フォトアルバム

« とり年(酉年)生まれの運勢 2015年(平成27年) えと占い | メイン | いのしし年(亥年)生まれの運勢 2015年(平成27年) えと占い »

2015年5月26日 (火)

いぬ年(戌年)生まれの運勢 2015年(平成27年) えと占い

いつも、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」  を主宰している深川宝琉です。 

Inudoshiumare

2015年(平成27年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ここではねずみ年(子年)生まれ うし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれ うさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれ へび年(巳年)生まれ うま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ、詳細に見ていきます(クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)

今回はイヌ年(戌年)生まれの平成27年(2015年)の運勢を見ていきます。

いぬ年(戌年)生まれは、1934年(昭和9年=甲戌年)生まれ、1946年(昭和21年=丙戌年)生まれ、1958年(昭和33年=戊戌年)生まれ、1970年(昭和45年=庚戌年)生まれ、1982年(昭和57年=壬戌年)生まれ、1994年(平成6年=甲戌年)生まれ、2006年(平成17年=丙戌年)生まれです。

【戌(いぬ・ジュツ)】

Inu

天源占いでは煉(レン)。公平で負けず嫌い。潔癖症で責任感あり。粘り強い。活発で努力の人。批判精神が旺盛。売られたケンカは買う、ケンカっ早さ。融通性がない。用心深く理屈っぽい。やせ我慢する。時で言えば10月、午後7~9時、秋(土用)。方位は北西。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

【2015年(平成27年)のイヌ年(戌年)生まれの運勢】  

Inudosieto1

故きを温ねて新しきを知る(温故知新)から黄金を掘り当てる考古学者のような一年となる。自ら立ち去った人々、もの、事象から新たな発見があり、長い間、使っていた環境、建築から起死回生の大逆転を行うチャンスを秘めた一年となる。

人間関係においては地解、暗禄、太陰という吉星が回座していることで、凶星の匈紋、貫索、天煞、黄旙、卒暴などの悪影響をカバーできるものがあり、トラブルになりかかっていた状態が何とか平穏に収まるような繰り返しとなりやすい。

身近な人間関係からちょっとした疑念の思いを持つと、判断を誤りやすく、後悔の念を持つ事で家を離れたり、放浪したりしかねないので注意が必要。

運気は上昇しているので実力を発揮しやすく、悩み多い人たちの相談に乗ってあげたり、問題を解決できるパワーを秘めています。

Juunisi2_2

今年は桃花運があり、未婚の人は婚約、結婚に行き着く場合も多い。あるいは結婚した人は妊娠、出産するには良い時。

昨年、一昨年が桃花運や太歳相合年で良好な運勢だったのに対し、今年は太歳相刑年なので健康面で胃腸計の病気に気をつける必要がある。とくに旧暦3,6、9、12月は胃腸に関する異変があれば、早期チェックすることを薦めておく。

今年は学びと投資の年であり、発展のチャンスが多い。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は運気のピークは終わりつつあり、ゆっくりと減退していくが、来年から旧態依然とは違う動きが必要になってくる。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)、熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は焦らず、来秋以降の運勢上昇に向けて準備していく時です。

吉星である太陰が回座していることで、女性からの援助、引き立てが多い。とくに女性の上司、部下からの助けを得やすい。地解が回座しているので、凶を吉に転じる力があり、凶星の効力を消していく効果がある。羊刃が回座していることで、些細なことで情緒不安定になり、喜怒哀楽が激しくてコントロールできにくい部分があるので、精神的な安定感を持つためのメンタルトレーニングが大切。

【金運】

Inudoshiunnsei2015

将来の準備のために学習したり、投資する年。どうしても出費がかさみ、予想以上に投資が大きくなる側面がある。支出をある程度、抑制しないと、支出が増え、財政危機に陥る可能性があるので、その意識が必要。サラリーマンやOLは仕事が増える割に給料はさほど増えず、不満が出てくる時ですが、会社に貢献することで手堅く生き残りをかける時です。  

【仕事運】

一つひとつ活路を見出していく時期。道は険しいが、サバイバルしながら生きのびる道をしっかり歩いて行く時。リスク管理をしながら現実問題を着実に解決して前に進んでいくこと。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は今年は旺運で好調。熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)、平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)の人は来秋から上昇していく。

【恋愛結婚運】

太歳相刑年なので、過去2年間のような感情の安定感はなく、桃花運(恋愛運)もない時期。とくに旧暦3、6、9、12月は厳しい時期なので、この時期は異性運はない。桃花運を得る方位は東なので、東方位にお水取りをしていくと異性運が巡ってくるチャンスあり。

Etouranaitenchijin

【健康運】

胃腸の疾患に細心の注意をする時期。旧暦3、6、9、12月はとくに注意。人間ドックでの胃カメラ、大腸検査を必ず行って早期治療を行うこと。朝食時、昼食時の違和感が胃腸疾患チェックのポイント。

【総合運】

太歳相刑年なので凶意は免れないが、凶意を避ける道はある。とくに健康面のチェックを怠ってはいけない。旧暦3、6、9、12月はとくに注意。異性縁はさほどなく、仕事運もぎりぎりの限界状況を必死で乗り越えて行こうとすることでサバイバルできる。 

【いぬ年・1934年(昭和9年=甲戌年)生まれの運勢】

権力や地位を得られる年回りですが、高齢ですので、やり過ぎにならないよう自分の分限を守り、身の程を知ることで家の中での権威が高まります。

Hitujidoshi2015nenryuunenhaichizu1

【いぬ年・1946年(昭和21年=丙戌年)生まれの運勢】

財運のある年。古稀に近づき、心身とも充実する時。宝くじなどで少しの収益は見込めるが夢を期待しすぎてはいけない。財テクで成功する側面あり。

【いぬ年・1958年(昭和33年=戊戌年)生まれの運勢】

今年は学び、学習の時。ビジネス上は周囲の援助、引き立てがある。退職を考えている人は人生の新たな一ページを作っていく準備の時。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は特にその傾向が強い時です。熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は旧態依然の志向だが、改革の気概がほしい。

【いぬ年・1970年(昭和45年=庚戌年)生まれの運勢】

努力して財を獲得していく年。仕事が突然多忙になったり、収入が不安定な職種でも仕事量が増えることで収益がアップしていきます。サラリーマンやOLは仕事量が増えても給料アップにはさほど結びつきません。仕事量があることに感謝し、不満を抱かず、黙々と働いていくこと。

Kitakamo017

【いぬ年・、1982年(昭和57年=壬戌年)生まれの運勢】

周囲の援助や引き立てがある年。スロースタートで仕事が一段落すれば自分自身の生き方を見つめ直す時。運気は安定して良い。男女を問わず、適職や将来の人生設計を熟慮する時です。

【いぬ年・1994年(平成6年=甲戌年)生まれの運勢】

地位、権力、名誉を得る年。学校での生活を終えて卒業後、実社会に出て自分で稼ぎ、自己管理をスタートさせる時。あるいは、大学生活で経験を積んで実社会への備えをしていく時。

【いぬ年・2006年(平成17年=丙戌年)生まれの運勢】

財運のある年。親に感謝し、学費を工面する両親のために、お小遣いは勉強用に使うこと。

【戌年生まれの基本開運情報】

有利な時期=寅月、寅日、寅時あるいは午月、午日、午時

社交に良い時期=卯月、卯日、卯時

転職時期=申月、申日

売買吉祥時期=酉月、酉日

協力者=寅年、午年、卯年の各生まれ

ラッキーナンバー=1,3,5

ラッキーカラー=橙色、純白色、モスグリーン色

不安定な時期=辰年、辰月、辰日、辰時、丑年、丑月、丑日、丑時、未年、未月、未日、未時

凶方=南東、北西

※いぬ年(戌年)生まれの2015年(平成27年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

Aijoukaiuntenchijin

それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  の「四柱推命」欄  や「大吉祥! 読むだけで覚醒する2015年の運勢」  を本格鑑定できるようにしました。

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

Eto2_2

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2015年の運勢(東洋占術と西洋占術)」  では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。

Raban2_4

また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  の九星気学風水  や開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。

本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)  、二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介しています。グッド!

また、九星気学で見る2016年(平成28年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)  、二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介しています。

ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

Starfortune001_2

春から夏への移行期となり、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。五月病対策もしっかりしていく時ですし、ゴールデンウィークでの吉方旅行が開運への重要な転機となる場合も多いです。 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

Kougihouryuu001

住所》 福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

全国各地から直接鑑定を受けに来られています。

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

【直接鑑定を受けるメリットと魅力】

Aijoukaiuntenchijin

名前や生年月日などから運命を見るだけでなく、直接鑑定することで、ご本人の悩みや加課題を整理し、手相や顔相なども見ながら、より深く本質的な鑑定ができます。事前にポイントとなる部分の鑑定書を準備し、それも合わせながら対面ならではの鑑定アドバイスができます。鑑定書を持ち帰ることで、鑑定後も、自分の課題や超えなければならない開運ポイントを常にチェックし、見直せる点が魅力です。

鑑定を受ける方々は、「今、この瞬間に判断したいことがある」と思ってご来館される方が多いですので、一つひとつ、ご本人の尋ねたい内容にお答えしていきます。

鑑定は最初の30分間は7000円(鑑定を受ける方の鑑定書を準備します)。

その後、30分ごとに5000円アップとなります。

開運鑑定会の期間(5月2~11日)は最初の1時間で8000円の特別割引料金(その後は通常料金となります)。

鑑定を受けたい方は早めにご連絡下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute_2

開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、分かりやすくご来館されるようにしています。

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

Houryuukanmap100_2_3_2

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば、間違うことはありません。  

Ropponmatueki2_2

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17

Houryuu014

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/33415763

いぬ年(戌年)生まれの運勢 2015年(平成27年) えと占いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。