フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月23日 (土)

香港風水の極意を知る序章

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

香港に来ています。

P1080379

コーズウェイベイのタイムズスクエアは秋の装い。

さすがに昨年の今頃とは装いが違い、家族でもカップルでも一人でも楽しめる雰囲気があります。

クリスマスの飾り付けも地下ではされていて、摂氏22度という日本で初雪がちらほら聞かれる時期とは違う温かさ。

ベストシーズンですね。

昨日、香港でも新界地区の荃湾(ツェンワン)へ久しぶりに行きました。

Tsenwan004

香港中心部に劣らない巨大なマンションビル群。

まるで天空都市です。

ここには大帽山という香港で一番高い山があり、そこから夕日や朝日を見る時、雲の合間からビル群が見える幻想的な風景が不思議な感覚をもたらします。

香港もどんどん変化していますね。

宮崎駿監督の「風立ちぬ」がクリスマスから香港で上映されるので、広東語の字幕の準備が完成。

香港人は宮崎作品をこよなく愛する人がたくさんいますね。

日本食は非常に愛好され、食通には欠かせない料理になっています。

Axmas1

街並みはクリスマスシーズンに彩られ、夜景もきれいです。香港風水の考え方を反映したビル群はいつみても面白く、香港でもはずれにある建物の方がさらに新鮮です。マンションに穴が開いているのはその特徴の一つ。

「以前はこの建物、なかったですよ」と香港人の友人。

香港人の奥様は中国の宮廷料理である「満漢全席」の研究をされています。

満漢全席は清朝の乾隆帝の時代から始まった満州族の料理と漢族の料理のうち、山東料理の中から選りすぐったメニューを取りそろえて宴席に出す宴会様式の豪華な宮廷料理。

Amangan

後に、広東料理など漢族の他の地方料理も加えるようになり、西太后の時代になるとさらに洗練されたものとなりました。

盛大な宴の例では途中で出し物を見たりしながら、数日間かけて100種類を越える料理を順に食べる場合もあったと言われ、実際にそうだったそうです。

清朝が滅亡するとこのような贅を尽くすことはなくなり、宮廷内の料理人は四散して料理の伝統が途絶えたとされますが、今なお、料理人たちは細々ながら存続していて、海外に散らばっているとのこと。

以前はジャッキー・チェンさんと料理番組を作っていて、この研究に入ったそうで、なかなか興味深い話でした。

きょうは養生によいスープについて専門家の話を直接聞いてきます。

香港トップの行政長官執務室を備えた公邸である香港礼賓府(ガバメントハウス)があす(11月24日)に公開されます。

香港総督府時代から各国要人をもてなす迎賓館としての役割を担い、実は香港の風水を大きく左右する場所にあります。

1942年の改築で日本人建築家の藤田正一氏が設計した瓦屋根の建物も現存。あす、それをじっくり見てきます。

香港風水の大切な場所については、あまり、日本では知られていません。

後で、少しだけ紹介するかもしれません。

さて、そろそろ、来年(平成26年)の運勢についても、干支別に紹介していく準備をしています。

皆さん、楽しみにしてください。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 また、各星の相性については本ブログの「相性とは相手に合わせる努力度で決まる 九星気学編」 を参考にしてください。真剣に相性占い鑑定をしてほしい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の本格相性占いからお申し込み下さい。きっと、相性でも開ける世界が出てくるでしょう。

 本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 また、2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で本ブログで紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

【本格的なオリジナル開運カレンダーPDF版を3000円でご提供】

Kaiuncalender_2

●今回、ご依頼日から1年間の「オリジナル開運カレンダー」 をお一人様3000円(PDF版)で私の公式 ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 上からご提供することになりました。ご依頼人の生年月日時を通じ、日々、気をつけるべきポイントを示して着実に開運に導く四柱推命による毎月毎日の開運カレンダー です。

 しかも、弘法大師空海が中国から持ち帰った27宿曜占星術を通じた開運カレンダーも加えられた本格的なものです。ページ数はA4版で120枚。PDF版でいつでも閲覧できますし、年間の感情バイオリズムなども付いています。音譜

 見本は「ご依頼日から1年間のオリジナル開運カレンダー」 の部分で見本(プロゴルファー・石川遼選手) がPDF版で閲覧できます。これは書店で出回る開運暦ではなく、ご本人の生年月日時から見た四柱推命と宿曜占術によるオンリーワンのオリジナルの本格的な開運カレンダー です。ご興味ご関心のある方は「鑑定申し込み」欄 からお申し込み下さい。

Kaiuncalender2013_2_2

※恋愛結婚運や仕事運、家庭運、進学就職運、健康運など、ご本人の2014年の運勢をさらに詳細に知りたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。四柱推命西洋占星術九星気学27宿曜占術手相占い易占い など 多角的な観点から詳細に占うことができます。吉方位や引っ越し、旅行でのお水取り、祐気取りなど、方位に関することも詳細に鑑定アドバイスいたします。アップ

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

Starfortune001

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務める岡田准一さん)

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

続きを読む »

2013年11月18日 (月)

2014年(平成26年)の運勢を占う 「皇極経世」編

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

2014年(平成26年)がどのような年になるのか。

Hyanzhi002そろそろ気になる時節になりました。

その年の国運、世の中がどうなっていくかを予測していくのは占術によって見える側面が変わってきますね。

中国で国運を占う上で参考になるのが、象数易で世の中の出来事を当てはめて予測していく「皇極経世書」という書です。

壮大な易による宇宙観、歴史観が展開される北宋時代の儒学者・邵雍が著した易の奥義の内容となっています。

Hyanzhi003ここでの易の計算方法を説明するのは省きますが、この占法によると、2004年~2013年の10年間は火水未済(かすいびせい)の十年間です。

つまり、2013年までが十年間の一つの区切り目。

そして、まさに2014年からは新たな10年のスタートの時となります。

2014年~2023年の10年間は統運卦が火風鼎(かふうてい)四爻(よんこう)で値運卦は火風鼎四爻が変じて山風蠱(さんぷうこ)四爻になります。

ですから2014年からの10年間は、易の火風鼎四爻、山風蠱の卦辞(卦の意味の説明)と爻辞(爻の意味の説明)を見て解釈していく必要があります。

まずは2014年からの10年間は表面上は火風鼎四爻の状態にあるということです。

Shougen火風鼎(かふうてい)の鼎(てい)とは、三本の足で支えられている「かなえ」のことです。三本の足は協力と安定を示し、三本足が最も安定し、三人が力を合わせて思い物を支えていくイメージを表しています。

新しいものを加えて内容を改める時です。

私は広東省を旅した時、この火風鼎を象徴する山に登り、その山の上には、巨大な鼎の銅像が建立されていて、その意味をしみじみと考えたことがありますが、そのイメージです。

では、易経では火風鼎四爻はどう説明してあるのか。

「鼎折足。覆公餗。其形渥。凶(ていあしをおり、こうのそつをくつがえす。そのかたちあくたり。きょうなり)」

「公式の宴席で鼎の足が折れ、料理が散乱してしまう。大失態だ。重刑に処せられる。凶」という意味です。

Fuggiこの卦を解説した象伝(たんでん)では「公の餗を覆すとは、信(まこと)にいかんせん」とあり、信頼関係がないために鼎が折れてしまったのだと解説しています。

ですから、この10年間、信仰や信心、文化、習俗、慣例、制度、形態などが瓦解してバランスを崩し、組織や集団、巨大なグループが傾いたり、体制や統治組織が覆されたりする時期になるということです。

既得権益者が崩壊に直面して敗れ去り、前途は決して楽観できないので、「信じる」とは何かを熟考し、自問自答する時代になるということでもあります。

さらに言えば、火風鼎四爻を変じると、裏の意味として山風蠱(さんぷうこ)四爻が示されているということになります。

山風蠱四爻は易経に「裕父之蠱。往見吝(ちちのこをゆたかにす。そそぐときはりんをみる)」とあります。

意味は「父の難事をのんびり傍観する。やってもうまくは行かない。志を得ずして吝(りん)」です。

山風蠱(さんぷうこ)の蠱(こ)は、皿(器物)を虫が食い荒らしたり、皿に盛った食物に虫が湧いていることを意味しています。内部が腐敗して混乱が進行する状態で、早く処置すれば災い転じて福となすことができる時期です。

この十年間、腐敗が進めば道筋が整わず、収拾不可能な難局に突発的に巻き込まれる可能性があり、決して前途を楽観できないという意味です。

Taijiでは、2014年(平成26年)自体の意味は皇極経世書では、どうなると示されているでしょうか。

2014年は水雷屯(すいらいちゅん)四爻(よんこう)となります。

水雷屯四爻について易経の爻辞(こうじ=各爻の解説文)には「乗馬班如。求婚媾往吉。无不利(うまにのりてはんじょたり。こんこうをもとめてゆくときはきちにしてよろしからざるなし)」とあります。

意味は「馬に乗って出かけたが、ためらいがちにまた引き返す。しかし思い切って求婚すれば吉にして順調。自己の非才を知り、同志を求めて共に困難を克服するのが賢明である」となります。

水雷屯(すいらいちゅん)の屯(ちゅん)は滞り、行き悩むこと。草木の芽が固い地面を突き破ることがまだできない状態で、内部に生命力を抱きながらも、まだ十分に伸びることができない悩み多き青年期、事業ならば困難の山積する創業期に当たります。

そんな不安定な時期に同志を求めて共に困難を乗り越える道を選択せよ、ということです。

共同で志を一つにして、一筋の光明を見い出す一方、盲目的に追求すれば成功できないという意味です。

皇極経世書による易を応用した2014年の運勢は非常に教訓に満ちた内容となっています。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 また、各星の相性については本ブログの「相性とは相手に合わせる努力度で決まる 九星気学編」 を参考にしてください。真剣に相性占い鑑定をしてほしい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の本格相性占いからお申し込み下さい。きっと、相性でも開ける世界が出てくるでしょう。

 本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 また、2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で本ブログで紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

【本格的なオリジナル開運カレンダーPDF版を3000円でご提供】

Kaiuncalender_2●今回、ご依頼日から1年間の「オリジナル開運カレンダー」 をお一人様3000円(PDF版)で私の公式 ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 上からご提供することになりました。ご依頼人の生年月日時を通じ、日々、気をつけるべきポイントを示して着実に開運に導く四柱推命による毎月毎日の開運カレンダー です。

 しかも、弘法大師空海が中国から持ち帰った27宿曜占星術を通じた開運カレンダーも加えられた本格的なものです。ページ数はA4版で120枚。PDF版でいつでも閲覧できますし、年間の感情バイオリズムなども付いています。音譜

 見本は「ご依頼日から1年間のオリジナル開運カレンダー」 の部分で見本(プロゴルファー・石川遼選手) がPDF版で閲覧できます。これは書店で出回る開運暦ではなく、ご本人の生年月日時から見た四柱推命と宿曜占術によるオンリーワンのオリジナルの本格的な開運カレンダー です。ご興味ご関心のある方は「鑑定申し込み」欄 からお申し込み下さい。

Kaiuncalender2013_2※恋愛結婚運や仕事運、家庭運、進学就職運、健康運など、ご本人の2014年の運勢をさらに詳細に知りたい方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。四柱推命西洋占星術九星気学27宿曜占術手相占い易占い など 多角的な観点から詳細に占うことができます。吉方位や引っ越し、旅行でのお水取り、祐気取りなど、方位に関することも詳細に鑑定アドバイスいたします。アップ

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務める岡田准一さん)

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年11月12日 (火)

出雲の「三つの太陽」が内蒙古にも出現  2014年の国運

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Amaterasuoomikami1日本は「八百万の神々」が全国各地に祭られ、パワースポットの多くは、古事記や日本書紀、それ以前からの神々の神話の世界に縁深いものばかりです。

では、この「八百万の神」の主神は何かと言えば、天照大神(アマテラスオオミカミ)です。

天照大神は女性神で、ご神体は太陽です。

日本の神道というのは元々太陽神をはじめとする自然神への信仰が起源といえます。

日本の原始神道は、たとえば宗像神社の神領・沖津宮が鎮座する玄界灘の孤島、沖ノ島(今も女人禁制です)には、その片鱗がそのまま残されています。

Okinosimamap1日本人の信仰は太陽神を信仰していた古代エジプト人の信仰と共通するものがあるのです。

エジプト考古学者の吉村作治氏が音頭を取って宗像地方を中心に沖ノ島を世界遺産にする運動が行われていることも、決して偶然ではないでしょう。

日本はアベノミクスで景気が上向いているとはいえ、仕事、とくに適職や転職運でお悩みの人は相変わらず多く、多くの方々が相談に見えます。当方でも、できるだけ適切・的確な仕事運に関する本格的な鑑定アドバイスができるようにしています。

適職、転職、仕事運を真剣に知りたい方々は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定の欄をご覧下さい。

仕事運を見る上で、実は、太陽の動きは絶対に切り離せません。

太陽の動きこそ、朝起きてから夜寝るまでの仕事運を見る上で重要であり、太陽エネルギーがその人に与える運気こそ、仕事運を図るバロメーターになるのです。

さて、その太陽ですが、日本で最近、太陽の見え方に異変がありました。

Kinkan001naha

私が今年のゴールデンウィーク期間、沖縄三越で開運鑑定会を行った時(5月3日)、太陽の周りに環ができる現象が沖縄で見られ、その現象にあれこれ、地元の人たちが解釈していました。

お年寄りが「支那事変の時もこんな現象が起こった」と話していて、吉凶様々な解釈です。

香港のベテラン風水師も吉凶で見れば、「凶」と言っていました。

そして10月18日、島根県出雲地方で太陽が3つあるように見えたり、逆さまの虹が現れたりする大気光学現象が同時に起きました。

Izumotreesun出雲大社がある出雲では全国から神々が集まるとされる「神在(かみあり)月」(旧暦の10月)の時期なので、不思議さはひとしおだったようです。

太陽の周りの光の輪は「内暈(うちがさ)」、両サイドの光源は「幻日(げんじつ)」、逆さまの虹は「環天頂(かんてんちょう)アーク」と呼ばれる大気光学現象。

いずれも上空の薄雲を形成する無数の氷の粒の働きで光が屈折してできるものですが、3つの現象が重なるのはとても珍しいそうです。

日本では、この現象を吉兆のように受け取ることが多かったのですが、どうも中国では、そうではないようです。

Neimongumoon1今月(11月)1日午前9時(日本時間同10時)ごろ、中国内モンゴル自治区赤峰市内の上空で、この「3つの太陽」が見え、出現して2時間後に消えたそうで、市民たちの議論になっています。

古代中国でも、この現象が一種の天文現象として記され、太陽の両側に環がみえるため、「日珥」(太陽の両耳)と称し、この「日珥」の間にできる虹のことを「日暈」と呼んでいました。

中国の天文書「天文示斯」にこのことが「暈外抱珥」と記され、この現象について「朱熹(朱子)曰く、この現象は外部から敵が攻めれば、外部の敵に利となる」と説明してあり、外敵が攻めてくる危険な時だ、と見ているようです。

そこで、中国や香港の風水師たちは、この現象が来年、日本が中国を攻めて来る凶兆だと解釈し始めています。

Tenmonsiki来年は甲午(きのえうま)の年で、ちょうど120年前の1894年に甲午農民戦争(東学党の乱)が朝鮮半島南部で勃発し、それが引き金になって日清戦争、日露戦争へつながっていく「日本を利する危険な年と重なっている」と見ているのです。

来年(2014年)は国運などを測局する太乙神数(たいいつしんすう)で見ると、43局に当たります。太乙は72局の循環(72年周期)で成り立っていて、43局では「主算不和、客算長和、利為客(主体は不和の状態、客体は和に長け、客体に利する)」となっていることから、内情が不和である主体(中国)にとっては外敵(日本)の利となる、と見ているのです。

また、「天文示斯」の「日色変常」の項には「宋志曰く、日出て火の如く、威光は赤色の如し。大将軍戦し、日は赤く血の如し」とあり、まるでロシアが共産主義国家に変貌し、第二次世界大戦が勃発する動きに酷似していると解釈しています。

実際は120年前の世界情勢と現在の情勢は大きく違っているわけですが、意識的か無意識的か、日本を脅威ある敵として見るのは、中国内でも香港でも共通認識のようです。

眠れる獅子だった120年前の清と世界第二の経済大国になった現代中国では状況は一変していますが、今後の中国の国運変化には目が離せない時期に来ています。

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 ~東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定~

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務める岡田准一さん)

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年11月10日 (日)

パワースポット開運法10 松尾芭蕉「奥の細道」に見る旅の準備

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Matuobashouzouきょうは、その松尾芭蕉の忌日である芭蕉忌(旧暦10月12日)です。

芭蕉忌は冬の季語にもなっていて、桃青忌・時雨忌・翁忌などと呼ばれています。時雨は旧暦十月の異称であり、芭蕉の句としては「初時雨猿も小蓑を欲しげ也」などがあります。

松尾芭蕉の「奥の細道」は壮大な東北行脚の旅を通した紀行文集はその序文で「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。‥」と綴られ、旅心が凝縮されています。

旅で開運を求める心があるとすれば、まず、「奥の細道」を参考にすべきです。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也(月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である)。

舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。  (船頭として船の上に生涯を浮かべ、馬子として馬の轡(くつわ)を引いて老いを迎える者は、毎日旅をして旅を住処(すみか)としているようなものである)。

古人も多く旅に死せるあり( 古人の中には、旅の途中で命を無くした人が多くいる)。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。(わたしもいくつになったころからか、ちぎれ雲が風に身をまかせ漂っているのを見ると、漂泊の思いを止めることができず、海ぎわの地をさすらい、去年の秋は、隅田川のほとりのあばら屋に帰ってクモの古巣を払い、しばらく落ち着いていたが、しだいに年も暮れて、春になり、霞がかる空をながめながら、ふと白河の関を越えてみようかなどと思うと、さっそく「そぞろ神」がのりうつって心を乱し、おまけに道祖神の手招きにあっては、取るものも手につかない有様である )

松尾芭蕉の場合、旅を計画してスタートするまでの準備期間はさほど長くはなかったのでしょうが、準備はしっかりと抜かりなく行っています。

Raichiyo易で言えば「雷地予(らいちよ)」の時です。

旅を準備して実行するには、どうすれば良いか。

易経の「雷地予」の卦はこう解いています。

「予。利建侯行師(予は、侯を建て師を行<や>るに利<よ>ろし)。」

「人材を適材適所に配置した上で旗揚げするのがよい」という意味です。

予(よ)には「楽しむ」「おこたる」「あらかじめ」の三つの意味があります。

道楽にうつつを抜かすと油断して思わぬ失敗をしてしまう。

だから「あらかじめ」警戒して行かなければならない。

Raichiyo3卦(か)の形から見ると、地上(坤)に陽気が雷同(震)する春到来を意味します。

冬の寒い時期に蓄えてきたエネルギーを今や、すべて発散する時が到来した、という意味です。

これまでの不遇は今日のための予備段階であり、準備が完了し、油断せず、喜びの境遇を切り開いていくのが良い、ということです。

そして、「観光」という熟語の元となった易の「風地観(ふうちかん)」。

Fuuchikanこれが、旅で観光するときの本質が示されています。

易経で「風地観」の卦はこう解説しています。

「観。盥而不薦。有孚顒若(観は盥<てあら>いて薦<すす>めず。孚<まこと>ありて顒若<ぎょうじゃく>たり)。」

「観」は見ること。凝視することです。

ただ、漠然と見るのではなく、よくよく奥底まで見抜くこと。

「手を浄めて神前に進み、祭祀にとりかかる直前、純粋な誠の心に満ちていれば、厳粛な気が周囲を支配して、観る人すべての心を打つ」という意味です。

Fuuchikan2こういう態度が身につけば、徳となって万民を感化できるようになるということです。

卦の形を見れば、風が地上を吹き渡る状態ですから、王は、くまなく天下を巡察して国民の風俗を見て教育していくという状態です。

とくに四爻(よんこう)の「観國之光。利用賓于王(国の光を観る。もって王に賓たるによろし)」は「観光」の語源となった部分です。

風地観の各爻を見ると、物事の見方の深さが大切であることを示しています。

つまり、旅行して観光する時、一つ一つの事象をどのような観点で見通し、洞察できるか。

とくに「自分の行いを省みて、進退を決せよ」という三爻の部分は、旅で自分の今までの行いを振り返り、反省して進退を決定しなさい、という内容で、重要です。

易占の本格鑑定は、その人の課題に対して、そのものズバリの回答を与えくれます。

易占の本格鑑定にご興味がある方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「易占鑑定」をご覧下さい。

そして、旅行をする上で、もっと重要なことは、旅をするための準備です。

Laban001_2次回はその部分の重要ポイントを説明していきます。

いずれにしても、開運旅行をする上で重要なことは、準備と旅の最中と旅行後の三つです。

旅行の「旅」という漢字が方向・方位を表す「方」ヘンに一つの軍旗の下に五百人の兵士が一団となっていることを意味するツクリの部分から成っていることが見ても、旅行の方位は重要です。

そして、自分が父方や母方の先祖からの血筋でどのような背景を持ち、その縁のあるパワースポットに時を得て訪れることで大いなるパワーが注がれるものです。

本格的な開運旅行をしたいとお考えの方は私の公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」にある「ルーツから開運覚醒するパワースポット」をご覧下さい。

その人自身にピッタリ合う開運パワースポットはさらに限定された神社仏閣など、絞られていくものです。

いかに有効にそれを探し出し、開運旅行として生かしていけるか。

Astrooceanこれが非常に大切なポイントとなります。

自分だけのパワースポットを探し出すためには、姓は非常に大切なルーツを探る暗号であり、それを解読し、本人にピッタリなパワースポットを推挙するのが姓名学、運命学、家系学を熟知した当方の役割ということになります。

もちろん、自分に縁の深いパワースポットに訪れるには、「縦横の法則」以外に「時運・方位の法則」があり、行くべき時期がそれぞれ違います。これを選定し、真の開運へ導いていくのが、本物のパワースポット開運法です。

「ルーツから巡礼するパワースポットの推挙」にご興味がある方々は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定 」を閲覧くださり、お申し込み下さい。

パワースポット開運法1  「天地人合一」の場所探し

パワースポット開運法2  源氏と平家、家系的な所縁深さが左右する

パワースポット開運法3  活断層に多い真の聖地 自分で体感・確認

パワースポット開運法4  陰の時代だからこそ内面研く時

パワースポット開運法5  東京五輪のパワー

パワースポット開運法6  心底から変化開始

パワースポット開運法 その7 自分のルーツから巡礼しよう

パワースポット開運法8 江戸に見る神社仏閣と縁深い旅行の源泉 

以下は世界各地の代表的な開運パワースポット・スピリチュアルスポットと2020年五輪開催が決定した東京のパワースポットの一部を紹介したものです。

【世界各地の代表的な開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆ストーンヘンジ(イギリス) 約5000万年前、1500年をかけて建造されたといわれる巨大石の遺跡 ◆モンサンミシェル(フランス) 世界遺産に登録されている孤高の僧院。キリスト教巡礼地の一つ ◆ガンジス川(インド ヒンズー教徒の聖なる川。日々のご来光と沐浴する人々を見て人生を振り返る ◆モニュメントバレー(アメリカ) ユタ州からアリゾナ州に広がる先住民族ナバホ族の居住地でもある聖地 ◆ラサのポタラ宮(中国) 標高3650メートルに位置するチベット仏教の宮殿で単体としては世界最大級の建築 ◆マチュピチュ(ペルー) 標高2000メートル以上の山の尾根上にある空中都市。インカ人の祭祀場との説もある ◆ピラミッド(エジプト) ギザの巨大ピラミッドはスフィンクスと共に人類に奇跡を起こすエネルギーがあるとの伝説がある ◆サンディアゴ巡礼路(スペイン) キリスト教の聖地であるスペイン・ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路 ◆エアーズロック(オーストラリア) 世界で2番目に大きい一枚岩、ウルル。「地球のヘソ」と呼ばれることもある チチカカ湖(ペルー、ボリビア) ペルー南部とボリビア西部にまたがる淡水湖。数少ない古代湖 ◆ボロブドゥール(インドネシア) ジャワ島の大規模仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界遺産で世界最大級の仏教寺院 ◆セナド(アメリカ) ネイティブ・アメリカンの聖地とされ、赤い岩山に囲まれ、ボルテックスと呼ばれるパワースポットが点在

【東京の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆日枝神社(千代田区永田町2-10-5) 徳川家の崇拝篤い江戸城の鎮守 ◆鳩森八幡神社(渋谷区千駄ヶ谷1-1-24) 都内最古の富士塚でミニ富士山登山 ◆深川不動尊(江東区1-17-13) 深川龍神、護摩修行での太鼓が特長 ◆湯島天満宮(文京区湯島3-30-1) 学問の神・菅原道真を祀る。勝ち運 ◆富岡八幡宮(江東区富岡1-20-3) 広い境内に17社の末社がある ◆愛宕神社(港区愛宕1-5-3) 出世、勝運の「出世の石段」あり ◆代々木八幡(渋谷区代々木5-1-1) 国家鎮護、厄除けの神と緑樹の気 ◆根津神社(文京区根津1-28-9) 祭神は須佐之男命。願掛けカヤの木あり ◆鬼子母神(豊島区雑司ケ谷3-15-20) インド伝来の安産・子育ての神 ◆花園神社(新宿区新宿5-17-3) 新宿の華やかな商売開運招福スポット

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

また、2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で本ブログで紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている

◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定

◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場

◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る

◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願

◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる

◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い

◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境

◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝

◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰

◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明

◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神

◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神

◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い

◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社

◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる

◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名

◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社

◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大

◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ

住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名

◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名

◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝

◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び

◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い

◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる

◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる

◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 ~東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定~

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務める岡田准一さん)

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年11月 4日 (月)

パワースポット開運法9 示唆に富む易経の「火山旅」

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

今回は「パワースポット開運法 その9 示唆に富む易の『火山旅』」です。

Zubo004今でこそ、旅は安全で楽しいというイメージがありますが、中国での古代、各王朝の変遷の中で旅は危険や死と隣り合わせの命がけのものでした。

易経の64卦(か)の中で旅を意味する卦は「火山旅(かざんりょ)」です。

組織の中で孤立を感じてスランプに陥ったり、プライベートでも友人や恋人、家族が遠くに感じて傷心している時に旅(移動)を通して学問や精神修行を通じて自分の最終目的を再確認する時を意味しています。

Zubo003孤独やスランプを感じる時、旅をせよ。

ただし、旅は間違った方法を取ると命取りになり、旅するための重要なポイントがありますよ、と易は解いているのです。

私が中国各地で李白(りはく)杜甫(とほ)の足跡を尋ね歩いた時、詩人である彼らの詩歌からにじみ出る哀愁や研ぎ澄まされた豊かな感性は、「火山旅」の卦をしみじみと感じさせるものがあります。四川省にある杜甫の所縁ある場所を尋ね歩いた時、そうでした。

杜甫の「冬至(とうじ)」という七言律詩の漢詩にこうあります。

年々至日長為客(ねんねんしじつ つねにきゃくとなり)

忽忽窮愁泥殺人(そうそうとしてきゅうしゅう ひとをでいさつす)

江上形容我独老(こうじょうのけいよう われひとりおい)

天辺風俗自相親(てんぺんのふうぞく おのずからあいしたしむ)

訳としてはこうなります。

Zubo002毎年、冬至の日には、私はいつも旅人で過ごしてきたが、頭もはげるような困窮の苦しみと悲しみが、私の正体を失わせている。 江(かわ)を行く人の容貌を見れば、わたしだけが老いぼれていて、天涯のひなびた風俗にも、自然と親しみを感じるようになった。

杜甫が官職を捨てて念願の故郷に帰るために蜀(現在の四川省)の成都を出て長江(揚子江)を下って三峡の険にさしかかったころ、しばし足止めを余儀なくされた時の漂白の旅の歌です。

かつて都で経験した冬至の日の宮中での華やかな行事を思い出しつつも、もはや、都の方角さえも判断がつかないほど、心は苦しみと悲しみで千々に乱れるばかりだと憔悴しきった気持ちを詠っているのです。

旅も方向や目的を見失うと、こうなっていくものです。

旅行の「旅」は方位方向を示す「方」ヘンに、一つの軍旗の下に五百人の兵士が一団となっていることを意味するツクリの部分から成っています。

では、どうすれば良いか。

Zubo001

易経の火山旅の卦はこう解いています。

旅。小亨。旅貞吉(りょはすこしくとおる。りょはていにしてきち

旅とは旅人を意味し、「火山旅の時、小事は通ず。旅路で貞正にして吉」との説明があります。

解説すると、「旅はやや道が開ける。沈着に振る舞って明知(離=明確な目標・指標)を艮(ごん=山のように不動の心)で失わなければ、やや開ける。旅する場合、この態度を固く保持すれば吉」。

旅の途中のように公私ともに孤独を感じる(心が移ろいやすくなる)時、「貞正(正しい目標を見失わずに心を正しく保つ)」であれば「吉」なのです。

Zubo005_2旅宿を転々とする孤独な旅人が象徴するものとしては、不安定な生活(転職、転居)、焦燥した孤独感、失恋などが挙げられるでしょう。精神的に不安定な時、スランプを感じて孤独感に苛(さいな)まされている時です。

こんな時には無理をしてまで打開しようとはせず、焦ることなく受け身で対処していくことが大切であり、「郷に入れば郷に従え」でなおかつ、旅人が目的地を忘れないように、内心では自己の理想をしっかり守っていくことが重要な時なのです。人生は長い旅なのですから。

この卦が出れば、旅に行くと良いとされていますが、学問、芸術、精神修行に良いとも言われています。

Kazanryo3なぜなら、孔子が筮(ぜい)を立て、この卦(火山旅)を得て、易にまだ詳しくなかった時期だったので、別の易の専門家に解説してもらったところ、「小(すこ)しく亨(とお)る。聖なる知識追求を抱いていても位を得ることはできないでしょう」との回答だったので、孔子は涙を流してこのままでは自分の道が達成しないことを悟り、一念発起して本格的に易を研究して易の解説本である「十翼(じゅうよく)」を完成したからです。

火山旅の卦には初爻(しょこう)、二爻、三爻、四爻、五爻、上爻(じょうこう)の6段階の状態があり、その段階ごとに易経ではポイントが以下の通り、爻辞(こうじ=爻の解説文)で示されています。

実は、この6段階の解説が旅行の上で非常に大切な開運ポイントとなります。

【火山旅・初爻(しょこう)】 旅瑣瑣(りょしてささたり)。斯其所取災(これそのわざわいをとるところなり)。 旅に出て、本来の志を忘れ、小さなことにこせこせしている。度量が狭いからだ。災難を招くもとになる。

【火山旅・二爻(にこう)】 旅即次(たびしてやどにつく)。懐其資(そのかねをいただく)。得童僕貞(どうぼくのていをえたり)。 旅に出て落ち着く宿を得る。旅費も十分にあり、忠実な従者もいる。最後には咎(とが)めを免れる。

【火山旅・三爻(さんこう)】 旅焚其次(りょしてそのやどをやかる)。喪其童僕貞(そのていぼくのていをうしなう)。厲(あやうし)。 宿から焼け出されてしまう。八つ当たりして従者にまで背かれる。哀れなことだ。危うい。

【火山旅・四爻(よんこう)】 旅于処(りょしてここにおり)。得其資斧(そのしふをう)。我心不快(わがこころこころよからず)。 旅の途中で滞在場所を得て長期間、好待遇を受ける。しかし、旅先のこととはいえ、心中は何となくすっきりせず、落ち着かない。

【火山旅・五爻(ごこう)】 射雉一矢亡(きじをえていちやうしなわる)。終以譽命(ついにもってよめいあり)。 雉(きじ)を矢一本で射落として見事に命中するが、雉は矢をつけたまま逃げてしまう。しかし、その手腕は周囲の人々に認められ、結局は大いなる栄誉を受ける。

Kazanryo2【火山旅・上爻(じょうこう)】 鳥焚其巣(とりそのすをやかる)。旅人先笑後号啕(たびびとさきにはわらいあとにはなきさけぶ)。喪牛于易(うしをやすきにうしなう)。凶(きょう)。 鳥が梢(こずえ)に作った巣を焼かれる。旅先にありながら高慢に振る舞ったためだ。得意の絶頂から失意のどん底に落ち込んで泣き叫ぶ。旅になくてはならない牛さえも見失ってしまう。凶。

火山旅の卦辞(かじ=卦の説明文)、爻辞(こうじ=爻の説明文)をよく読むと、旅に必要な開運の鉄則が書かれているのです。

以下がそのポイントです。

■大志を忘れず、こせこせ細かいことばかりにこだわらない

■郷に入れば郷に従え

■お金も時間もあるからといって旅先で高慢になるな

■八つ当たりしたり、やけっぱちになると大きな災いを引き起こす

■一矢報いると旅先で高評価を得ることがある

■旅を通して心の内面を磨き、本来の目標を再設定するきっかけを作れ

易占の本格鑑定は、その人の課題に対して、そのものズバリの回答を与えくれます。

易占の本格鑑定にご興味がある方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「易占鑑定」をご覧下さい。

そして、旅行をする上で、もっと重要なことは、旅をするための準備です。

Laban001_2次回はその部分の重要ポイントを説明していきます。

いずれにしても、開運旅行をする上で重要なことは、準備と旅の最中と旅行後の三つです。

旅行の「旅」という漢字が方向・方位を表す「方」ヘンに一つの軍旗の下に五百人の兵士が一団となっていることを意味するツクリの部分から成っていることが見ても、旅行の方位は重要です。

そして、自分が父方や母方の先祖からの血筋でどのような背景を持ち、その縁のあるパワースポットに時を得て訪れることで大いなるパワーが注がれるものです。

本格的な開運旅行をしたいとお考えの方は私の公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」にある「ルーツから開運覚醒するパワースポット」をご覧下さい。

その人自身にピッタリ合う開運パワースポットはさらに限定された神社仏閣など、絞られていくものです。

いかに有効にそれを探し出し、開運旅行として生かしていけるか。

Astrooceanこれが非常に大切なポイントとなります。

自分だけのパワースポットを探し出すためには、姓は非常に大切なルーツを探る暗号であり、それを解読し、本人にピッタリなパワースポットを推挙するのが姓名学、運命学、家系学を熟知した当方の役割ということになります。

もちろん、自分に縁の深いパワースポットに訪れるには、「縦横の法則」以外に「時運・方位の法則」があり、行くべき時期がそれぞれ違います。これを選定し、真の開運へ導いていくのが、本物のパワースポット開運法です。

「ルーツから巡礼するパワースポットの推挙」にご興味がある方々は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定 」を閲覧くださり、お申し込み下さい。

パワースポット開運法1  「天地人合一」の場所探し

パワースポット開運法2  源氏と平家、家系的な所縁深さが左右する

パワースポット開運法3  活断層に多い真の聖地 自分で体感・確認

パワースポット開運法4  陰の時代だからこそ内面研く時

パワースポット開運法5  東京五輪のパワー

パワースポット開運法6  心底から変化開始

パワースポット開運法 その7 自分のルーツから巡礼しよう

パワースポット開運法8 江戸に見る神社仏閣と縁深い旅行の源泉 

以下は世界各地の代表的な開運パワースポット・スピリチュアルスポットと2020年五輪開催が決定した東京のパワースポットの一部を紹介したものです。

【世界各地の代表的な開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆ストーンヘンジ(イギリス) 約5000万年前、1500年をかけて建造されたといわれる巨大石の遺跡 ◆モンサンミシェル(フランス) 世界遺産に登録されている孤高の僧院。キリスト教巡礼地の一つ ◆ガンジス川(インド) ヒンズー教徒の聖なる川。日々のご来光と沐浴する人々を見て人生を振り返る ◆モニュメントバレー(アメリカ) ユタ州からアリゾナ州に広がる先住民族ナバホ族の居住地でもある聖地 ◆ラサのポタラ宮(中国) 標高3650メートルに位置するチベット仏教の宮殿で単体としては世界最大級の建築 ◆マチュピチュ(ペルー) 標高2000メートル以上の山の尾根上にある空中都市。インカ人の祭祀場との説もある ◆ピラミッド(エジプト) ギザの巨大ピラミッドはスフィンクスと共に人類に奇跡を起こすエネルギーがあるとの伝説がある ◆サンディアゴ巡礼路(スペイン) キリスト教の聖地であるスペイン・ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路 ◆エアーズロック(オーストラリア) 世界で2番目に大きい一枚岩、ウルル。「地球のヘソ」と呼ばれることもある ◆チチカカ湖(ペルー、ボリビア) ペルー南部とボリビア西部にまたがる淡水湖。数少ない古代湖 ◆ボロブドゥール(インドネシア) ジャワ島の大規模仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界遺産で世界最大級の仏教寺院 ◆セナド(アメリカ) ネイティブ・アメリカンの聖地とされ、赤い岩山に囲まれ、ボルテックスと呼ばれるパワースポットが点在

【東京の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆日枝神社(千代田区永田町2-10-5) 徳川家の崇拝篤い江戸城の鎮守 ◆鳩森八幡神社(渋谷区千駄ヶ谷1-1-24) 都内最古の富士塚でミニ富士山登山 ◆深川不動尊(江東区1-17-13) 深川龍神、護摩修行での太鼓が特長 ◆湯島天満宮(文京区湯島3-30-1) 学問の神・菅原道真を祀る。勝ち運 ◆富岡八幡宮(江東区富岡1-20-3) 広い境内に17社の末社がある ◆愛宕神社(港区愛宕1-5-3) 出世、勝運の「出世の石段」あり ◆代々木八幡(渋谷区代々木5-1-1) 国家鎮護、厄除けの神と緑樹の気 ◆根津神社(文京区根津1-28-9) 祭神は須佐之男命。願掛けカヤの木あり ◆鬼子母神(豊島区雑司ケ谷3-15-20) インド伝来の安産・子育ての神 ◆花園神社(新宿区新宿5-17-3) 新宿の華やかな商売開運招福スポット

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

また、2013年(平成25年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で本ブログで紹介しています。ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている

◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定

◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場

◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る

◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願

◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる

◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い

◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境

◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝

◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰

◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明

◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神

◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神

◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い

◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社

◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる

◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名

◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社

◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大

◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ

住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名

◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名

◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝

◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び

◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い

◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる

◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる

◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 ~東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定~

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務める岡田准一さん)

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。