フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

スターフォーチュン

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)です。 北は北海道から南は沖縄まで、いろんな方々を一期一会の想いで鑑定してまいりました。そこには、いろんな出会いがあります。鑑定結果に感謝の声が届くたび、その方と喜びを分かち合いたい気持ちになります。恋愛、結婚、仕事、相性、いろんな悩みを皆様一人ひとりに合ったアドバイスで運勢鑑定させていただきます。 筑波大学第一学群人文学類卒。在学中、易占に造詣が深い深層心理学者カール・グスタフ・ユング研究の第一人者だった湯浅泰雄教授に師事。「気」の研究と東西両洋の哲学を学ぶ。卒業後、東京で一般企業勤務後、香港に10年以上滞在。中国の北京語言大学に留学し、北京大学で易学を中心とした国学授業も受講。香港を拠点に中国各地や台湾で東洋運命学を習得し、北海道から沖縄まで有名デパートでの実占鑑定を開始。 公式占いサイト「天地人の運勢鑑定」(http://uranai.lar.jp)で占い鑑定も行っています。直接鑑定を全国各地から受けに来るケースも多く、福岡市中央区の地下鉄六本松駅から徒歩2分に開運占いの館「宝琉館」をオープン。 「天地人の運勢鑑定」では、中国本場の四柱推命(八字)を基本に、九星気学風水、姓名判断、27宿曜占術、易占、手相などを活用。全国の有名デパートで、約10万人を鑑定してきた実績によって皆様の鑑定ご依頼にお応えいたします。 最近は定番の四柱推命や紫微斗推命、手相、姓名判断のほか、本格気学鑑定、引っ越しメール鑑定、安倍晴明占い、電話鑑定、吉方位旅行鑑定、吉方位旅行を利用したオリジナルの「開運聖地のパワースポット推挙鑑定」が好評です。 PDF版でオリジナル作成する本格鑑定書で開運した喜びの声が何よりもありがたい励みです。 「宝琉館」では直接鑑定が好評で全国各地から新規の鑑定依頼やリピート客が多いのが特徴です。 最近は占い教室「宝琉館」で易学、風水、姓名学、家系学、手相(東洋手相と西洋手相)などの講座を開講し、後進の指導に務めています。 【開運占い館の「宝琉館」】  福岡県福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403 携帯電話090-3416-6230 固定電話&FAX092-771-8867(不在時は携帯に連絡下さい) 公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 http://uranai.lar.jp/

アクセスランキング

« 非婚化で生涯独身が増える歯止めはあるか 恋愛結婚運 | メイン | 占いスクールで運命学の基礎学ぼう 易占・手相・姓名学・風水 »

2017年6月24日 (土)

易占は古来、音占いの和音吉凶で見通していた

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。 

「天地人の運勢鑑定」を主宰している深川宝琉です。

Chatumichina

6月も中旬となり、梅雨入りとなって全国各地にアジサイの花が咲く季節になりました。

人の成長も大いに行われる時期ですので、心の内面を見つめ直し、開運鑑定にはピッタリの時期が到来しました。

6月25日(日)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による開運鑑定会を福岡占いの館「宝琉館」天神店で行います。

6月27日~7月4日は海外出張で不在です。

7月5日(水)午前11時~午後7時の時間帯は深川宝琉による開運鑑定会宝琉館六本松本館で行っています。

Houryuu_3

本格的な薫風が吹く季節から梅雨入りの季節が到来。2017年の運勢をしっかり迎えることから、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。 小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。

第二の人生をいかにスタートするか、準備している方もいますが、どうやって再出発すれば良いか、悶々と悩んでいる人もいます。そんな時、宝琉館の直接鑑定は役立つことでしょう。

Gf1140362354

昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。
直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に
向かって歩き始めましょう。  

2017年の運勢はどうなるのか、関心のある方、気になる方は予約確認後、ご来館下さい。 貴重な直接開運アドバイスを受けることができるでしょう。

  ☆----------☆----------☆---------☆

Raban0011

6月22日は夏至(げし)でした。

日が一番長い日でしたので、この時期から徐々に日が短くなっていきます。

一年でもっとも昼間の時間が長く、夜が短い日で、冬至と比べると、4時間以上も昼が長くなります。

太陽の高さも一年の中では最も高い。

夏至は、太陽パワーが冬至から成長し続けて、MAXを迎える日ですので、その朝日を浴びるとパワーがアップします。すでに4日過ぎてますが、その朝日のパワーはまだまだ健在です。

Kouzuichina2

太陽パワーは私たちに大いなるエネルギーを投げかけていますので、日光浴はスピリチュアル的には効果がありますね。

古来、欧州では、夏至に摘んだハーブは特別な効力を持っていると言われ、夏至祭などが行われてきました。

西日本では大雨が続き、雨の範囲は関東や東北まで広がりそうです。

中国四川省でも猛烈な雨で土砂崩れなどの被害が相次ぎ、警戒が必要ですね。

Soundeki2

易占を実占していると、瞬間、瞬間の「時」を占断することに精神集中し、五感に電流が走るような時が多くなります。

その一つが「音」であり、「色彩」。視覚や聴覚で占断に直観が冴え渡るようになることがあるのです。

筮竹(ぜいちく)をさばく時の竹の独特の音。

そして、最終的な占断をする時、得卦に、一種独特の音が奏でられているように感じることが多々あります。

周易は、古来、音占いであったことが易経の研究者による研究で進んでいます。

Ekisen1

八卦には八種類の音があり、八卦×八卦=64の和音の種類があり、後天八卦を二重にした旋律和音の倍音の響きを聴いた盲目の語り部が想起した象によって王が占断していたと言います。

とくに西周時代、王に権威があり、諸侯は王の音占いによる占断に従っていました。

周易の音占いの音譜となった数の奇数を陽とし、偶数を陰とし、六個の爻(こう)の組み合わせを見て、その象から吉凶禍福を占断しようとしたのです。

ただ、その後、王の権威が地に落ちると、この音占いを行わなくなっていきます。

卜占は、古来、亀の甲羅が割れる音を「卜(ぼく)」とし、その音の吉凶も判断材料になっていたはずです。

Tanchouchouchou1

そして八卦にそれぞれの音階があり、八×八=64の和音階に聴力から吉凶を判断していたことになります。

中国には「天籟(てんらい)」という言葉があります。

自然の奏でる音楽。つまり、森羅万象があるがままに調和している姿をいいます。

 「天籟(てんらい)をきく」とは、自他の区別を忘れ、無心になりきって自然のリズムと一つになる荘子の思想の根源にある内容です。

易は古来、天籟の音占いだった――。というのが私の見る周易に関する大きな一側面です。

「荘子」斉物論(さいぶつろん)の冒頭、この天籟をテーマとした師弟問答があります。

Chatumichina

「おまえは人籟(じんらい=人が奏でる音楽)は知っていても、地籟(ちらい=自然が奏でる音楽)を聞いたことがないだろう。かりに地籟をきく耳があるとしても天籟をきく境地に達してないだろう」

 「大地の吐く息。それをわれわれは風と呼ぶ。ひとたび大地が息づくと、地上のあらゆるものはいっせいに音を発する。風が山林に吹くと、見る間に木々はざわめき立つ。巨木の幹枝からはいろんな音を立て始める。風の力に応じて時には弱く、時には強く、自然のシンフォニーを奏でる。やがて大風一過、すべてはピタリと鳴り止む」

荘子の思想は易に通じますね。

荘子は、本来、一個の自然存在でありながら、「知」に縛られて自然から遠ざかったところに人間の悲劇があると説きます。

Soundeki

人間は己れの自然を回復しなければならず、思惟を去り、作為を捨て、無心になりきること。そして初めて自然のリズムと一つになり、限りない調和の世界に入ることができるとしています。

易の64卦は、それぞれ味わい深いわけですが、音占いで見ると、和しているか、不和か。低音か高音か。強弱にしても、それぞれに音の特徴があり、二つの音を重ねた時、どう感じ取れるか。

これが易経64卦と音の深い関わりであることを再認識すると、易占の醍醐味を新たに感じることができると思います。

開運鑑定を行っている宝琉館では、最近、熱心にご来店される方々の一途な姿に感動しています。

筮竹(ぜいちく)での易占をお願いします」と非常に熱意を持って申し込まれる方もおられます。  

地味に表記しているにも関わらず、易占を申し込まれる方々が、かなり、おられます。

「半年前に易占をしていただいて、ズバリ正確に当たっていました。易は本当に素晴らしいものですね」と感想を述べられる方には感謝の念を持てます。 占いには、いろんな占術がありますが、「卜(ぼく)」の世界で、ご本人の悩みが絞られている場合、易で占うと、そのものズバリの答えが出ます。

ご関心のある方は、ご来店ください。

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

Babyfacerush

福岡占いの館「宝琉館」では赤ちゃんの名づけの依頼が多く、出産予定日の直前や1~5ヶ月前にご相談される方が多いですね。

ネット上は姓名判断に対する情報が氾濫し、何をどう信じて良いか、結局わからないという声を多く聞きます。

当方では赤ちゃんの名づけの依頼が多く、天神や博多、六本松周辺だけでなく、福岡市内や福岡県内、佐賀、熊本、長崎、大分などから出産予定日の直前や1~5ヶ月前にご相談される方が多いですね。

時々、出産して届け出一週間の期限直前に尋ねてこられることもあり、できるだけ早く、赤ちゃんの名づけをすることもあります。

ただ、やはり、赤ちゃんの名前は親が与える最高の贈り物ですので、じっくり考え抜いて授かった方が良いですね。

多くのパパさん、ママさんのご相談に答え、開運する名前を授け続けて来ています。

Seimeigaku001

自分の名前の画数や意味、家運についてなど、姓名判断にご興味のある方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」姓名判断のコーナーをご覧下さい。改名、赤ちゃんの名付け、夫婦別姓を通した名前の吉凶について詳しく鑑定できます。アップ

昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

赤ちゃんの名づけでお困りの方、最高の吉祥名を授けたいと思っておられる方は「天地人の運勢鑑定」「姓名判断」欄 あるいは福岡占いの館「宝琉館」にお尋ね下さい。

【天地人の姓名判断/鑑定項目】

●十干配合法による字画・数理診断。

●三才・五行相剋法による診断。

●字源・字形・紫微斗数による診断。

●音韻・読み方による発音診断。

●人象地象配合干によるその年代の年運診断

63pic_gaku

姓名判断は、一人2,000円(姓名判断による相性は500円プラス)。代金引換による鑑定書印刷送付の場合、送料と印刷代合わせて一人3,000円になっております。

赤ちゃんの名づけは、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。 改名は2万5千円です。

起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件3万円です。

  ☆----------☆----------☆---------☆

新たな出発の時期を迎えました

直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん)へ訪れて下さい。

ネット鑑定の場合は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は福岡天神駅構内の宝琉館へご連絡下さい。

《宝琉館福岡天神店》

西鉄福岡(天神)駅のある西鉄ソラリアステージ2階の「宝琉館福岡天神店」でも直接対面鑑定を行っています。GWも毎日休まず、鑑定を行っています。

宝琉館福岡天神店

Houryukanmap1_2

福岡市中央区天神2-11-2 西鉄福岡(天神)駅構内2F

固定電話 : 092-724-7724

営業時間 : 午前11時~午後7時 (お正月を除き無休の予定)

人が人生に迷った時、どうすれば良いか。

判断を何かに頼るとすれば、それは生年月日や手相など各占術があります。グッド!

宝琉館天神店では、ベテラン鑑定士が誠心誠意、ご本人の状況に合わせて鑑定していきます。

ぎりぎりの悩みの渕にある時であればあるほど、内容が心にしみいります。

そして、その内容を紐解いた時、一縷の光が差し込み、あなた自身の運命を大きく変え、改運していくことでしょう。チョキ  

多くの悩みにある人々を易で導いていきました。

いまもなお、運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

対面鑑定を受けたい方は宝琉館天神店のウェブサイトから申し込まれるか、直接ご来館されると良いでしょう。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

今年のご本人の運勢について関心のおありの方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

引っ越しや旅行、移動についても本格鑑定します。もちろん、とても重要な仕事運、適職運、転職運、恋愛結婚運、自分の才能開花、不調を打開するポイントなど、人によって課題は様々ですので、その人に合わせて細かい鑑定メニューがありますので、本格鑑定していきます。

今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。アップ 

生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。

Toridoshiumare

さて、本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれ うし年(丑年)生まれ  とら年(寅年)生まれ  、うさぎ年(卯年)生まれ  たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれ うま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ  さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ  いぬ年(戌年)生まれ  、いのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)。     

Img_7371

それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「四柱推命」欄「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」を本格鑑定できるようにしました。 

「天地人の運勢鑑定」では、生年月日の干支(えと)、今年や来年の干支からだけでなく、西洋占星術や多様な占術を通し、ご本人やご家族がどのような運勢、運命にあるのか、本格的に鑑定していきます。アップ

本ブログでは、九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

Img_7413

また、九星気学で見る2018年(平成30年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

とくに「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢」では、東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通して読むだけで覚醒する開運の極意と奥義をアドバイスします。 また、一人ひとりに合った天然石ブレスレットを制作・販売していますので関心のある方は「今の自分を変える守護石 オリジナル天然石ブレスレット」  をご覧ください。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

Houryukanfukuoka001_2

Houryuukanmap100

《住所》 福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

鑑定予約 ℡090-3416-6230 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

全国各地から直接鑑定を受けに来られています。

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute

福岡占いの館「宝琉館」は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所あります。

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、分かりやすくご来館できるようにしています。

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば、間違うことはありません。  

Ropponmatueki2_2

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17

301horyukanbig

Houryuu014

Houryuu005

300houryumap_2

Houryukanfukuoka001

Houryuu_3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/407442/34068277

易占は古来、音占いの和音吉凶で見通していた を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。