴史のスパイラルを大局的にとらえています。

歴史家のアーノルド・トインビーも「歴史は繰り返す」と言っている通り、ある程度のサイクルはあり、今年の冬至が一つの大きな暦の区切り目であることは間違いありません。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、マヤ占いでの鑑定 ができます。

来年の2013年(平成25年)は一体どんな年になるのか。

さらに、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、「読むだけで覚醒する2013年の運勢」 と題して、東洋占術と西洋占術の双方から総合的に本格的なオリジナル鑑定を受けることができます。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、来年(平成25年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

2012年12月18日 (火)

2013年(平成25年)干支占い うし年(丑年)生まれの今年の運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

  「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Usidosieto_32013年(平成25年)は一体、どんな年になるのか。

人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はうし年(丑年)生まれの平成25年(2013年)の運勢を見ていきます。

丑年(丑年)生まれは、1937年(昭和12年=丁丑年)生まれ、1949年(昭和24年=己丑年)生まれ、1961年(昭和36年=辛丑年)生まれ、1973年(昭和48年=癸丑年)生まれ、1985年(昭和60年=乙丑年)生まれ、1997年(平成9年=丁丑年)生まれ、2009年(平成21年=己丑年)生まれです

Usi 【丑(うし・チュウ)】天源占いでは結(ケツ)。保守的で忍耐力がある。コツコツやる努力家。勤勉、正直で人間関係を大切にする。ルールを守り、方針を変えない信念がある。自縄自縛になりやすく、変化を嫌う。おとなしいがヒステリックな一面があり、陰気。時で言えば、1月、午前1~3時、冬(土用)。方位は北東。五行では土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

【2013年(平成25年)のうし年(丑年)生まれの運勢】

Usieto1 今年はウシ年(丑年)生まれは今年は遙合年(合している)ので、去年よりも今年は全体的に安定している。遠方の人からの助力があり、常々、外国人との付き合いがある人は、外国人からの援助や引き立てを受けやすい。昨年よりも人との縁が多くなるが、吉星が回ってきていないので、身近な人の援助や自助努力で開運し、最低限の目標達成をすれば良しとすべきです。

学びと投資の年。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は新しいことをチャレンジ。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)や熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は学習する時。早く動くほど運気は良い。サラリーマンは仕事がうまくいかないからといって変化を求めると、好機を逃しやすい。

凶星として羊刃があるので心情的には低迷し、忍耐力がなくなり、情緒不安定になることもある。平常心が求められる時。華蓋(かがい)があるので、精神的には孤独になるが、精神的な活動や芸術活動では素晴らしい才能を発揮する。

Juunisi2_4 【金運】
学びの時であり、投資について学習する時。多少の出費はやむをえず、財政上は締めてかからないと、出て行く一方になりやすい。

【仕事運】
小さなチャンスはある時。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人はチャンス到来の時。大運(10年運)が回ってきている人は行動し、大運(10年運)が回ってきていない人は熟考して行動すること。

【恋愛結婚運】
今年は桃花運がないので、新たな異性との発展的な感情や出会いは見込めないが、外に遊びに出歩くと、異性との出会いがあり、合しているので、安定した感情を保てば、つき合っている異性と進展する。

Ushidosipoint 【健康運】
刑冲がないので、突発的な健康上の問題は起きにくいが、凶星の影響でマイナス思考に陥りやすい。不眠になりやすいが、夜、寝る前にワインなどを飲むことで睡眠が深く取れることもある。

【総合運】
遠方の人々からの助けや関わりが起こりやすく、羊刃があるので、血気怒気に気をつけ、忍耐力を保つ必要がある。そうしないと周囲との人間関係が悪化する。平常心をいかに保つかが課題となる年。

【うし年・1937年(昭和12年=丁丑年)生まれの運勢】
財運は悪くないが、高齢なので、仕事上、収益を得るビッグチャンスが大きくない。着実に投資して小さな収益を得る程度。

【うし年・1949年(昭和24年=己丑年)生まれの運勢】
学びの時。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は資格を取ったり、新しいことを学ぶのが良い。定年退職している人は趣味の分野で新しいものを学べば実り多い生活スタイルとなる。

【うし年・1961年(昭和36年=辛丑年)生まれの運勢】
苦労して財を得ていく年。自営業で収入が不安定でも、着実に努力していけば、収入が増える。サラリーマンの場合は収入は安定。仕事量が増えたからといって収入が増えるわけではない。会社にとって本人が利用価値があるとみれば、安定した収入が得られる。

【うし年・1973年(昭和48年=癸丑)生まれの運勢】
リラックスして歩めば運が向く年。平常心で歩めば実る。原点回帰したり、ちょっとした変化を試すことで自分らしさを得られる。

うし年・1985年(昭和60年=乙丑)生まれの運勢】
権力、地位が向上する年。仕事上も昇進のチャンスあり。努力が実りやすい。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は仕事を積極的にチャレンジすると結果が出やすい。

【うし年・1997年(平成9年=丁丑)生まれの運勢】
財運が回ってきているが、未成年なので、それを生かしきることはできない。むしろ、自分の日常生活の中で財運をうまく利用していくこと。

Fukagawahouryuu1webshou1_2【うし年・2009年(平成21年=己丑年)生まれの運勢】
今年は勉強の年。テストで力を発揮しやすい

※うし年(丑年)生まれの2013年(平成25年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は一千万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口で大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2013年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」(有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、平成25年の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111_3 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

 引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

2012年12月12日 (水)

北朝鮮のミサイル、沖縄県上空を通過しフィリピン東沖に落下

北朝鮮が人工衛星「銀河3号」と称する事実上の長距離弾道弾ミサイルが12日午前9時49分、北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)から南方向に一発発射され、すでに午前10時1分に沖縄上空を通過しました。

NHKなどの報道によると、日本からのミサイル破壊措置はなく、各地で配備されたPAC3の動きもありません。エムネットの情報では、この三段式ミサイルの一段目と見られる落下物は午前10時5分、フィリピン島の東300キロの太平洋上に落下したと推定しています。

北朝鮮のミサイルの発射は、失敗に終わった4月に続いて今年2回目です。

2012年を終えようとしている今、北朝鮮側が発射を強行したことは、朝鮮半島をめぐる今後の北東アジア情勢に影響を与えるでしょう。

日本では小さな地震が何度も発生し、他国のミサイルが上空を通過する中、12月16日には多党乱立の衆議院議員選挙が投開票されます。

その直前に日本の危機管理を試すようなタイミングでミサイルが試射されたことは、日本が今後、外交安保をどうすべきか、問われている内容です。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、来年(平成25年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

 引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

2013年(平成25年)干支占い ねずみ年(子年)生まれの運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Nezumi2013年(平成25年)は一体、どんな年になるのか。

人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はねずみ年(子年)生まれ平成25年(2013年)の運勢を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれは、1936年(昭和11年)生まれ、1948年(昭和23年)生まれ、1960年(昭和35年)生まれ、1972年(昭和47年)生まれ、1984年(昭和59年)生まれ、1996年(平成8年)生まれ、2008年(平成20年)生まれです。

Ne 【子(ね・シ)】天源占いでは滋(ジ)。あっさりしていて流行に敏感だが、派手なことは嫌い。細かい。着実で倹約家。ケチ。時間やモノを大切にする。楽天的。創意工夫する。利害に敏感。粘り強く、しつこい。変化を好む。時で言えば、12月、23~1時、冬。方位は北。五行では水。正気蔵干は癸(みずのと=水の弟)。

【2013年(平成25年)のねずみ年(子年)生まれの運勢】

Nedosietodezain 今年はネズミ年(巳年)生まれは無刑、無冲、無合で桃花運(浮気・異性運)もないので、比較的に平穏ですが、今年から3年間が大火運なので運気が段々と二極化していきます。

今年は緊張せず、物事に対してリラックスして処することができ、紫微や龍徳という二つの吉星があるので様々な守護がある。玉堂があるので勉学研究方面で地位や名声を得やすい。凶星は天危と暴敗だけありますが、吉星があるおかげで凶星の影響はほとんどありません。

【金運】
今年は財運年ではないので金運が良いわけではないのに、紫微や龍徳という吉星があるおかげで事業は予想通りの効果を発揮しやすい。間接的な財の協助があり、金運がないのに貯まっていく。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人はさらに金運がアップしやすい。

Juunisi2_3 【仕事運】
身近な人や他人の援助でうまくいきやすいが、成功スピードはゆっくりジワジワやってくる。即効性は一定ではないが、自分が組む事業パートナー次第で成敗が決まる。

【恋愛結婚運】
無刑、無冲、無合で桃花運(浮気・異性運)もないので、特別な変化が見られにくい。感情的には安定するが、独身者は独身のままになりやすい。ただし、1984年生まれの女性と1996年生まれの男性は異性運があるので結婚に向かいやすい。

Nezumiun 【健康運】
無刑、無冲、無合なので病気や怪我になりにくく、健康運は良好。日ごろからの運動を心がけ、暴飲暴食しないこと。

【総合運】
今年は波乱が少なく、守られやすく、人との良い縁がある。

【ねずみ年(丙子年)・1936年(昭和11年)生まれの運勢】
財運があり、こまごまとしたお金は入ってくるが、仕事上、大きなお金が入ってくることは少ない。宝くじや博打でちょっとしたお金は入る可能性あり。

【ねずみ年(戊子年)・1948年(昭和23年)生まれの運勢】
学び、学習の時。定年退職した人はちょっとした稼ぎがある場合も。とくに寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人はそうなりやすい。ビジネスを進展させたい場合、あるいは、新しい勉強に打ち込みたい場合、そのための学習をするとうまくいきやすい。

【ねずみ年(庚子年)・1960年(昭和35年)生まれの運勢】
ネズミ年生まれの中で最も財運がある。とくに寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は金運のピーク。熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)や平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)の人も良好。

【ねずみ年(壬子年)・1972年(昭和47年)生まれの運勢】
吉星によって個人的には大きな変動はないが、ゆっくり着実に目標を見据え、先行きを微修正しながら進む時。

【ねずみ年(甲子年)・1984年(昭和59年)生まれの運勢】
今年は地位や権力を得て出世昇進する時。サラリーマンの場合、昇進のチャンスを得る。自営業や経営者の場合、自分の名誉が高まり、仕事に良い影響を与える。

【ねずみ年(丙子年)・1996年(平成8年)生まれの運勢】
財運があるが、男性の場合、新たな異性関係ができやすい。異性運があるわけではないのに新たな感情が芽生え、浮気心も。財運では学んで資格を取ったり、サイドビジネスや別のビジネスを行って稼いでも家のことでお金が入り用になりやすい。

Fukagawahouryuu1webshou1_3【ねずみ年(戊子年)・2008年(平成20年)生まれの運勢】
今年は学びの時。勉強すれば例年よりも学力がアップし、受験や試験があればプラスの効果が働く。東南が文昌の方位なので、東南に向かって勉強すれば、なお効果が得られやすい。

※ねずみ年(子年)生まれの2013年(平成25年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は一千万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口で大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2013年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」(有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、来年(平成25年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

 引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】 

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

2012年12月 9日 (日)

2013年(平成25年)干支占い へび年(巳年)生まれの運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Midosiumare

2013年(平成25年)は一体、どんな年になるのか。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

2013年(平成25年)は一体、どの年の生まれが好運なのか。

ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

まずは年男、年女となるへび年(巳年)生まれから見ていきます。

へび年(巳年)生まれは、1929年(昭和4年)生まれ、1941年(昭和16年)生まれ、1953年(昭和28年)生まれ、1965年(昭和40年)生まれ、1977年(昭和52年)生まれ、1989年(平成元年)生まれ、2001年(平成12年)生まれです

Mi 【巳(み・シ)】天源占いでは止(シ)。思考タイプでユニークな発想力がある。植物の成長が終わり、火の勢いが強くなる時期なのでおとなしいが情熱的。柔軟性があり、下品を嫌う。向上心あり。嫉妬心旺盛で執着心あり。時で言えば5月、午前9~11時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丙(ひのえ=火の兄)。

【2013年(平成25年)のへび年(巳年)生まれの運勢】

Midosieto1_2 平成25年(2013年)は財運はあるが、太歳(木星を意味=その年の干支)を犯しているので、感情が不安定。平成24年(2012年)が紅鸞桃花運(浮気・異性運)が回ってきていたので、その原因で一喜も三災となり、喜び事にはほとんどならない。結婚には縁遠く、恐れからマイナス思考になりやすいので注意。4月が最も状況が厳しくなるので、旅行で気分転換するのが良いでしょう。財運は平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)、熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は今年から低迷し始めるが、今年は急下降はしない。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は攻めの姿勢でいけば成功しやすい。

吉星の天解と解神が巡って来ているので、凶を吉に変える力があり、太歳(木星を意味=その年の干支)を犯していても軽減され、不幸中の幸いになりやすい。剣峰、血刃があるので、突発的な損傷・傷害に注意。

Juunisi2_4【金運】
財運が回ってくる財運年ですが、太歳(木星を意味=その年の干支)を犯しているので、情緒が不安定で金運は弱い。しかし、全体的には物事が少し進む。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は夏場から財運が好転し、仕事運も上昇する。熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)や平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)の人は財運年なので急下降することはない。

【仕事運】
財運年だが、仕事は困難を突破するのが不安定。1965年生まれ(昭和40年生まれ)のみは地位昇進のチャンスあり。会社での内部昇進などで努力が妨害されにくい。

Hebinenun 【恋愛結婚運】
心情は不安定で、感情にされやすい年。結婚も感情に流されてゴールインすることもあり、マイナス的な思考に影響されやすい。とくに旧暦4月(5月10日~6月8日)は特別に注意が必要。今年は感情の変化が激しく、相手と結婚しなければ分かれる可能性も。

【健康運】
情緒不安定で健康問題が起こりやすく、突発的な事態が発生しやすい。怪我や自動車事故などに注意。とくに旧暦4月(5月10日~6月8日)と旧暦10月(11月3日~12月2日)が要注意。

【総合運】
太歳(木星を意味=その年の干支)を犯しているので、心情が不安定で情緒不安定になりやすい。つい、我知らず、悪いことに心が染まりやすいので、何よりも周囲の人たちの支えや守護、アドバイスに耳を傾けること。人の良縁によって凶意が軽減される暗示があります。

【へび年(己巳年)・1929年(昭和4年)生まれの運勢】
今年は学習による投資の年。新たに投資するというのではなく、日常生活で関心のあることについて学習し、心磨きをすることによって投資の機会を得られやすい。何も新たに学習しなければ投資の機会を得られず、情緒不安定な日々となってしまうので注意。

【へび年(辛巳年)・1941年(昭和16年)生まれの運勢】
個人で苦労した力量が最終的に財を得て実る年。70歳を過ぎ、十分活躍し、仕事の実務能力はあるが、今年、退職すると苦労が多い。すでに定年退職している場合、友人と旅行するのが吉。

【へび年(癸巳年)・1953年(昭和28年)生まれの運勢】
60歳で定年退職するには良い年。突然、仕事を辞めてしまうことで戸惑いや環境不適応になりやすい。

【へび年(乙巳年)・1965年(昭和40年)生まれの運勢】
権力上昇の年。サラリーマンの場合、昇進が期待できる。

【へび年(丁巳年)・1977年(昭和52年)生まれの運勢】
財運がある年。太歳(木星を意味=その年の干支)を犯すマイナス思考を排除・克服していけば仕事はうまくいき、実績も残せる。

【へび年(己巳年)・1989年(平成元年)生まれの運勢】
学習、投資の年回り。資格を取るために勉強したり、趣味のために学んだりすると良い。

Fukagawahouryuu1webshou1_4【へび年(辛巳年)・2001年(平成12年)生まれの運勢】
苦労しながら財を得る年。学校などで勉強に集中すれば活躍でき、課外活動に参加すると実りが多い。

※へび年(巳年)生まれの2013年(平成25年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は一千万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口で大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2013年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」(有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

国運が問われる時、平成25年の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111_3 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

さらには九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

 引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2013年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】 

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

中国の予言書「推背図」と劉伯温著「焼餅歌」

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

Linnanwenfa001 「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

長年、香港に滞在し、中国最南の海南島や広西チワン族自治区、湖南省などを訪れた時、中国南方の独特の雰囲気に何度も出くわすことがありました。

何とも言えない長い歴史の中で培われた独特の落ち着いた雰囲気。南方ならではというか、日本への文化伝達にも通じる世界で、中国では嶺南文化と呼ばれています。

中国の風水を学ぶ上でも、嶺南文化は欠かすことはできません。

Linnaiwenfa003 広東省広州市中心部から車で45分ほどの場所(広州地下鉄4号線大学城南駅B出口から徒歩10分)に嶺南印象園という嶺南文化を満喫できるテーマパークがあり、嶺南文化の旺年期を感じ取ることができます。

影絵芝居や人形劇の中に独特の文化が凝縮し、珠江の流れの中で文化が育まれているという感じです。

最近、中国の三大予言書の一つ、劉伯温著「焼餅歌」を研究する中で深い解釈をするためには嶺南文化を知ることも非常に大切だと思うようになってきました。

Linnaiwenfa002 現在、中国の予言書「推背図」のみが日本でも関心を持たれるようになってきましたが、中国の予言書は大きな流れを理解した上で、それぞれの個別の解釈論をしていく必要があります。

推背図を深く理解する上でも「焼餅歌」は欠かすことができません。とくに易経との関連が深いため、易を熟知しておく必要があるのです。

今後の中国、世界がどうなっていくか。中国の予言書はどう解釈しているか。中国がアメリカを凌駕する経済力を持つ日が近い中、だれもが関心があることではないでしょうか。

そういう潮流の中で2013年がどんな年になっていくか、そろそろ関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を務める綾瀬はるかさん)

2012年12月 4日 (火)

香港の隠れたパワースポット、大帽山の魅力 来年(平成25年)の運気運勢アップ

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Daiboshanhk 今回は、あまり知られていない香港のパワースポットの一つを紹介します。

大帽山(たいもうさんTai Mo Shan)は香港最高峰(標高957メートル)の山。

実は香港でも有数のパワースポットです。

夜明け、ここから見る香港の風景は実に幻想的。雲海から高層ビルが突き抜け、朝日や夕日の時期はSFを思わせる建築群と自然のマッチングが絶妙です。

Hongkongillujion 大帽山は新界の荃湾(ツェンワン)区と大埔(タイポー)区の区界にあります。

MTR(地下鉄)の荃湾(ツェンワン)駅に行けば、この山へ行くのは、さほど難しくありません。

荃湾(ツェンワン)付近は15年前、頻繁に行き来していましたが、当時は田舎でした。とはいえ、香港島中心部と違う巨大ビル群があり、倉庫群が多いのです。

今回も荃湾を訪れ、改めてそう感じました。

Hongkonggallaxy ところで隠れたパワースポットである大帽山は風水での良い気が流れる空気の澄んだ場所です。

荃湾(ツェンワン)駅から51番の九龍バス「錦田(ガムティン)行き」に乗り、郊野公園(カントリーパーク)で下車すれば、目の前に大帽山へ行く登山口があり、そこから上っていく。

ここでは不思議な宇宙的な感覚を得ることができます。

まあ、こんなスポットは香港人ならよく知っているわけですが、メジャーな観光スポットとしては紹介されることは少ない。

早朝、日の出を見るために登山する人。夜空を眺めるために深夜に訪れる人。様々です。

都会の喧噪から離れ、沈思黙想する時、この場所は壮大な宇宙を感じることができます。

そして大いなる太極の気を吸収できる場所でもあります。

Daiboshanhk2 2013年の運勢を良くしたいと思う人で香港に訪れて運気を得たいならば、ここを訪れるのも一考です。

日本は晩秋から冬に入っていきますね。

季節の変わり目は運気の変わりでもあります。

ところで、みなさんの来年(平成25年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

Fortunesutar1111 九星気学で見る2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。グッド!

 引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

さらには来年のあなたの運勢と開運ポイントがわかる本格的な鑑定を行っています。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2013年の運勢
――東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定――

Kigakuwakusei1_2の年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2013年の運勢(東洋占術と西洋占術)」では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

※ 鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。

さて、季節の変わり目は運気の変わりでもあります。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

Tesouschool003 《講師》
運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉
《住所》
福岡市中央区笹丘1-11-13 笹丘平和ビル1階
※ビルにはコインパーキングが完備してあります。油山観光道路沿い、ダイエー笹丘店の近く。西鉄「笹丘1丁目」バス停徒歩1分。
《連絡先》
電話:092-720-7202 FAX:092-406-4264
携帯電話 090-3416-6230

《ホームページ》
天地人の運勢鑑定