フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 節分・立春の満月で願いをかなえよう 2015年開運 | メイン | 立春到来 新年の本格スタート開運の時 »

2015年2月 3日 (火)

節分で厄払い 豆まき後に新春開運 四柱推命

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「四柱推命 天地人の運勢鑑定」  を主宰している深川宝琉です。

きょう2月3日は節分(ぜつぶん)です。

Mamemaki4

翌2月4日が立春で、日本では立春が一年の始まりとして尊ばれてきました。

実際、運命学上も、2月4日からが2015年のスタートとなります。

立春を1年のはじまりである新年最初の日であるならば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師(おんみょうじ)らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

これが節分の豆まきの由来ですね。

Mikosanmamemaki2

私も久しぶりに鑑定の合間を縫って、徒歩圏内にある護国神社の豆まきに行ってきました。

福岡市内では、筥崎宮、香椎宮、櫛田神社、東長寺、住吉神社、愛宕神社、飯盛神社、紅葉八幡宮などで無病息災の豆まきが行われました。

人気の神社では、歌舞伎役者らが豆まきをして大変たくさんの人々が集まりますが、アットホームな雰囲気の神社での豆まきも良いものです。

地元の老若男女だけでなく、日本語学校に通う外国人留学生たちも見学に来ていて国際色豊かでした。

豆まきの前、神主が節分の意味をマイクを持って説明。

Mamemaki8

「節分とは本来、『季節を分ける』という意味で、季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回ありました。日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになりました」とのこと。小学生になる前の子どもたちにはわかりやすい解説ですね。

節分には豆をまきますが、中国の習俗が伝わったものです。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があり、各神社でも豆まきが年中行事です。

「鬼は外 福は内」――。

「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくのが習わしなので、「年男」や「年女」が神主や巫女さんに混じって豆をまいていました。

Mamemaki1

鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたります。

この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。

最後は、豆を人間が食べてしまうことで鬼を退治したということになるわけです。

鬼退治、豆まきには五行の論理がしっかり入っているのです。

昨日のブログでも説明しました通り、今年の節分と立春は月明かりが煌々(こうこう)と輝き、満月。

今年の節分は旧暦12月15日、つまり十五夜に当たります。

Fullmoon3

月齢(その日の正午時点での月の満ち欠け)では今年の2月3日は13.6で、満月になるのは2月4日(月齢14.6)の立春の夜。

今年は立春大吉に「立春望月(もちづき)」が加わるわけです。

運命学の観点から見ても、今春は、二十四節気と月の満ち欠け(朔望=さくぼう)の相性が良いので、対社会的な動きを見る太陽の動きと深層心理の動きを見る月の動きが一致して満ちた状態からスタートします。

ですから、明確な目標を立て、立春からスタートすることで大きな運勢の波動を太陽と月から得ていくことになりますので、大いに目標設定をして前を向いて前進していくことが大切ですね。

立春(2月4日)ごろは春窮(しゅんきゅう)と呼ばれる麦の収穫期前に米などが不足する春の端境期に入ります。

24sekki

古代、中世、近世、近代までは、東アジアは、春を迎える端境期に穀物が不足する状態になるのは共通でした。

日本の俳句では、「春窮」は春の季語になっています。

冬から春にかけて、前年の秋に収穫したものを食べ尽くし、困窮する時期ですので、日照りや日照不足で前年の収穫が少なかった年は、多くの餓死者が出て、生活時代、とても苦しい時期だったのです。

今でこそ、春節(旧正月)と重なることが多く、経済的に豊かになった中国や韓国では食料に影響はないのですが、北朝鮮では、いまなお、春窮は実際にあり、前年の収穫が少ない不作の時には、多くの人民が犠牲になる、現代にも続く季語と言えるでしょう。  

春窮とは、もっとわかりやすく言うと、春小麦や馬鈴薯が収穫される立春の時期、秋に収穫した穀物の蓄えがなくなる現象の時期です。

春窮麦嶺越え難しと言う言葉はここから発祥しています。 

Rantanfes111

この時期、中国東北地方では干菜(ほしな=中国語でガンツァイ=冬に食べる高菜やキノコの乾物)で食生活をしのいでいきます。小説家でハルピン出身の楊逸さんが、このことを著作で紹介していますが、母親が干菜を作るのが上手で、旧暦(農暦=陰暦)に合わせて秋分の時期から干し始め、春窮の時期に食する習慣があるとのことで、中国人の古来からの食生活、生きのび方の一端がわかり、興味深いものです。

春窮には春窮の時期の対処法があり、中国人は干菜で急場をしのいで乗り越えていったわけですから、耐えるべきは耐えるしかありません。

しかし、ここで落ち込んだ暗いムードを堪え忍んだ後、「一点突破」できる、劇的に流れを大きく変える「一瞬」が必要です。

人生も同じですね。

春夏秋冬があり、華やかに成功していく時期もあれば、落ち込む時期もある。  

  北の連鎖を恐れるのではなく、一点突破して流れを大きく変え、「改運」→「開運」できる一瞬が必要です。

運は努力次第ですが、いかに有効な努力をたくさん行って頂点に立つか。

Mamemakitoshiotokotoshionnna

有効な努力のためには、自らの長所、短所を見極め、「有効な努力」をしていく必要があります。

四柱推命「大吉祥!読むだけで覚醒する2015年の運勢」「パワースポット開運法」  は、そのために、きわめて有効です。  

関心のある方は「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。

運が悪い人を良くするのが開運を助けていくプロの占い師の仕事です。

凶運時に「改運」→「開運」する。

人によって、自力運が良い人、悪い人、他力運が良い人、悪い人、それぞれです。

細かいことになりますが、そのバランスの偏り方によって改運するためのアドバイスは違ってきます。

ご相談内容は多種多様で、以下のような相談が多いですね。

■自分の適職が何か知りたい(自分の天命を知りたい)

■いま、就職している会社に勤務し続けた方がよいか

■転職に最適な時期はいつぐらいか(第二の人生スタートの時期を知りたい)

■恋愛結婚の時期を知りたい(良縁に恵まれる時期を知りたい)

■同性、異性との相性を知りたい(異性との相性詳細や人間関係を知りたい)

■引っ越しの時期と方位を知りたい(吉方鑑定)

■吉方位旅行の方位を知りたい(パワースポットを含め、吉方旅行で開運したい)

■自分の気づかない才能、能力を知りたい(潜在能力鑑定)

■自分の深層心理から何をするのが良いかを知りたい

■今のこの時にAをするのがよいか、Bをするのがよいか(二者択一)

■近未来のこの時期でAをした方がよいか、しないほうが良いか

■今後、A社、B社、C社、D社のうち、どの会社と提携した方が良いか

■現職引退後、シルバーライフをどのように過ごせばよいか

■子どもや孫の将来を知りたい

などなど、様々です。

Mamemaki5

これらも、自力と他力のバランス良い判断で開運していけます。

鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」  のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(⇚クリックして下さい  から予約申し込み内容を書き込んでご連絡下さい。ひらめき電球

人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違います。心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい。アップ

たとえば、四柱推命の場合、仕事運、適職、転職などを鑑定する上では占術の一つとして大いに活用できます。

立春を終え、本格的な2015年(平成27)年を迎え、一体、どのようなポイントを意識していけば、開運していくのか、だれもが関心を持つ時期となりました。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Hitujidoshi4

今年のご本人の運勢について関心のおありの方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

引っ越しや旅行、移動についても本格鑑定します。もちろん、とても重要な仕事運、適職運、転職運、恋愛結婚運、自分の才能開花、不調を打開するポイントなど、人によって課題は様々ですので、その人に合わせて細かい鑑定メニューがありますので、本格鑑定していきます。

今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。アップ 

生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

Hitujishuku1

「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ

とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2015年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。 また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」 をご覧ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Houryuu_3

2015年を迎えるにあたり、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

Houryuukanmap100_2

《住所》 福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

全国各地から直接鑑定を受けに来られています。

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/33150839

節分で厄払い 豆まき後に新春開運 四柱推命を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。