フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2014年(平成26年)干支占い とら年(寅年)生まれの運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

2014年(平成26年)は一体、どんな年になるのか。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

Toradosieto2014年(平成26年)に対するねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれ 、うさぎ年(卯年)生まれ 、たつ年(辰年)生まれ 、へび年(巳年)生まれ 、うま年(午年)生まれ 、ひつじ年(未年)生まれ 、さる年(申年)生まれ 、とり年(酉年)生まれ 、いぬ年(戌年)生まれ 、いのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はトラ年(寅年)生まれ平成26年(2014年)の運勢を見ていきます。

とら年(寅年)生まれは、1938年(昭和13年)生まれ、1950年(昭和25年)生まれ、1962年(昭和37年)生まれ、1974年(昭和49年)生まれ、1986年(昭和61年)生まれ、1998年(平成10年)生まれ、2010年(平成22年)生まれです。

Tora【寅(とら・イン)】天源占いでは演(エン)。立春から始まる木の力でぐんぐんと強くなる勢いがある。決断力、実行力があるが強引な面あり。竹を割ったようにさっぱりしている。統率力があり、義理堅い。前向きでこだわりが少ない。支配的で威張る。大胆だが短気で反抗的。明るい。頑固。時で言えば2月、午前3~5時、春。方位は東。五行では木。正気蔵干は甲(きのえ=木の兄)。

【2014年(平成26年)のトラ年(寅年)生まれの運勢】

Toraeto1今年は遙合年(合している)ので、去年よりも今年は全体的に安定している。昨年は太歳(木星を意味=その年の干支)で寅が刑していたので、皮膚や胃腸など体調もすぐれませんでしたが、一転して人脈が良くなります。他人から助けられやすく、健康上も好転しやすい。

寅年生まれの人は、今年は学習、勉強の年ですので、資格を取るために勉強したり、専門技術や技能を取得するために打ち込むと良いでしょう。サラリーマンは組織から淘汰されることは免れやすく、寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は火運の二年目なので新しいことをチャレンジすると実りを得やすい。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)や熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は学習する時。早く動くほど運気は良い。

今年は主だった吉星がありませんので、周囲の助力を得られにくいですが、目上からの引き立ては受けやすく、とくに寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は積極的にチャレンジして良い。凶星として「指背」があるので、背後で黒幕が悪い方に動き、画策するので注意が必要です。とくにヘラヘラとにこやかに表向きは笑って近づいてくる者が影では悪逆な策謀をめぐらして糸を引いていることがあります。ただ、注意していけば、難は避けられます。ほかに凶星として「地煞」「白虎」「飛廉」「天雄」がありますが、さほど強い凶の作用はないので気にする必要はありません。

【金運】 学習と投資の年回りなので、多かれ少なかれ、投資していくことになります金銭上の支出や口座開設は行いやすく、投資によって財政危機を乗り越えるケースも出てきます。

Toradoshieto

【仕事運】 学びとトライの年ですから年内にいろんなことを進行して完遂させたいと願いやすい時期。しかし、個人の能力には限界がありますので、あれもこれもはできません。着実に可能なことから完成させていき、手堅く行きたいところ。一つの目的に絞ってやっていけば、道が開けます。

【恋愛結婚運】 感情が不安定だった去年に比べて、ようやく安定していく傾向です。とくに5月以降からはその感覚が得られやすく、独身者は異性を意識しやすく、新たな相手とつき合いたい願望は強まっていきますが、過分な期待ばかりせず、あせらず、着実に踏み出していきましょう。

【健康運】 突発的な問題は発生しにくいですが、夏は皮膚病など皮膚に関わる病気に注意。暴飲暴食、不規則な食事、偏った食事を避け、バランス栄養食を心がけること。

【総合運】 今年5月までは昨年の影響が残っているので注意が必要。5月以降はようやく安定し始め、人との新たな良い縁に恵まれやすくなります。 

【トラ年生まれ=1926年(大正15年=昭和元年=丙寅年)生まれの運勢】 今年は依然として活動、活躍できます。軽挙妄動を慎み、不変不動不惑であれば、目的を達成可能です。

【トラ年生まれ=1938年(昭和13年=戊寅年)生まれの運勢】 人から助けられ、頼られる一年になります。夏以降、そのことが顕著に現れやすく、友人を大切にすることが開運の鍵となります。

【トラ年生まれ=1950年(昭和25年=庚寅年)生まれの運勢】 地位や権力が向上する年。会社組織では引退する時ですが、ステイタスは着実に上がります。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は、しっかりとしたビジネス上の考え方を固めれば、地位向上が認められます。

【トラ年生まれ=1962年(昭和37年=壬寅年)生まれの運勢】 財運が巡ってくる年。とら年生まれの中で今年、一番財運が良いのがこの年の生まれです。とくに寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は好調で、それ以外の人も着実に財運が巡ってきます。

【トラ年生まれ=1974年(昭和49年=甲寅年)生まれの運勢】 勉強、学問の年。学習運があります。サラリーマンの場合、実力を着実につけて競争社会でも勝ち抜ける叡智を身につけていく時です。

Fukagawahouryuu1web【トラ年生まれ=1986年(昭和61年=丙寅年)生まれの運勢】 苦労しながら財を勝ち取っていく年。仕事に忙殺され、自営業は労力ばかりで多忙ですが、サラリーマンは安定します。

【トラ年生まれ=1998年(平成10年=戊寅年)生まれの運勢】 勉強、学問の年。試験の運はあまりありませんが、努力すれば、実力相応の力を発揮できます。

【トラ年生まれ=2010年(平成22年=戊寅年)生まれの運勢】 権力や地位が上昇する年。自分の能力を開発し、それに向かってがんばれば、意外な才能を発見できることもあります。

※とら年(寅年)生まれの2014年(平成26年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。本格的な鑑定依頼は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお願いします。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

2014年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ「軍師・黒田勘兵衛」の主役を務める岡田准一さん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている ◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定 ◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場 ◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る ◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願 ◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる ◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い ◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境 ◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝 ◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰 ◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明 ◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神 ◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神 ◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い ◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社 ◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる ◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名 ◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社 ◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大 ◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ ◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名 ◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名 ◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝 ◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び ◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い ◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる ◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる ◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

Astroocean旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年12月30日 (月)

2014年(平成26年)干支占い うし年(丑年)生まれの運勢

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

2014年(平成26年)は一体、どんな年になるのか。

Usidosieto本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

2014年(平成26年)に対するねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ 、とら年(寅年)生まれ 、うさぎ年(卯年)生まれ 、たつ年(辰年)生まれ 、へび年(巳年)生まれ 、うま年(午年)生まれ 、ひつじ年(未年)生まれ 、さる年(申年)生まれ 、とり年(酉年)生まれ 、いぬ年(戌年)生まれ 、いのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はウシ年(丑年)生まれ平成26年(2014年)の運勢を見ていきます。

うし年(丑年)生まれは、1937年(昭和12年)生まれ、1949年(昭和24年)生まれ、1961年(昭和36年)生まれ、1973年(昭和48年)生まれ、1985年(昭和60年)生まれ、1997年(平成9年)生まれ、2009年(平成21年)生まれです。

Usi【丑(うし・チュウ)】天源占いでは結(ケツ)。保守的で忍耐力がある。コツコツやる努力家。勤勉、正直で人間関係を大切にする。ルールを守り、方針を変えない信念がある。自縄自縛になりやすく、変化を嫌う。おとなしいがヒステリックな一面があり、陰気。時で言えば、1月、午前1~3時、冬(土用)。方位は北東。五行では土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

【2014年(平成26年)のうし年(丑年)生まれの運勢】

Usieto1今年はウシ年(丑年)生まれは今年は太歳相穿年(太歳を貫通する害の年)ですので、去年よりも今年は全体的に運気が低迷しています。ただ、冲や刑の関係ではないので、とりたてて害だから細心の注意をすべきだとの過敏な不安を持つ必要はありません。

ただ、人間関係に不和が起こりやすく、健康上も胃腸に注意すべき年回りです。

天乙貴人が巡って来ているので財運には恵まれやすく、事業は進展しやすい。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は比較的に良い運勢。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)や熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は天乙貴人の影響で運気が急降下することは防げます。吉祥星として紫微と龍徳が巡って来ているので、事業や財運はそれなりにあります。

凶星としては暴敗、天厄、六害、災煞、天煞などたくさんあるが、影響力は強くないので、あまり気にする必要はない。

Juunisi2【金運】 紫微や天乙貴人などの吉祥星があるので、財には恵まれやすいが、積極的に動き回ることをしないため、そこそこの財運で終わりそう。

【仕事運】 ゆっくり一歩一歩着実に歩んでいく年。明確な目標を定めていく時です攻める時、急ぎすぎず、緩慢すぎず、タイミングとスピードが勝負の分かれ目です。。

【恋愛結婚運】 今年は無刑無冲で桃花運がないので、新たな異性との発展的な感情や出会いは見込めない。独身者は現状を打破しにくく、マイナス思考ばかりしないようにして下さい。

【健康運】 健康上は胃腸に注意。とくに来年の未年(ひつじどし)は健康に細心の注意が必要な年回りです。とくに飲食物には今年から注意と配慮を意識していくことが常勝のコツです。

【総合運】 小さなことに気にしすぎないこと。平常心をいかに保つかが課題となる年。

Ushi【うし年・1937年(昭和12年=丁丑年)生まれの運勢】 財運は苦労して勝ち取っていく年。精神的には充実し、一度トライしたことを二度続けると実りを結びやすい。

【うし年・1949年(昭和24年=己丑年)生まれの運勢】 人生の半分を終えてゆっくりと進む時。旅行でこの世の幸せを感じ、満喫できる時間となります。やってきたことを再びしていきたくなる年でもあります。

【うし年・1961年(昭和36年=辛丑年)生まれの運勢】 権力、地位がアップする時。サラリーマンの場合は昇進の機会が多い。意外なところから評価を得られやすく、そのことで仕事がうまくいくケースも出てくる。会社にとって本人が利用価値があるとみれば、安定した収入が得られる。

【うし年・1973年(昭和48年=癸丑年)生まれの運勢】 財運が非常に良好。うし年生まれの中で一番良い。人からの助けを得られやすく、ちょっとした変化を試すことで自分らしさを得られます。

Fukagawahouryuu1web_2うし年・1985年(昭和60年=乙丑年)生まれの運勢】 学習、学びの時。現状の仕事の延長上のことを学んだり、資格を取るために勉強するには非常に良い時。財の投資にも効果が上がる。

【うし年・1997年(平成9年=丁丑年)生まれの運勢】 財運を苦労しながら闘い取る年。勉強を普通の二倍することで大きな実りや評価を得られる。適材適所に配置され、新知識を吸収することが成功の鍵となります。

【うし年・2009年(平成21年=己丑年)生まれの運勢】 今年はテストで力を発揮しやすい。来年はさらに熱心に勉強すると伸びます。

※うし年(丑年)生まれの2014年(平成26年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2014年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」 (有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Fortunesutar11112014年(平成26年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

 九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ「軍師・黒田勘兵衛」の主役を務める岡田准一さん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている ◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定 ◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場 ◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る ◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願 ◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる ◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い ◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境 ◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝 ◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰 ◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明 ◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神 ◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神 ◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い ◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社 ◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる ◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名 ◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社 ◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大 ◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ ◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名 ◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名 ◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝 ◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び ◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い ◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる ◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる ◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

Astroocean旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年12月29日 (日)

2014年(平成26年)は甲午(きのえうま)年 今年の運勢

 いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Tianmahkgovermenthouse12014年(平成26年=紀元2674年)は甲午(きのえ・うま)の年。

馬年(うまどし)ですね。

新年を迎えるにあたり、干支(えと)の本来の意味について、一般向けにご説明したいと思います。

右の馬の彫刻は香港の礼賓府(ガバメントハウス=香港トップの行政長官の執務室のある場所)に置いてある貴重な中国製のものです。内部は滅多に入ることができないのですが、私が撮影しました。

2014年は干支で見ると、甲午(きのえ・うま )の年。

運命学では干支(かんし・えと)は干(心に当たる十干=甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)支(体に当たる十二支=子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のどちらが、より重要かといえば、十干(心=内面)です。

ですから、まず、甲午(きのえうま)年の動向を見る上で、知らなければならないことは、甲(きのえ=木の兄)の意味です。

Kinoedesign甲(きのえ=木の兄=コウボク)」とは、大樹・大木・マキ・棍棒を表します。

十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の最初なので、すべての最初を意味します。古代中国では甲は数字の「」、一番を表し、とても貴いものなのです。

古代中国で「甲」は難しい科挙の試験に合格した成績の順位が一番で合格した人を「一甲」、2番で合格した人を「二甲」と表現していました。

それほど「甲」は貴いものだったのです。

Tianmahkgovermenthouse2_8方位学で九星気学の元となった「奇門遁甲(きもんとんこう)」がありますが、なぜ、遁甲(とんこう)と表現するかを見れば、「貴いものが動く様子」を意味しているのです。

ですから、2014年(平成26年)がどんな年かを見る上で、甲がどんな意味があるのかを知れば、自ずと先が見通せていきます。

甲の本来の意味は大きくは2つあります。

①始まり・革新(新制度、新政令、法令が出るとの意味)②狎(な)れる・狎れ合い(旧体制にしがみつきグズグズして改革せず時代に乗り遅れる)との意味です。

ですから、①の観点から見れば、2014年は「革新」が行われます。

日本では4月から消費税の8%導入が行われるのは、その最たる例でしょう。他にも次々と法案が施行され、新制度、新法令が出されて、世の中は新しい時代の始まりを象徴するような動きとなります。

そして、②の意味から見れば、ダラダラと旧体制の現状維持になれ合って埋没してしまうと、改革に乗り遅れ、時代に取り残されて号泣する羽目に陥ってしまうという警告の意味が含まれています。

易経を英語で「The book of changes」(変化の書)と表現し、易学の「」とは、変化を意味するように、時が変わっていけば、事象が変化していくので「変化に対応せよ」との意味があるのです。

新制度の導入による時代の変化に即応できる柔軟な対応力、順応力、変化力を持つ者が2014年を征するということです。

次に「午(うま)」の意味。

Umashoui1説文解字には午について「午は忤(さから)うなり」「午は陰気 下より上り陽と相忤(さから)うなり」とあります。

ですから、午(うま)は①逆らう・背く②繁栄の極みを過ぎる、の二つの意味があるのです。

ですから、運勢のピークを過ぎて下り坂になり始め、反逆、背反の動きが出てくることを示唆しています。

十二支のうち、「午(うま)」は7番目。前半の六つの支を回り終えて後半に入る区切りの場所に位置しています。「午前」と「午後」を分ける「正午」という言葉もここから来ています。

日本の国運を見た場合、この十二支による十二進法に当てはめて見ると、午年の2014年を迎えることは12年周期の国運の前半準備期を終えて、後半の成熟期に向かうことを意味しているのです。

そして2019年には十二支は一巡し、その翌年の2020年には東京オリンピック開催を迎えます。ですから、今後6年間は日本が国際的なスポーツ交流イベントを通して、成熟した国家の姿を見せるための準備期とも言えます。

日本だけでなく、それぞれ日本人一人ひとりも天馬の如く飛躍の一年になることが期待されているのです。!!

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 十二支はネズミ、ウシ、トラ、ウサギ、タツ(ドラゴン)、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシという12の動物(架空の動物も含める)で出来ています。

 人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

 ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に今年の運勢を見ることができます。

Seitoeto  中国各地の道教寺院に行くと、この十二支のマークが動物に例えて示されていて、訪れる一般人は興味深く、時には真剣に眺めています。2010年5月、上海万博でトルコ館を訪れた時、同じような干支で示したデザインがあり、東洋と西洋をつなぐ文化国でも共通のものがあるのか、と感動した記憶があります。グッド!

 これは、古代中国で、その本質を一般大衆に知らせないために、あえて、分かりやすい動物に例えて示されたものです。字源から見ると、十二支は決して動物自体がその本来的な意味ではありません。目

Seitodoukyou  ご存じの通り、干支(えと)は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)で成り立っています。

 十干が「心」とすれば、十二支は「体」。どちらも大切ですが、十干が内面的な本質を見るとすれば、十二支は、より外形的な、外面的な特性が分かります。グッド!

 一般的に知られているのは、十二支ですね。

 十二支には陰と陽があります。プラスとマイナスですね。陽は男性的、陰は女性的。

Seitoeto2  十二支は陽支(子=ネズミ、寅=トラ、辰=タツ、午=ウマ、申=サル、戌=イヌ)陰支(丑=ウシ、卯=ウサギ、巳=ヘビ、未=ヒツジ、酉=トリ、亥=イノシシ)があります。

 とくに自分の生まれた日の十二支を調べてみると、その人の特徴がよく分かります。生まれた年の干支(えと)ではなく、生まれた日に、その人の本質が現れるのです。メラメラ

 一般的には年男、年女と言って、生まれた年の干支で人の特性を見ようとする風潮がありますが、あまりにも大まかすぎます。しかし、その年の干支は、その年の流れを見る上で重要ですし、年男、年女の特性は大変大まかですが、干支による占いに興味を持つ人には「入り口」であり、身近な内容です。

 生まれた日、生まれた月、生まれた年が陽支(子=ネズミ、寅=トラ、辰=タツ、午=ウマ、申=サル、戌=イヌ)の場合、その特徴は、環境の変化に敏感で、思ったことや感じたことをストレートに発散します。!!

 生まれた日、生まれた月、生まれた年が陰支(丑=ウシ、卯=ウサギ、巳=ヘビ、未=ヒツジ、酉=トリ、亥=イノシシ)の人は、内向的で内面の動きに敏感。反省心が強く、必要なことを内に秘めながら表現する傾向があります。!!

 以下は十二支が表す特徴や意味の説明です。ここで出てくる天源占いとは、徳川家康の参謀だった天海大僧正が中国の干支占いを応用して作った占いで、十二支をそれぞれ一字で分かりやすく表しています。ひらめき電球

Ne【子(ね・シ)】天源占いでは滋(ジ)。あっさりしていて流行に敏感だが、派手なことは嫌い。細かい。着実で倹約家。ケチ。時間やモノを大切にする。楽天的。創意工夫する。利害に敏感。粘り強く、しつこい。変化を好む。時で言えば、12月、23~1時、冬。方位は北。五行では水。正気蔵干は癸(みずのと=水の弟)。

Usi【丑(うし・チュウ)】天源占いでは結(ケツ)。保守的で忍耐力がある。コツコツやる努力家。勤勉、正直で人間関係を大切にする。ルールを守り、方針を変えない信念がある。自縄自縛になりやすく、変化を嫌う。おとなしいがヒステリックな一面があり、陰気。時で言えば、1月、午前1~3時、冬(土用)。方位は北東。五行では土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

Tora【寅(とら・イン)】天源占いでは演(エン)。立春から始まる木の力でぐんぐんと強くなる勢いがある。決断力、実行力があるが強引な面あり。竹を割ったようにさっぱりしている。統率力があり、義理堅い。前向きでこだわりが少ない。支配的で威張る。大胆だが短気で反抗的。明るい。頑固。時で言えば2月、午前3~5時、春。方位は東。五行では木。正気蔵干は甲(きのえ=木の兄)。

U_2【卯(う・ボウ)】天源占いでは豊(ホウ)。穏やかで愛きょうがある。守りに強い。温和で協調性があり、人気者。好奇心旺盛。寛容で余裕がある。豊か。忍耐力に欠け、神経質な面あり。怠慢でやりっぱなし。根気強さがない。時で言えば3月、午前5~7時、春。方位は東。五行は木。正気蔵干は乙(きのと=木の弟)。

Tatu【辰(たつ・シン)】天源占いでは奮(フン)。困難に立ち向かう勇気と正義感あり。大らかで活発。批判精神旺盛で議論好き。怠惰で非効率的。頭が堅く融通性がない。軽快さがなく、破壊的。自負心あり。時で言えば4月、午前7~9時、春(土用)。方位は東南。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

Mi【巳(み・シ)】天源占いでは止(シ)。思考タイプでユニークな発想力がある。植物の成長が終わり、火の勢いが強くなる時期なのでおとなしいが情熱的。柔軟性があり、下品を嫌う。向上心あり。嫉妬心旺盛で執着心あり。時で言えば5月、午前9~11時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丙(ひのえ=火の兄)。

Uma【午(うま・ゴ)】天源占いでは合(ゴウ)。どこまでも陽気で親しみやすい。遊び好きで楽しい人。陰気なことが苦手。競争を好み、張り合う。落ち着きがなく見栄っ張り。体裁屋。行動派で思いやりが少ない。浪費家。時で言えば6月、午前11時~午後1時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丁(ひのと=火の弟)。

Hituji【未(ひつじ・ビ)】天源占いでは老(ロウ)。夏から秋へ移る時期なので、おとなしいが芯は強い。同情心が深く、思考が厳密かつ緻密。温和そうに見えても心は情熱家。熟練を好み、向学心旺盛。忍耐力あり。取り越し苦労が多く、すぐ気迷いに陥る。後悔ばかりで後ろ向きの思考。優柔不断で臆病。地味。時で言えば7月、午後1~3時、夏(土用)。方位は南西。五行は土。正気蔵干は己(つちのと=土の弟)。

Saru【申(さる・シン)】天源占いでは緩(カン)。世話好きで親切。お節介。臨機応変で機転が利く。利発で才智あり。体が丈夫で女性はお茶目。あわてん坊で気が小さい。気が変わりやすい。口が悪く、一言多い。人を値踏みし、人を見下す。時で言えば8月、午後3~5時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は庚(かのえ=金の兄)。

Tori【酉(とり・ユウ)】天源占いでは堕(ダ)。計画性があり、先見の明あり。創意工夫し、実利的な知恵がある。几帳面で理解力あり。世情に通じ、好き嫌いで判断。人の気持ちを気にする。余裕があり、大事を企てる。格好良さ、体面を重んじる。せっかちで短気。時で言えば9月、午後5~7時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は辛(かのと=金の弟)。

Inu【戌(いぬ・ジュツ)】天源占いでは煉(レン)。公平で負けず嫌い。潔癖症で責任感あり。粘り強い。活発で努力の人。批判精神が旺盛。売られたケンカは買う、ケンカっ早さ。融通性がない。用心深く理屈っぽい。やせ我慢する。時で言えば10月、午後7~9時、秋(土用)。方位は北西。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

I【亥(い・ガイ)】天源占いでは実(ジツ)。テキパキしている能率主義。合理的で徹頭徹尾やり抜く精神あり。理論家で率直、時に豪快。熱しやすく冷めやすい。衝動的で他人の意見を聞かない。独断行動。強引に押し切る頑固者。時でいえば11月、午後9~11時、冬。方位は北。五行は水。正気蔵干は壬(みずのえ=水の兄)。

 いかがでしたか。音譜

9seinohosibosi_2 中国の干支(えと)を通してだけで鑑定すると、見えない部分も出てきます。そこで非常に参考になるのが西洋占星術で見る星座や惑星の位置です。クラッカー

 生まれた年の木星の位置(どの星座に回座しているかを見る)は重要です。なぜなら、木星の公転周期は十二支(12年周期)に似ていて、約12年周期だからです。ただし、木星は逆行する性質があるので、生まれ年と木星の関係は年によって多少変化します。

【生まれ年と木星が回座する星座】

子年=木星は山羊座に回座

丑年=木星は水瓶座に回座

寅年=木星は魚座に回座

卯年=木星は山羊座に回座

辰年=木星は牡牛座に回座

巳年=木星は双子座に回座

午年=木星は蟹座(かにざ)に回座

未年=木星は獅子座に回座

申年=木星は乙女座に回座

酉年=木星は天秤座に回座

戌年=木星は蠍座(さそりざ)に回座

亥年=木星は射手座に回座

Nisshoku  さらに、四柱推命での月柱地支を見る場合、西洋占星術で示される太陽がどの星座に回座しているかという特性を加味して見ると、より深みが増します。太陽はほぼ定期的に運行するので、分かりやすいです。

【生まれ月と太陽が回座する星座から見た特性】

生まれ月が子月(12月)=前半は射手座、後半は山羊座。冬至から山羊座に入る。射手座(陽)は変化を好み、柔軟で火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が丑月(1月)=前半は山羊座、後半は水瓶座。大寒から水瓶座に入る。山羊座(陰)は落ち着きがあり、活動的で、地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が寅月(2月)=前半は水瓶座、後半は魚座。雨水から魚座に入る。水瓶座(陽)は変化を好み、固定し、風、知識、思想、情報を表します。

生まれ月が卯月(3月)=前半は魚座、後半は牡羊座。春分から牡羊座に入る。魚座(陰)は落ち着きがあり、柔軟で水、情感、和合、融合を表します。

生まれ月が辰月(4月)=前半は牡羊座、後半は牡牛座。穀雨から牡牛座に入る。牡羊座(陽)は変化を好み、活動的で、火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が巳月(5月)=前半は牡牛座、後半は双子座。小満から双子座に入る。牡牛座(陰)は落ち着きがあり、固定し、地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が午月(6月)=前半は双子座、後半は蟹座。夏至から蟹座に入る。双子座(陽)は変化を好み、柔軟で風、知識、思想、情を表します。

生まれ月が未月(7月)=前半は蟹座、後半は獅子座。大暑から獅子座に入る。蟹座(陰)は落ち着きがあり、活動的で、水、情感、和合、融合を表します。

生まれ月が申月(8月)=前半は獅子座、後半は乙女座。処暑から乙女座に入る。獅子座(陽)は変化を好み、固定し、火、情熱、創造、精神性を表します。

生まれ月が酉月(9月)=前半は乙女座、後半は天秤座。秋分から天秤座に入る。乙女座(陰)は落ち着きがあり、柔軟で地、感覚、形、実際、安定を表します。

生まれ月が戌月(10月)=前半は天秤座、後半は蠍座。霜降から蠍座に入る。天秤座(陽)は変化を好み、活動的で、風、知識、思想、情を表します。

生まれ月が亥月(11月)=前半は蠍座、後半は射手座。小雪から射手座に入る。蠍座(陰)は落ち着きがあり、固定し、水、情感、和合、融合を表します。

2014nenunseitenchijin  2014年(平成26年)の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ

 生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

 とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。

 「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ

また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年12月11日 (水)

平成26年(2014年)干支占い ねずみ年(子年)生まれの運勢

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

2014年(平成26年)は一体、どんな年になるのか。

Nezumidosieto本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

2014年(平成26年)に対するねずみ年(子年)生まれ 、うし年(丑年)生まれ 、とら年(寅年)生まれ 、うさぎ年(卯年)生まれ 、たつ年(辰年)生まれ 、へび年(巳年)生まれ 、うま年(午年)生まれ 、ひつじ年(未年)生まれ 、さる年(申年)生まれ 、とり年(酉年)生まれ 、いぬ年(戌年)生まれ 、いのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回はネズミ年(子年)生まれ平成26年(2014年)の運勢を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれは、1936年(昭和11年)生まれ、1948年(昭和23年)生まれ、1960年(昭和35年)生まれ、1972年(昭和47年)生まれ、1984年(昭和59年)生まれ、1996年(平成8年)生まれ、2008年(平成20年)生まれです。

Ne

 【子(ね・シ)】天源占星術では滋(ジ)。あっさりしていて流行に敏感だが、派手なことは嫌い。細かい。着実で倹約家。ケチ。時間やモノを大切にする。楽天的。創意工夫する。利害に敏感。粘り強く、しつこい。変化を好む。時で言えば、12月、23~1時、冬。方位は北。五行では水。正気蔵干は癸(みずのと=水の弟)。

 

【2014年(平成26年)のねずみ年(子年)生まれの運勢】

Nedosietodezain今年のネズミ年(子年)生まれは太歳(木星を意味=その年の干支)を沖したり、合したりするので合すれば安定し、沖すれば不安定になります。今年は沖しているので不安定。

ネズミ年(子年)生まれは本来、午年がめぐってくる年に三大喜事(結婚、出産、開業・不動産購入)を行うのが良いとされ、それを行うと安定しますが、変化も激しいので先手必勝のタイミングが大切です。

変化が多く、仕事や住居、感情が変化しやすく、とくに18歳(1996年生まれ)と30歳(1984年生まれ)の場合、顕著です。

18歳の人は結婚のチャンスは比較的少なく、感情に左右されやすい。30歳の場合、結婚しようとすると別れてしまうが、別れようとすると、逆に継続してしまう結果となります。仕事の変化は二極化し、良かったり、悪かったりを繰り返します。財運はあり、十二支の中で2番目に金運がある年回り。

吉星として月空が巡って来ており、凶を吉化しやすい。凶星として大耗がめぐり、財を大損失しやすく、不動産物件の売買には注意が必要。凶星の天哭がめぐり、心情が不安定で泣きわめきやすい。とくに女性は些細なことで一時的に涙が流れ、情緒的なバランスを逆に保つようになります。他に凶星として歳破、破砕、災煞がありますが、ほとんど影響はありません。

Juunisi2

【金運】

財運はあるが、太歳を沖している影響で財の出入りが激しい。生まれ故郷から新天新地に行くのは良いが、急転直下、財を得ても破財しやすい。大きな物を購入しても、何らかの原因で破財するケースもあるので要注意。


【仕事運】

仕事上の変化が起こりやすい。仕事上の良し悪しが自分の運気に左右されやすい。計画通り、事業を進めれば中途までは良くいく。転職の場合、「吉中蔵凶」なので、高望みや楽観は禁物。

Nezumi2014【恋愛結婚運】

太歳を沖しているので感情の変化が生じやすく、結婚、別れ、妊娠という形で表れる。とくに独身者は感情の一時的な高まりが一層激しくなり、「一喜三災」で結果として吉凶が異なっていく。 

 【健康運】

健康を害しやすい傾向で、とくに1960年生まれ、1972年生まれ、1948年生まれの順でリスクが高い。旧暦5月と11月の車の運転には細心の注意が必要です。

【総合運】

困難を迎える心理的準備が必要な時。仕事上の創業、結婚、別れなど悲喜こもごも。結婚についてもチャンスはある。

【ねずみ年(子年)・1936年(昭和11年)生まれの運勢】

高齢なのでゆっくり穏やかに動いていくこと。些細なことでも小事ではないのであせらず着実に事を成していく。

【ねずみ年(子年)・1948年(昭和23年)生まれの運勢】

12年前の54歳の時に比べて変化は少ない。全体的に安定した一年となる。

【ねずみ年(丙子年)・1960年(昭和35年)生まれの運勢】

6歳の時以来、一番変化が激しい年。運気の寒暖の差に適応する能力が問われる。

【ねずみ年(戊子年)・1972年(昭和47年)生まれの運勢】

子年生まれの中で一番財運が良好。努力すれば財を得られる。旧暦5月、11月に献血したり、ボランティアを行うと良い運気が得られる。

【ねずみ年(庚子年)・1984年(昭和59年)生まれの運勢】

今年は思想学習の時。人生の大きな転換点を迎え、眉毛に勢いがある人は創業のチャンス。

【ねずみ年(壬子年)・1996年(平成8年)生まれの運勢】

苦労しながら財を得る時。学業や仕事に従事していても多忙過ぎて自分の果たすことが足りないことに気づく。生活の充実感は感じられる。 

Fukagawahouryuu1web【ねずみ年(甲子年)・2008年(平成20年)生まれの運勢】

何かに没頭して傷つきやすい。事故や怪我に注意。

※ねずみ年(子年)生まれの2014年(平成26年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2014年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」 (有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Fortunesutar11112014年(平成26年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

 九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ「軍師・黒田勘兵衛」の主役を務める岡田准一さん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている ◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定 ◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場 ◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る ◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願 ◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる ◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い ◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境 ◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝 ◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰 ◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明 ◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神 ◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神 ◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い ◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社 ◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる ◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名 ◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社 ◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大 ◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ ◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名 ◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名 ◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝 ◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び ◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い ◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる ◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる ◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Astroocean 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

Laban001_2 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

2013年12月10日 (火)

平成26年(2014年)干支占い うま年(午年)生まれの運勢

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

Umadosieto2014年(平成26年)は一体、どんな年になるのか。

本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

人は生まれ年が十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のうちのどれかの生まれです。

これから、ねずみ年(子年)生まれ 、うし年(丑年)生まれ 、とら年(寅年)生まれ 、うさぎ年(卯年)生まれ 、たつ年(辰年)生まれ 、へび年(巳年)生まれ 、うま年(午年)生まれ 、ひつじ年(未年)生まれ 、さる年(申年)生まれ 、とり年(酉年)生まれ 、いぬ年(戌年)生まれ 、いのしし年(亥年) 生まれの2014年(平成26年)の運勢をそれぞれ、詳細に見ていきます。

今回は年男、年女であるうま年(午年)生まれ平成26年(2014年)の運勢を見ていきます。

Uma_2【午(うま・ゴ)】天源占星術では合(ゴウ)。どこまでも陽気で親しみやすい。遊び好きで楽しい人。陰気なことが苦手。競争を好み、張り合う。落ち着きがなく見栄っ張り。体裁屋。行動派で思いやりが少ない。浪費家。時で言えば6月、午前11時~午後1時、夏。方位は南。五行は火。正気蔵干は丁(ひのと=火の弟)。

Umadosieto1【2014年(平成26年)のウマ年(午年)生まれの運勢】 平成26年(2014年)は努力で財運を勝ち取ることができるが、太歳(木星を意味=その年の干支)を犯しているので、感情が不安定で悲観的になりがち。物事がうまく行かず、人事不和に陥りやすい。ただ、太極貴人が回座しているので、占い師や陰陽師、宗教家、スピリチュアルの専門家に相談することで良化できる。転居、離婚、結婚など変化が多い。門外不出の中国予言書「渾天寶鑑」では「天の助けを受ければ吉にして不利なし」と記されている。今年は吉星として財運に有利な金匱と権力による昇進を実現する将星や唐符が回座し、チャンスを見出せば成る。吉星の歳駕があるので新車売買が増える傾向。凶星として剣鋒、伏屍があるので、偶発的なトラブル、損傷が起こりやすいので注意を要する。

【金運】 個人の力量で努力して財を勝ち取る年。専門業種である医者、弁護士、会計士、不動産業、保険業、美容関係、風水、占い業などは有利。一般サラリーマンは苦労が多い年。ボーナスの割に仕事が多忙。

Juunisi2【恋愛結婚運】 感情の変化が激しいので、結婚したい相手がいれば、どんでん返しにならないように早めに結婚する必要がある。結婚準備段階で双方の意見が突然合わなくなって感情的になり、結婚に至らなくなるケースも出てくる。独身者の場合、職場環境の中で相手を見つけるケースが増える。今年の桃花運(恋愛・異性運)は不安定なので、過度の期待は禁物。一時的な衝動や感情で結婚に踏み切るのではなく、むしろ、じっくりとお互いの気持ちを育み合った後で結婚に至る方が正解となる。

Uma【仕事運】 苦労して財を勝ち取り、収入不安定であっても、財運に有利な金匱と権力による昇進を実現する将星が回ってくることで仕事が多忙になり、収入は上昇する。組織でのポジションも吉星の将星、唐符によって会社内での地位や評価は高まる。

【健康運】 太歳を犯しているため、一喜三災(良いことが一つあれば悪いことが三つ起こる)で感情の起伏が激しくなり、不安定。独身者は忍耐強く努力せよ。突発的な損傷が多く、旧暦5月と11月は特に注意が必要。この二ヶ月は献血や人間ドックでの検査、歯のメンテナンスなどをしっかり行い、旧暦5月は旅行を避けること。天災や疫病に注意。

【総合運】 太歳を犯している年回りなので、情緒不安定のために我知らず、他人を傷つけたり、トラブルに巻き込まれやすい。ただ、唯一、良いのは友達の輪が広がり、桃花運(恋愛運)を呼び込む南西に水を置いたり、南東に橙色の不動産物件があれば人が集まり、自宅とオフィスが表裏一体の方がうまくいく。

【うま年・1930年(昭和5年=庚午年)生まれの運勢】 地位・権力のパワーは上昇するが、仕事上は引退年齢を過ぎて、具体的な地位が上がることはない。手足の病気、浴室での転倒注意。ただし、後身の出世、新入社員が入ることで尊敬をさらに受けることになる。

【うま年・1942年(昭和17年=壬午年)生まれの運勢】 財運のある年。仕事上、財を得やすい。うま年生まれの中でも全体的な運勢は良い。定年退職した身であれば、宝くじや株式投資などで意外な収益を得ることがある。

【うま年・1954年(昭和29年=甲午年)生まれの運勢】 学びの年。資格試験を受けたり、精神修養を行ったりすると良い。何かを行おうとチャレンジする場合、小さな事柄でやってみて成功すれば拡大も可。

【うま年・1966年(昭和41年=丙午年)生まれの運勢】 自分の努力で財を勝ち取る年。うま年生まれの中でも一番急進的な性格。収入が不安定なので家族の助けが最大の協助となる。仕事を熱心に行ったことに応じて収入も増える。笑顔、ウイットのある笑いがトラブル回避に。

【うま年・1978年(昭和53年=戊午年)生まれの運勢】 すでに長年の仕事に慣れ、今年はちょっと腰を下ろして自分自身をゆっくり見つめ直す時。物事が再び成る時なので、慣れが怠惰を生みやすく、今の仕事が本当に適職かどうか自問自答して将来の新たな展望を見通すべき時です。

【うま年・1990年(平成2年=庚午年)生まれの運勢】 権力や地位がアップする勢いのある年。自分の感情が仕事に影響しないように細心の注意をしましょう。些細なことが大きなトラブルに発展しやすく、感情論に左右されると、仕事の実績も効果がなかなか表れなくなります。

Fukagawahouryuu1web【うま年・2002年(平成13年=壬午年)生まれの運勢】 多感な思春期の難しい時期に入り、親の期待を一身に集めるため、ストレスがたまりやすく、メンタル部分で学業上、強い苛立(いらだ)ちを感じやすい時です。保護者はあまりストレートに勉強に干渉せず、細心の注意を払って接する必要があります。

※うま年(午年)生まれの2013年(平成25年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

本格的に2013年の運勢を見通すには、以下の本格的な「天地人の運勢鑑定」(有料鑑定)がお薦めです。そうでなければ、人それぞれの細かい運勢は見通すことができません。重ねて、その点については、ご理解ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Fortunesutar1111今年(平成26年)の運勢を簡単に見通せるよう、九星気学でまとめてみました。

 九星気学で見る2014年(平成26年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 で鑑定を受けることができます。アップ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

2014年がどんな年になっていくか。

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

大吉祥! 読むだけで覚醒する2014年の運勢 東洋と西洋の両占術から見る本格運勢鑑定

Starfortune001その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2014年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。(サンプルは2014年NHK大河ドラマ「軍師・黒田勘兵衛」の主役を務める岡田准一さん)

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている ◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木街) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定 ◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場 ◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る ◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願 ◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる ◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い ◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境 ◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝 ◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰 ◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著明 ◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神 ◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神 ◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い ◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社 ◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる ◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名 ◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社 ◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大 ◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ ◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名 ◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名 ◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝 ◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び ◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い ◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる ◆有徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる ◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

※方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Astroocean 公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

 旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

 これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

Laban001_2

 当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

 パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります。

 前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

 いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。